40代からの
スキー&スポーツ上達法

2016.10.30更新

こんにちは、体玄塾の八巻です。

前回の記事では、間違った骨盤前傾が腰痛を誘発するというお話をしました。

http://www.taigenjuku.com/blog/2016/10/post-244-344729.html

 

前回も言いましたが、骨盤は前傾しているかどうかではなく、

脚に対してどこに載っているかが問題です。

骨盤が載っている位置が悪いままなら、

前傾か後傾かなど、どちらでもいいのです。

 

みなさんがしている骨盤前傾では、骨盤はまだ後のままです!

 骨盤前傾 正しいイメージ

正しい骨盤の載せ方と、違う場合を前回同様ブロックで表現してみました。

正しい骨格で、いわゆる「脚の上に骨盤が載る」状態というのは、

一番左の状態です。

対して真ん中はスキーをしていると暴走しやすいポジションの

「後傾姿勢」です。

こうなるとスキーの操作性が悪くなる事はご存知だと思いますが、

ここで修正する姿勢がみなさん右になってしまっているのです。

しかし、このイラストをみると・・・

骨盤は真ん中の時と位置は後のままですね!

代わりに腰椎が前へ大きく出ています。

 

確かに重心は前へ移るが・・・

スキー 腰反り姿勢

右のような「間違った骨盤前傾」をすると、こんな骨格で滑るような感じです。

骨盤は後(よく言う「出っ尻」)のままで、

上半身が前に倒れて、全体の重心位置を合わせている感じです。

 

これでも、おおまかに「脚の上に体を載せる」事は出来ますが、

パフォーマンス的には正しく載せた時には及びません。

 

どういう点で及ばないのかのお話は次回へ続きます。

 

 

スキーヤーの姿勢改善・ボディケアから、競技動作改善まで、

幅広くサポートいたします。

パーソナルトレーニングはオフシーズン・オンシーズン問わず受付中!

無料体験も出来ます。一度姿勢・ゆがみのチェックをしてみてください。

http://www.taigenjuku.com/free_trial/

 

ゲレンデでのレッスンも開催予定です。

ゲレンデレッスンにご興味のある方はこちら

http://www.dousaryoku.com/winterski

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2016.10.28更新

こんにちは、体玄塾の八巻です。

 

骨盤を起こす動作・前傾動作について前回までお話してきました。

スキーの基本ポジションをとるときに、

多くのスキーヤーが骨盤の前傾を意識するあまり、

腰が反っているというお話などをしました。

 

そもそも骨盤は前傾しているかどうかが重要なのではなく、

脚に対してどこに載っているのかが重要なのです。

 

カラダをブロックで表現したときの、積み上げイメージは・・・

 

真っ直ぐ立った時の骨格のイメージはこんな感じです。

骨格 イラスト

これを、ブロックで説明すると、こんなイメージ。

骨格 ブロック イメージ

 きちんと足から頭まで順番にブロックを積み上げている、

そんなイメージですね。

ちゃんとバランスよく積まれているので、

安定しているなと想像が出来ますね。

これだと実際にも、骨格を支えている筋肉にも負担は少なく済みます。

 

対して、腰反りの立ち姿勢のブロックはこんな感じでしょうか?

骨格 ブロック 不良姿勢

(赤で示してある下側=お尻・骨盤です。)

骨盤は足に対してちょっと後にあり、

そして骨盤の上のブロック(=お腹・腰の部分)が骨盤に対し大きく前に出ています。

この積み方だと、上のブロックに比べてすごく不安定な感じがしますよね?

必死に骨盤前傾を意識していたとしても、

結果はこのような姿勢なのです。

 

カラダでこの状態が起こると何が起こるか?

 

こんな不安定な姿勢でカラダを保持するとなると、

カラダはどうなるか?

ひとつは”支えている筋肉に負担がかかる”という事。

 

今にも崩れそうなブロックを支えているのは、

体では筋肉です。

特に、安定感の無さそうな腰回りの筋肉はきっと常に緊張していないと、

崩れてしまいそうですよね?

