スポーツの上達

体が正しく動く仕組み、考え方を知る

スポーツのパフォーマンスを高めるためには、まず、正しい動きの仕組みや考え方を熟知しなければなりません。当塾は指摘される悪い動きの原因を即突き止めることが出来、その改善を的確に行う指導が特徴です。正しい姿勢や歩き方なども応用することで効率的なパフォーマンスの向上が望めます。

「なぜそうなるのか?」を深く追求 指導の根本に

例えばゴルフだと、テイクバック時に脚が流れてしまう人がいます。そうした場合に片方の脚を「しっかりと固めて」といったアドバイスをされることもありますが、実際に大事なのは股関節の曲げ方で、それが的確であれば脚は流れません。そして股関節は骨盤・背骨、肋骨・肩甲骨、肩・腕につながっているので、それらを踏まえた全身の動きを考えなければなりません。「なぜそうなるのか?」を深く追求するのが当塾の指導の根本です。

トレーニングの本質

抽象的な表現と指導

下記に紹介している項目はゴルフのプロが実際にスイング中に感じている感覚です。ゴルフのプロの感覚ですが、テニスや野球などスイング系のスポーツ全般に当てはまることでもあります。

しかし、プロやコーチが言っていることを聞くと、なんとなく出来るような雰囲気になっても、実際に「母指球に体重を感じる」って、どうやれば良いのか、よく分かりませんよね?

それでは全く問題の本質が分かっていない人の指導法になります。

そのような指導ばかりが目立ちます。

それはただ感覚や希望を伝えているだけです。

そこで実際にプロがおのおの感じている感覚を、一般のどんな人でも感じられるよう、体玄塾ではどのようにして行くか、”体玄塾式コンディショニング用語”を用いて、その過程を翻訳してみました。

注) 下記の例はすべて右利きの場合となっています。

ゴルフ(テニス・野球も共通)

母指球に体重を感じる、体重移動がスムーズになる

具体的なトレーニング・コンディショニング

誰でもマキロイになれる、『リブケイジツイスト』

「母趾球に体重を感じる」これは答えなのです。そこまで到達するには、気づかないし、また動かせない、多くのハードルを乗り越える必要があるのです。

それはこうです。
左股関節の伸展と大腿骨上の骨盤外旋、右股関節の屈曲と大腿骨上の骨盤内旋で、右の拇趾球に体重を感じることができるはずです。

しかし、テイクバックするときに、大腿骨上の骨盤内旋モドキで骨盤(腰)を右へ回してしまうと、体重は母趾球から遠ざかってしまいます。
肩と骨盤は「リブケイジツイスト」で逆方向へ動かすようにしなければ、体重は母趾球に乗り続けられないのです。
ところが左股関節の外旋による胴体の右廻旋重心右移動の概念がほとんどの人にないので、やろうと思っても正確には出来なく、モドキになるのです。

たとえば、この胴体を回旋させる*外旋移動が、ローリー・マキロイは出来ていますが、残念ながら、あの石川遼でもいまいちです。もちろん右の拇趾球に体重を乗せることはできます。
石川遼の左膝がテイクバック時に内側に入るのは、これが出来ないからです。また、インパクト時に右膝が内に入ったり、右かかとが上がり過ぎたりするのも、これが出来ないからです。(下絵左がマキロイ、右は石川)
*外旋移動:体玄塾用語

体玄塾は出来ない本質を知っていますので、モドキではなく本物が提供できます。
ゴルフについて、詳しくはこちらをクリック

おへその下に力をこめる、スイングがぶれなくなる

具体的なトレーニング・コンディショニング

ピラティスでも、へその下に力を入れる訓練をさせますが、直接お腹に力を入れる訓練をしない方がいいのです。正しい股関節の屈曲ができれば、へその下へ自然に力は入るのです。ですから、骨盤起こしのドリルをします。
腸腰筋スィットアップ(股関節屈曲トレーニング)、ストレートアームラットプルダウン、ストレートアームケーブルプルオーバー、足つかみ、膝行(しっこう)ヒッププッシュアップ、リブケイジツイスト、などをドリルします。また、それぞれのドリルにも、いくつかのドリルが必要になります。