こんな風に常に腰の周りの筋肉に仕事をさせ続けているので、

腰が痛くなるのです。

 

そしてもう一つは、”関節に負担をかける”という事。

 

積み上がりの悪い状態で関節の曲げ伸ばしをすると、

関節への負荷のかかり方が悪くなります。

そんな動作を続けると、徐々に関節を傷めていきます。

怪我もしやすくなります。

 

このような不安定な姿勢で滑り続けていると考えると、

直した方がよさそうだなと感じたかもしれません。

次もこの姿勢についてのお話・テクニック編をしていこうと思います。

 

 

 

スキーの障害予防・カラダケアなら体玄塾

現役のスキーヤーが怪我をしにくい体の組み立て方・体の動かし方をトレーニングいたします。

壊れてしまった方も、やはり現役スキーヤーが担当するカイロプラクティックがございますので、

ご相談ください。

スキーヤーのカラダケア・コンディショニング・オフトレーニングは

東京・中野の体玄塾で。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2016.10.22更新

体玄塾トレーナーの八巻です。

前回は、骨盤は「起こしてのせる」というお話をしました。

骨盤はただ後傾しているだけでなく、

”脚の上から落ちている”から、

脚の上に載せなければダメですよ、

でもほとんどのスキーヤーは落ちたまま骨盤を前傾させてますよというお話でした。

今回は、その上で骨盤を起こす方法・コツをご紹介します。

 

 

骨盤を起こすときに意識をするとよいところとは?

 

 

骨盤を前傾させるとき、

多くの場合骨盤全体をカタンと前へ傾けるようにすることが多いです。

また、仙骨というお尻の上にある骨を意識する場合もあります。

 

しかし、この方法を使うと、上手く出来る人もいますが、

骨盤が起きるというよりは腰が反るだけになってしまう人が

圧倒的に多いのが現実です。

(そうなってしまう方は、それを意識して滑る事で腰が痛くなるケースが多いです)

あまり多くの人に使える意識ではないと考えています。

 

そこで、同じ骨盤でも、違うところに意識を持っていく事で

間違った骨盤前傾(腰反り姿勢)になるリスクを軽減する事が出来ます。

 

それは、「恥骨を下げる」という意識です。

 

 

恥骨を下げて、下腹を上へ伸ばす

 

恥骨というのは、骨盤の前下部にある骨で、

下腹部を触ると確認出来ます。

骨盤 恥骨 仙骨

座っていると恥骨がシートから離れていませんか?

いつもこういう姿勢をしていると、

スキーの時にも当然恥骨が上を向き、後傾姿勢になってしまいます。

 

いすに座って、恥骨をシートに近づけます。

同時に頭を上へ引き上げて、

下腹を上下に伸ばすようにします。

この感覚が、骨盤を正しく起こす意識の指標になりますので、やってみてください。

 

今回もやり方を動画でも紹介しておりますので、参考にしてください。

https://youtu.be/OfaMfyg3Nbk

 

スキーヤーの姿勢改善・ボディケアから、競技動作改善まで、

幅広くサポートいたします。

パーソナルトレーニングはオフシーズン・オンシーズン問わず受付中!

無料体験も出来ます。一度姿勢・ゆがみのチェックをしてみてください。

http://www.taigenjuku.com/free_trial/

 

ゲレンデでのレッスンも開催予定です。

ゲレンデでのレッスンにご興味のある方はこちら

http://www.dousaryoku.com/winterski

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2016.10.19更新

こんにちは、体玄塾トレーナーの八巻です。


前回 http://www.taigenjuku.com/blog/2016/10/post-239-342725.htmlから続いて
今回は骨盤の起こし方にお話します。

 

骨盤は「起こしてのせる」

 

スキーの上に体を載せるには、
骨盤は「前傾する」だけではうまく載りません。

ポイントは「起こしてのせる」です。

 

背骨が崩されて、骨盤も脚から落ちる

 

実は骨盤が後傾しているのは骨盤だけが原因では無く、
頭や胸郭の位置が下がって、背骨が本来の形にならない事で骨盤も後傾してしまいます。

(ここで言う「後傾」とは、脚(大腿骨)に対して骨盤が後にあるという意味です)

骨盤と骨格

脚より後に骨盤が載っているまま、

ブーツのタンに寄りかかる様にすね圧をかけたり、腰を反ったり胸を張ったりしても、

実は骨盤は脚より後のままなのです。

間違った骨盤前傾

骨盤が後傾しているのは、骨盤だけの問題ではなく、

それより上の背骨や肋骨周りの状態も大きく関係しています。

骨盤を脚の上に載せるためには、重力によってつぶされ崩された背骨を積みなおし、

上に引き上げてあげると骨盤は起き、脚の上に戻ってきます。

骨盤 起こし方

 

動画で実践:骨盤の起こし方

 

骨盤の起こし方を、動画で実際にその方法をご紹介しております。

こちらも参考にしてください。

https://youtu.be/JLLfbcOSEZ0

 

 

あなたの骨盤はきちんと載っている?要チェック!

スキーの上達が思うようにいかない原因は、正しく載っていない骨盤にあるかも?

スキーで腰を痛めやすいのも、正しく載っていない骨盤にあるかも?

東京・中野の体玄塾では、無料のカウンセリングを行っております。

一度ご自分のお体をチェックしてみてください!

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2016.10.18更新

こんにちは、体玄塾トレーナーの八巻です。
今回はスキーにおける「骨盤の正しい起こし方・骨盤前傾」についてのお話です。

 

スキーにおいて、骨盤を起こす・立てるってどういう事?


最近はすっかりスキー指導の領域でも、
骨盤前傾などの解剖用語が出てくるようです。
しかし、意外と骨盤を前傾する・起こすといった動作の具体的な方法ってあまりよく伝わっていないようです。

以前、オリンピックに出た選手と一緒にお仕事をした時に骨盤の起こし方を教えたら、
「こんなに具体的に教えてもらったのは初めてです!」
と言われたのを思い出します。

 

スキーヤーがみんなしてしまっている、「間違った骨盤前傾」

 

スキーは、体を足の真上に置く事が一番操作性を上げるために必要で、
そのためには骨盤を正しく起こして乗せる事が必要です。
理想はこんな感じですが、

骨盤 載せ方

ほとんどのスキーヤーはこのポジションでは滑れていません。

多いのが、次のイラストの左の姿勢です。

間違った骨盤前傾

右の姿勢になりやすい人が、このままだと後傾姿勢なのでという事で、
左の姿勢にしてしまうのです。
先述の選手もこの姿勢でした。
骨盤を前傾させているのですが、一緒に腰も反ってしまっています。
この姿勢だと、実は骨盤は右の姿勢と位置は変わっていないで、(体の後ろにある)
体が前へ倒れただけなのです。
これで重心位置のつじつまを合わせているといったところでしょう。

 

「前傾する」と言うより、「起こして乗せる」

 

私が最近思うのは、
骨盤を前傾・後傾という表現はあまり適切な表現ではないかも・・という事です。
大事なのは、「骨盤が大腿骨の上にきちんと乗っているか、落ちてしまっているか」の見極めなのではないかと思うのです。

前傾しているかどうかより、大腿骨にきちんと乗っているかの方が、
遥かに姿勢づくり・スポーツ動作には重要だと思います。

骨盤を起こす動作の仕方を、正しく理解して行うと
足にのってくれるようになります。
次回、その方法をご紹介いたします。

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2016.10.13更新

こんにちは、体玄塾トレーナーの八巻です。

 今回もカウンセリングにお越しいただいた方のお体をチェックして感じたお話です。

 

スキーヤーのほとんどは、骨盤の載せ方を間違っている!