股関節に体重を乗せる、体重が乗るとパワーがでる

具体的なトレーニング・コンディショニング

「母指球に体重を感じる」のときと同じコンディショニングになります。母指球ばかりではなく、足指のはらで地面をつかめるようにする足の握力強化ドリルが欠かせません。

スイングを上げて下すが等速、打ち急がなくなる

具体的なトレーニング・コンディショニング

「股関節に体重を乗せる」ドリルをして、更にフロントラットプルダウン右パーシャルムーブメントと、ワンハンドローではなく、ワンハンドプッシュで「ため」をつくり、「ため」が効いたスイングをしながら歩くドリルをします。

スイング中に頭の位置をキープする、芯で打つ確率があがる

 具体的なトレーニング・コンディショニング

「スイング上げて下すが等速」のコンディショニングで済むはずですが、それでも顔が動く人は、頭部と胴体を逆方向へ回転させるドリルをします。

アオリ癖は右脚体重でテイクバック、ダフらない

具体的なトレーニング・コンディショニング

「右脚に体重を意識する」だけではできません。上記のすべてのドリルが必要です。

必要なドリルの動きがすべて正しく出来ますと、出来ない動きが出来るようになります。

動かぬなら動かせてみせようホトトギス

グリップは緩めに握り続けることで、ゆったりとしたスイングになる

こちらは体幹を真上から見たリブケイジツイストの絵です。

具体的なトレーニング・コンディショニング
『体現歩き』で重心移動も身に付く
正しく重心移動ができれば自動的にグリップは緩めることができます。

体幹は筋力も大事だが、脱力する能力がもっと大事
骨盤、背骨、肋骨が移動する間、腕と体幹の力が抜けると肩甲骨・腕が残されて大胸筋などのクラブをスイングする筋群が伸張され矢が放たれるように力強いスイングが生まれます。

相田みつをさん曰く、
「入力不力、力を入れて力まず。でもむずかしいんだなあ」

 

力を抜く意識は無力成り
力を付ける努力は力み成り
手の力を抜くには、手の力を抜くことを意識するのではなく、下半身や体幹へ、自動的瞬間的そして正確に力が入るように体をセッティングしなければならないのです。歩きは動作の集合体であり、重心移動の連続で成り立っています。ですから、この歩き方ができれば、体現できると言ってもいいでしょう。

絵について、詳しくはこちらをクリック >

この歩き方ができればすべて完成なのですが、これを体得するには複雑な計算式のような出来ないバリアが多数あって、それをすべて攻略しなければならないのです。

ですから、この感覚をつかむために、ドリルで出来ないバリアを攻略するのです。必ずできます。体玄塾におまかせください。

ゴルフについて、詳しくはこちらをクリックしてください

感覚を実感させる体玄塾式ドリル

一流選手の感覚や、指導者の言葉。
教えを実践したい、でもなかなか身体が思うように動いくれない。
歯がゆい思いをしていませんか?

ああしたい、こうしたいという選手の望みをかなえるために、体玄塾では特殊なドリルをやってもらっています。

選手の出来ない本質、つまり動きの根本的な問題を見つけ出し、それらを”体玄塾式ドリル”で一つ一つ解決させて選手の望みをかなえさせているのです。(collective motionを整える動きの改善)

指導者に欠けている問題の本質の理解

指導は「8の字を書くように」と言うだけではなく
「Aドリル次はBドリルその次はCドリルをやりましょう」
「はいもう8の字が書けるようになりましたよ」
と言えるように指導しましょう

まるで映画ベストキッドの宮城先生のように

”体玄塾式ドリル”は誰もが実践でき、理解出来るようなドリルです。
才能がある人や、もともと出来る人だから出来る、といったドリルではありません。
一つ一つのドリルは、独立してあるのではなく、ドリル同士が関係し合っており、全てのドリルが協調しあって動きを改善するプログラムになっています。
これら一つ一つのドリルを通じて、腰が勝手に8の字を書けるようなことができるのです。
これらがないトレーニングでは、力んだり見た目はそれらしいが間違った動作になったりして、パフォーマンスを上げることが出来なくなってしまいます。