 

カウンセリング・無料体験にお越しいただくスキーヤーの方は、

スキーの上達を目指す方が多いですが、その中で苦手な動作や動作の左右差を改善したいという方が多いです。

スキーヤーの姿勢改善は、通常の姿勢改善ご希望の方同様に立ち姿勢をチェックしてから、

スキー滑走時のニュートラルポジションのチェックもさせていただいています。

このニュートラルポジションをチェックすると、

ほとんどの方の姿勢が「体の機能解剖的」に間違っている事に気づきます。

 

スキー 姿勢 骨格

スキーのニュートラルポジションの時、

骨格がこのようになっていると、

いわゆる「脚(ブーツ)の上に体(骨盤orお尻)が載っている」状態になります。

本来ならば、この姿勢をつくるべきなのですが・・・

 

”骨盤を前傾して!”が、重心の位置を狂わせる!

 

しかし、私のところを訪れるスキーヤーに、ほとんどこの姿勢をとれる人がいません。

どういう姿勢かというと、こんな姿勢です。

骨盤前傾は間違い

おへその反対側・腰のあたりが反って、

腰回りの筋肉(脊柱起立筋)が緊張しています。

 

上の理想とされる骨格とはちょっと違いますよね?

 

なぜ、スキーヤーはこんな姿勢が多いのでしょうか?

 

私も以前はこんな姿勢で滑っていました。

そして、一日滑っていると、腰が痛くなってきていました。

 

 

スキーヤーにこんな姿勢の人が多いのは、

スキーのポジションをつくるために、間違った体の動きをしてしまっている事が原因ではないかと思いますが、

その動きというのが、

「骨盤を前傾する」

という動作ではないかと考えています。

 

骨盤を前傾させようとするあまり、

腰が反ってこのような姿勢になっている人が多いのです。

このような姿勢をとるように、指導側も言ってしまっているのです。

だからみんなこの姿勢をとるのです。

でもこの姿勢、機能解剖学的には違うのです。

 

 

この姿勢をとった時、骨盤は実は脚の上にはなく、少し後ろです。

上体が前に行くことでバランスをとっているのです。

この形がキープ出来ていればまだいいのでしょうが、

衝撃などで体が後に煽られた瞬間、腰は脚の後ろに載っているので

一気にバランスを崩してしまいます。

より安定した滑りにするには、上のような骨格により近づけた滑走姿勢にすることが必要です。

 

次回は、骨盤を前傾させてはいけないというお話をしたいと思います。

 

 

地下鉄落合駅徒歩3分。スキーヤーの悩みが改善するジム

 

スキー用品を観に神田神保町などにお越しになるついでに、

カラダのメンテナンスはいかがでしょう?

体玄塾は、地下鉄東西線の落合駅から徒歩3分です。

土日営業してます。

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2016.10.09更新

こんにちは、体玄塾トレーナーの八巻です。

10月も半ばに差し掛かり、だいぶ過ごしやすくなってきましたね。

 

昨日は東京・中野にある体玄塾に、

長野県からスキーヤーの方がお越しくださいました。

左脚に載りにくく長年苦労されているようで、

私のところへ来てくださいました。

実際に体のアライメントや動作を診てみると、

確かに左脚に載りにくそうだというのがすぐわかりました。

 

しかし、しっかりと診ていくと、

実は左に載れない原因は左脚ではなく、右脚側にありました。

右側の股関節内旋が上手く出来ず、骨盤が後ろへ落ちてしまう事が原因ということがわかりました。

 

脚の上に骨盤が載っているかどうかで、踏めるかどうかが決まる。

 

「左脚に載れない」などと言われると、普通のスポーツトレーナーならば

「左脚の筋力をアップしましょう!」と筋トレを勧めてしまいがちですが、

今回のケースのように踏めない脚の反対側に実は問題があるなんていう場合、

全くそのトレーニングは意味を成しません。

→筋力アップをしても、あまり踏む能力には影響は無い

 

両脚の上に体が載る→左右脚交互に重心を移す

これがスキー動作の本質

 

スキーをしっかり操作下に置くには、

スキーの上にいかに正しく体を載せられるかが最も重要です。

体を載せる=「重心」を脚の上に載せると言ってもいいでしょう。

(人の重心は骨盤の辺りにあると言われています。)

スキー 姿勢 骨格

ここから、左右の脚に交互に重心を移動させる事で、

片方の板に交互に荷重がかかり、ターン動作になります。

重心を脚の上に載せ、左右脚に移動させる。

これが出来ればスキーは曲がってくれます。

 

 

ですから、体玄塾では筋力アップではなく、

スキーで雪面を強く踏めるような姿勢をつくり、

体を動かす方法“重心移動の方法をお伝えします。

 

 

 ◎地下鉄落合駅徒歩3分。スキーヤーの悩みが改善するジム

 

スキー用品を観に神田神保町などにお越しになるついでに、

カラダのメンテナンスはいかがでしょう?

体玄塾は、地下鉄東西線の落合駅から徒歩3分です。

土日営業してます。

お問い合わせは↓↓↓↓↓

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2016.10.07更新

こんにちは、体玄塾トレーナーの八巻です。

 

 

今回は、「正しい姿勢」についてのお話を。

スキーは重心をどこに置くかで操作性が全く変わってしまうスポーツですので、

重心位置の最適化は欠かせないテーマです。

しかし、その感覚の構築まではスキースクールでは教えてくれず、

個人の感覚に委ねられているのが現状です。

重心位置の最適化のためには、「姿勢」を改善する事が必要です。

ここを改善すれば、スキーの操作性を変える事が出来ます。

 


正しい姿勢って、どんな姿勢?


体がゆがんでいたり、姿勢が悪かったりすると、
肩こりや腰痛の原因になったりするというのは、いろいろなところで言われているので、
なんとなくご存知の方もいらっしゃると思います。

しかし、どんな姿勢が正しい姿勢なのか、
意外とあいまいになっているように感じます。


正しい姿勢って、どんな姿勢?
私が聞かれたら、こう答えます。

 

 

「背骨がS字カーブを正しく描いている状態が、正しい姿勢」

骨格

人の骨格を横から見ると、
背骨がSのカーブを描いているのが正しい骨格の形です。(右)

背骨は肩甲骨のあたりで後へ湾曲し、その後腰のところで前に湾曲します。

背骨は合計24個の椎骨という骨が積み上がって出来ています。
この積み上がりが崩れてしまう事で、体のさまざまな関節や筋肉などに負担がかかって、
コリや痛みへつながっていくのです。
いわゆる「骨盤のゆがみ」も、背骨の積み上がりが崩れると、一緒に崩れるのです。
骨盤のゆがみ=背骨の崩れと言ってもいいでしょう。

背骨の積み上がりを元の状態に戻すこと。
その作業が、姿勢改善の作業と言っていいでしょう。


姿勢改善とは、人が本来するべき形に戻すこと

いろいろなところで、姿勢について言われています。言う人によってその定義が違っていたりしますが、
正しい姿勢というのは、誰かが考えた特別なものではあってはいけないと思います。

ヒトが元々持っていて、こうするのが一番自然であるという形に戻す作業だと思うのです。
日常生活の中で崩れてしまったその形を、元に戻す。
姿勢改善とは、そういう事なのではないでしょうか?

多くの人は、日常生活の中で右の姿勢を忘れがちになり、やがて出来なくなっていきます。

本来するべき姿勢がどんなものか、まずは知るところからカラダ改善はスタートすると言ってもいいでしょう。

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2016.10.06更新

「足の上に体を載せるには?」 ~スキーヤーが抱える課題の改善法とは?~

 

体玄塾の八巻です。

スキーでよく言われるのが

「足の上に体を載せて!」というワード。

実際にスキーの操作性アップの為には欠かせません。

しかし、わかってはいるけどうまくいかないという方も多いですし、

載せられない生徒さんにどう教えればいいかわからないという先生も多いのでは?