ドリルのスタートは、脳から筋肉への神経伝達を良くする施術や、関節機能を良くする為の特別なストレッチから始まります。
使えぬなら使えさせてみせようホトトギス

テニス

テニスでは「腕の重さを感じろ」などと言ったアドバイスをするコーチがいますが、感覚だけでは伝わりません。具体的な体の動かし方を実践して見せる必要があるのです。当塾では肩の上げ下げ、胸の動かし方、腕のねじり方など具体的な方法を提示。反復することで無意識に良いスイングができるようになります。

テニスのドリル

誰でもジョコビッチのような脱力したストロークになる
股関節使いのドリル
「腕の重さを感じろ」?理想を伝えただけでは何も変わらない
その重さを感じることができる具体的なメソッドがなければ理想で終わる

ジョコビッチのようなタメが効いたバックハンドストロークが打点を引き付ける
腰の逆回転も自然についてくる
絵について、詳しくはこちらをクリック >

社交ダンスでは「重みがない」など、よく耳にします。最近はテニスでも、コーチが「腕の重さを感じろ」などの感覚をアドバイスしているようですが、どうすればそんな感覚になれるか、感覚を伝えるだけではできません。
また、腕を「肩からぶらさがっている紐(ひも)とおもって」とか「肩をハンガーのように想像して、体の捻り戻しの回転でそのハンガーを回すように肩を回して腕を振る」などと、具体的で細かい指導もされていますが、所詮感覚のアドバイスしかなりません。
感覚を伝えただけでは何も変わりません。
具体的なレッスンで組み立てなければアドバイスで終わり、感じることはできません。悪いですがどこのコーチにもその指導技術はないようです。
上記の絵のように骨盤を主体とした胴体を青い矢印の方向へ無意識に動かせるようにする訓練が不可欠なのです。
その訓練は肩の上げ方下げ方から始まり、胸椎・胸郭・鎖骨の動かし方、前腕のねじり方、上腕の回し方、大腿骨に対して骨盤側を動かす股関節の動かし方、体を移動させるやり方他、たくさんやらなければなりません。
そうしてもし腕をおもりとして振り回せたら、自動的に腰の逆回転(ゴルフのマキロイツイスト)も出来、腰も痛めない安全な鋭いスイングができます。
その具体的レッスンは、呼吸法とかインナーマッスルを鍛えるとか体幹の筋力を鍛えるとか緩めるとかそんなことではありません。

体験感覚を繋ぎ合わせて出来上がるのが体玄塾のメソッド

動作改善のレッスンは、『肩甲骨を真下に下げる感覚は分かりましたね』『はい分かりました』というような分かる感覚と、それに関係する別の分かる感覚をブレンドしたら望んでいる新しい感覚の基が出来、新しい感覚を幾つか繋ぎ合わせてたどった結果行き着くことです。
バックハンド両手「テイクバックの初動で右肩を入れ、それを戻すだけでパワーが出る
このような動作は無意識にできるようになります。
スモールステップのドリルを積んで行きますと、できるようになります。

イチロー選手も言ってます。
「一つ一つの小さな事の積み重ねがとんでもない事を達成する唯一の道だと感じる」 ・・・イチロー

ゴルフ

ゴルフ特有のドリル

出来る感覚をつなぎ合わせて理想の新感覚へ改造する体玄塾メソッド

指導者が言うには「母指球に体重を感じると、体重移動がスムーズになる」と、簡単に体重移動が出来そうに聞こえますが、体重移動のメカニズムはとても複雑でして、そもそも母指球に体重が正しく乗らないのです。
体玄塾ではレッスンプロの出来そうで出来ない言葉や、マキロイのような理想のスイング(絵の左)でも、ドリルとして動作を分解改造して、誰にでも体現できるようにコンディショニングを行ってゆきます。(上記の野球、テニスのドリルを参考にしてください)

代表的な体玄塾オリジナルのコンディショニング・ドリル

誰でもマキロイになれる、『リブケイジツイスト』

前鋸筋が肋骨の籠を牽引して左回転させます。
そのとき、左肩は下がります。
左わき腹に自動的に力が入ります。
これがリブケイジツイストです。
『トレーニングの本質』をご覧ください
前鋸筋が肋骨を牽引肩甲骨は下がる

改善しよう間違った足使い

この絵のような足首を使ったスイングをしていませんか?
股関節を使ったつもりで使っていない癖のある動作です。
マキロイ君に近づくためにはこんな癖を直す感覚のトレーニング(ドリル)が必要です。

■ 絵左・・・かかとの内がえし(かま足)
股関節から外旋しようとして意思に反して、膝から下をイラストのように矢印方向へ動かしてしまう癖
■ 絵右・・・外がえし(ニーイントーアウト
股関節から外旋しようとして意思に反して、つま先からイラストのように矢印方向へ動かしてしまう癖

野球

野球のピッチングは骨盤の回旋が重要です。まずは股関節の上手な動かし方から始め、手、脚、背骨といった全身の関節の動きをスムーズにさせることで、速く、コントロールの優れたピッチングができるようになります。

野球のドリル

誰でもヒップファーストが出来てしまう、真の重心移動ドリル

ピッチングには、絵のCからEのような体幹が伴った骨盤の回旋が必要ですので、股関節の大腿骨上の骨盤外旋・内旋ドリルをやります。
このドリルが鍵になるのですが【大腿骨上の骨盤外旋・内旋】の感覚概念がほとんどの人にないので、それを出来るようにするドリルもあります。
またその前のドリルも幾つも用意していますので、誰でも出来るようになっています。
股関節と足・脚の全関節、股関節と仙腸関節・背骨・肩・腕・手の関節との関係、つまり繋がりがありまして、つながりを良くするドリルを積み上げて誰でも出来るようにします。
仕上げは【体現歩き】で習慣化させて意識を削り取り、無意識に出来るようにして出来上がりです。

なくてはならないドリル
リブケイジツイスト

理想の動作には絶対欠かせないドリルがリブケイジツイスト

前鋸筋を使って、胸郭(肋骨の籠)を牽引して体幹を回転させるドリル

リブケイジツイスト

専門書では前鋸筋の作用は、肩甲骨を前に牽引(スライド)させることになっています。

ところが、体玄塾のドリルは専門書にないような肋骨を牽引することを出来るようにするから、理想の動作が出来るようになるのです。

リブケイジツイストはかなり難易度の高いドリルのため、更にこのためのドリルが幾つか必要です。

このようなドリルを経て、「手が胴体の後ろに隠れるように、腕をぶら下げて」「腕の力を抜いて」「腕が体幹の動きより遅れて振れる」などの理想的な腕の使い方や、ヒップファーストなどの重心移動が『体現』可能になるのです。
(投球骨格図のCD左の肋骨牽引)

バッティングでは、ボールの引き寄せ、外角打ちが上手くなります。

筋肉は必要だが・・・「筋肉」をつけても「試合」には勝てない!

筋肉が正しく動く環境をつくりましょう。

「歩き」は動作の集合体、すなわち≪本質≫です。

変わりたければ『歩き』という動作の本質から改善しましょう。
絵について、詳しくはこちらをクリック >

スキー

「足(板)の上に体をのせなさい!」
この動作こそが、スキー上達への一丁目一番地なのだが・・・
そもそも、体を正しくのせる事ってとても難しいのです。

 

元祖・スキーの姿勢を学べるスクール

日常の姿勢や”歩き” を学びながら、
スキーで必要な姿勢や体の使い方が身につきます。



スキーのスクールでよく言われる事として、「足の上に体(骨盤・お尻)をのせなさい」があります。
「背中丸めないで!」「お尻落とさないで!」
似たようなところでは、こんな言葉もよく言われるでしょう。
しかし、「体を足の上に正しくのせる事」「背中が丸まらないようにするには?」って
具体的にどうすればいいかってわかりますか?
スキースクールでは、上のよう言葉を言うだけで、どのように直せばいいかは教えてくれないと思います。

 

しかし、スキーにおいて、足の上に体をのせる事=重心位置を足の上に位置させる事はとても難しく、
逆にそれが出来ればもうそれだけで滑走性・操作性が格段にアップするような大事な事なのです。

車で言えば、ボディをシャーシの上にきちんとのせる作業です。
ボディのゆがみ・バランスを放置したままでは車はきちんと走りませんよね?
皆さんはそんな状態で練習していると言ってもいいのです。

本当にスキーが上手くなりたいならまずは、スキーが出来る姿勢をきちんと学んでみましょう。
上達のヒントが必ずみつかるでしょう。

 

スキーヤー向けの、姿勢改善ドリル

スキーに必要な動作の基本から、トップスキーヤーの動作まで身につく、
体玄塾のスキーヤー向けドリルとは?


① 重心位置を最適化し、真上から板が踏める体をつくる

足の上に体をのせるためには、背骨や骨盤のアライメントを改善し、正しい骨格に積み直す事が必要です。背骨を横から見た時に、S字のカーブを描く形が理想です。重要なのは、S字カーブを描いている時の体の感覚がどうなのかを知ることです。多くのスキーヤーは背中を丸めまいとする余り、過度な「腰反り姿勢」になっている事が多いのが現状です。体玄塾では、スキーを現在も滑っているトレーナーが、様々なエクササイズドリルを使って、足の上に重心がのり雪を真上から踏めるポジションをとれるように改善していきます。

② 左右の足に交互に荷重をかける「重心移動」が出来るようになる

重心移動とは、両足の上にある重心を、左右の足に交互に移し替えるテクニックです。
スキーというスポーツは、左右の足にいかに荷重をきちんと移せるかに尽きると言ってもいいでしょう。細かな枝葉末節のテクニックを追求するよりまずは、この太い幹の部分を追求しましょう!

 

 

動画で解説:「正しい骨盤の載せ方とは?」

https://youtu.be/69y1ldLoOnA

動画で解説:「重心移動と体重移動の違いとは?」

https://youtu.be/tkmpyM8DAIc

 

重心移動も横滑りも、これでバッチリ!リブケイジツイスト

重心移動をスムーズに行うために、動かせなくてはならない体のパーツがあります。 それは「体幹」です。この体幹を上下に分けて逆方向にひねる「ツイスト」という動作が、実は重心移動に必要であり、板の荷重移動に必要なのです。

 

しかし多くのスキーヤーはここが上手くツイスト出来ず、板と一緒に体が回ってしまっています。 これだと、板にしっかりと荷重をかける事が出来ません。ターンに左右差があると感じている方は、この動作の左右差も原因の一つかもしれません。
また、コブなどを上手に滑る為に「横滑り」をするといいと言われます。私もスキーヤーとして必要な動作なのは承知していますが、「ツイスト」が苦手だと、そもそも横滑りの格好が上手にとれません。 体玄塾ではこうした苦手なスキー動作の本質を見極め、出来るようにするノウハウをご提供しています。

40歳を過ぎても、大きな上達は可能です

自身も30歳手前から、スキー(モーグル)を本格的に始めました。最初は楽しくやっていましたが、ある時期から思うように上達が進まなくなり、暴走&転倒の日々が繰り返されました。その大きな原因は、滑っているうちに背中が丸まり、お尻が落ちてしまう事によるものでした。

基本的な姿勢と、どういう動作が姿勢を崩すのかを追求し、理想のスキー動作を求めていっています。

40歳を過ぎた今、人生で一番スキーが上手な状態を迎え、今も進化しています。

https://youtu.be/SEfniRYlH5s

 

逆に感じたのは、スキーの練習ばかりしていても、スキーに必要な基本的な姿勢や、スキーに必要な動作が体に備わっていなければ、そこで上達が止まってしまうという事。

特に年齢を重ねると、徐々に姿勢が崩れていきます。

段々スキーを上手に滑る条件が悪くなっていきます。

逆に、この条件を良く(キープ)していけば、体力の衰えをカバーする事が可能です。

 

スキーを生涯スポーツにしたいミドル&シニアの皆さん、

体玄塾でスキーの上達の可能性を実感してみてください。

美容&健康づくりとスキー上達が両立する、
カラダ調整・体力アップのオフトレーニング。

画像は、背骨を左右に動かすトレーニング中のものです。 この姿勢、スキーのターンの時のシルエットによく似ていますよね?

大会でさらに上位へ・・バッジテストでテクニカル・クラウンといったさらなる高みを目指すためには、 こういった背骨や、股関節周りなど、動きの悪い所を見つけ、修正していく必要がありますがそれを滑走しながら修正するのは至難の業です。

体玄塾では肩甲骨周り・背骨・骨盤・股関節・足首を中心としたカラダの調整トレーニングと、 体力アップのトレーニングを、オリジナルのエクササイズにて実施しています。体幹のトレーニングだけど、他とは違います。どんなトレーニングかは是非体験してみてください。

スキーヤーの皆様の上達・体力アップはもちろん、美容&健康づくりも一緒にお手伝いいたします。

 

 

体玄塾は、スキーも姿勢も良くなりたい!こんな方こそおすすめです。

継続すれば、きっといい結果がついてくるはずです。

 

関連ブログ記事です。

http://www.taigenjuku.com/blog/2017/03/post-304-423982.html

 

ご夫婦・ご友人etc..お2人で受けられる
「セミ・パーソナルトレーニング」も好評です!

体玄塾ではトレーナーとのマンツーマンで行う「パーソナルトレーニング」が基本になりますが、スキーの姿勢トレーニング・体幹トレーニングはお2人での同時受講も可能です。一人だとちょっと不安・・という方も、ご家族やご友人を誘ってお越しください。楽しくトレーニングをしながら、姿勢や動作の不具合を改善出来るようにしていきます。

 

ご主人はスキーの上達を目指し、奥様は姿勢をよくしたい!

そんな風にお2人で目的が違ってもOKです!

 

 

 

セミ・パーソナルトレーニング料金:60分 7,560円(税込

 

 スキーヤーの姿勢・動作トレーニングは、

「月刊スキーグラフィック」にてオフトレーニングの特集記事を2013~2015年の3回監修した

八巻稔秀が担当させていただきます。

 (トレーニング・体験受付:木・土・日)

ウィンターシーズンには、
スキーレッスンも行います。

 

 ミドル&シニアの方に特におすすめ!

体のゆがみやクセを、実際の滑りから見抜き、

姿勢を改善しながらスキーの上達を目指します。

40歳を過ぎてから自らがレベルアップしたノウハウを、同世代~シニア世代の方に。

 

メニュー

①プライベートレッスン

②コブが苦手な方のためのレッスン

 スキーレッスンの内容・お問い合わせについては、

プライベートレッスン

https://www.dousaryoku.com/skilesson

コブレッスン

https://www.dousaryoku.com/bumpsbeginnerlesson

 をご覧くださいませ。

バレエダンス

理想的なバレエ姿勢ができる特別レッスンを提供

バレエを習っている方からのご相談も当塾にはたくさん寄せられています。バレエの先生から何度も「お腹を引き上げて」「アンデオールして」と言われてもできないのは、先生の使う言葉の意味と生徒さんの理解にズレがあるからです。先生の言葉が実際の体の動きにマッチしていないこともあります。

先生の言う姿勢は、骨盤や背骨、肋骨を巧みに動かすことで初めてできるものです。つまり、バレエ以外の特別な訓練が必要になるのです。先生に指摘されてバレエに準じた動きだけ繰り返していても改善されません。当塾では生徒さんの体に合わせた専門的なレッスンで目標を実現させます。

クラシックバレエのドリル

アンデオールも引き上げも肩下げも
出来ない原因は
身体感覚認識のズレにある

バレエの先生が「お腹を引き上げて」、「アンデオールして」、「肩を下げて」など幾度となく指摘しますが、無理でしょう。
なぜならもともと身体の感覚認識のズレから起きた問題だからです。

誤った認識のままですと、ずーと「引き上がってない!」などと指摘され続けるでしょう。

そもそもどうすれば引き上がるのか分からず、間違いながら「引き上げはこんな感じかな?」とやってみると、「お腹が出てる!」と叱られ、混乱してしまいます。

「引き上げ」という言葉が、バレエの先生が望む姿勢には不適切な言葉だからです。

その姿勢には、肋骨、背骨、骨盤を特別に動かして初めてなれるのです。
それにはバレエ以外の特別な訓練が必要になります。
出来てみると、脚とか骨盤とか背骨・頭などの積み上げという感じで、立つのが楽な感覚になり、きっと驚かれるでしょう。

感覚を伝える悪い例>

 

特別な訓練引き上げに関係する肋骨の特別な動かし方

一般的に外腹斜筋の収縮は赤の矢印方向ですが、緑の矢印方向へ収縮させて肋骨を動かせなければお腹の引き上げになりません。
ですから一般的な腹筋運動はおすすめしません。
「肋骨を締める」、「お腹を引っこめる」は厳禁ですよ!!

アンデオールと引き上げ姿勢
悪い姿勢ではアンデオールできない
肋骨が開く 反り腰 出っ尻 は引き上げもアンデオールもできません。
生理的わんきょくといわれる自然なS字状のカーブをつくりながら積み上がった脊柱の形が良い背骨の形なのです。バレエの「引き上げ」がそれにあたります。

背骨(脊柱)は骨盤中央の尾骨・仙骨から積み上がります。その仙骨の角度次第でアンデオールが出来るかどうかが決まるのです。
アンデオールが出来るその仙骨の角度は、良い背本の形でしか得られないのです。

つまり、アンデオールは良い姿勢でなければ出来ないのです。

良い姿勢とは肩は開き下がり、肋骨が引き上げられたような胴体で、まったく力みのない姿勢です。
無理やりの引き上げや肩下げアンデオールはいけません。

しかし、良い姿勢にさせないバリアが多数あって、バレエのレッスンだけでは、残念ながらそのバリアを、ひとつも突破することは出来ないのです。

当塾は出来ないバリアを攻略する方法を熟知しています。
先ず、その方法を確かめに来てみて下さい。
来て下されば、仙骨の角度とアンデオールの関係についての詳しい説明も致します。

アンデオールが苦手な人は股関節の伸展(真っ直ぐ伸ばし)が正しくできないのです。股関節伸展ができないのは肩のアンディダンとアンデオールが苦手で、正しい位置へ肩を下げることができないのです。(正確には肩の力を抜いて肩を正しい位置に保ち、首を長く伸ばす感覚)

首長肩下げができない人は、肩甲骨と肋骨のコントロールができないのです。
専門書では前鋸筋の作用は、肩甲骨を前に牽引(スライド)させることになっています。
ところが、前鋸筋ではなく小胸筋が作用して肩甲骨が上がりながら前にスライドしてしまうのが大半なのです。
ですから腕を上げる動作をすると肩が上がってしまう人が多いのです。
正しい腕上げができますと、前鋸筋が作用して、肩甲骨を赤の方向へ動かすことができ、肩は上がらないで腕を上げることができるのです。
更に体玄塾のドリルは専門書にないような肋骨を牽引することを出来るようにするから、理想の引き上げ動作が出来るようになるのです。
これが首なが肩さげです。

何故肋骨のコントロールが出来ないか
それはこんな動かし方もあるのかということすら知らないし、動かせないからです。
そこを動かせなければ背骨に生理的わん曲は出来ません。
生理的わん曲が出来ていない姿勢では、お腹の引き上げ引き締め、ヒップの引き上げも無理という事になってしますのです。
つまりアンデオールが出来ないという事になってしまうのです。

バレエが分かる出来るようになる「指導の基」
アンデオールにはたくさんの動作の基がリンク(関連)しているのです。

この動作のリンクのことを体玄塾ではコレクティブモーションと呼んでいるのですが、動作の基になる素動作を訓練して素動作同士を組み合わせてコレクティブモーションが整えば苦手なことがすべて解決します。体験してみてください。

このようにして「指導の基」が出来上がります。

これが出来れば、先生は教えやすいし、生徒は習いやすくなるという事になります。

アンデオール・引き上げ・バレエ体幹についての
参考記事も是非ご覧ください。
↓ ↓ ↓
バレエパッセ股関節使いの極意
間違ったアンデオールが外反母趾にもなる
スポーツパフォーマンスを上げるバレエの基本アンデオール
ダンスと引き上げ
膝の形も引き上げ次第
ドローインとバレエの引き上げ
太い太ももと下っ腹が気になる

大人からのバレエには欠かせない、動作のリンクと背