今回は、足の上に体を載せるために一番確実な方法についてお話します。

 

正しく骨格を積むと、重心位置は最適に。

 

骨格 重心位置

赤い○で示したところに、重心があると考えてください。
イラストの右のように、きちんと骨格が積まれて立つと、足に対して真っ直ぐ体重がかかります。
対して、姿勢が崩れていると、重心は後へ移動してしまい、足に対して真っ直ぐかかる体重が軽くなってしまいます。

 

重心がどこにあるかで、スキーの操作性は大きく左右される

 

これがスキーの姿勢で表すと、理想はこんな形


スキー 姿勢 骨格

立っている時と同じく、骨格が足の上に積まれていると、足に対して真っ直ぐかかります。
(右はクラウチング姿勢のイメージ:左の姿勢を基に、上半身を丸める)

 

 

しかし、私のかつての姿勢は骨盤が後傾して、
特にコブを滑ると姿勢が乱れ、暴走していました。

滑走姿勢 悪い

こんな姿勢になった途端に、重心位置が後へ行ってしまいますので、
板を通じて雪面にかかる荷重が減ってしまいます。
それでコントロールが難しくなってしまうのです。

 

普段から姿勢が悪いと、当然ながら・・・


板の上で正しい姿勢をとることが、スキーの操作性を上げることにつながります。
しかし、普段から姿勢が悪い人が板の上で正しいポジションをとることは、
困難です。
まずは日常から姿勢を意識することが大切になってくると思います。

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2016.10.03更新

体玄塾トレーナーの八巻です。

 

体玄塾は、姿勢や歩き方といった、体の動作の根本から見直すジムとして、

健康維持に努める方から、スポーツやダンス・バレエなどのパフォーマンス向上を目指す方まで

幅広い世代・目的の方にご利用いただいています。

この記事を書いている私がスキーと姿勢・歩き方をリンクさせた情報を発信している事もあり、

スキーヤーの方にもお越しいただいています。

しかし、これからはもっと多くのスキーヤーの皆さんに体玄塾を知り、活用していただきたいのです。

 

 

オフの間に「カラダをチューンアップする」という新習慣を! 

 

スキーはオフシーズンがあります。

サマーゲレンデなど、その間の過ごし方も多様になってきました。

加えてスキーヤーがオフの間に行うのが、

ギアの「バージョンアップ」や「チューンアップ」ではないでしょうか?

スキーに欠かせない道具のアップデートは欠かせませんが、

それ以上に欠かせない道具が「ご自身の体」ではないでしょうか?

板が新しくなっても体がそのままでは、アップデートも半分になってしまいます。

道具以上に大切なカラダも、オフの間にチューンアップするという習慣を、

ぜひ取り入れて欲しいと思います。

 

 

現役スキーヤーの敏腕カイロプラクターが体のケアをいたします。

 

スキー推しをするのは、私がスキーヤーであるという理由だけではありません。

 当塾では骨格の矯正などを行うカイロプラクティックを行っておりますが、

カイロプラクティックの担当の岡田も現役スキーヤーなのです。

私がトレーナーの勉強を始めた頃からの先生であり、

スキーヤーとしても体の機能と絡めたアドバイスで

私の上達をサポートしてくれている師匠です。

 

骨格が大きく崩れている方や、ケガをしてから調子が悪いという方は、

詳しく体の状態を解析してくれますので、カイロがおすすめです。

動作を改善する動作力トレーニングと併せて、

スキーを知る担当がスキーに必要なカラダのコンディショニングとアドバイスをいたします。

 

体が整い、体が動きやすくなる事で、

今まで出来なかった事が出来るようになったり、

ケガに悩まされにくくなったりと

スキーのレベルアップに大きく役立つと思います。

 

スキーのレベルは問いませんので、

ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

前へ

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー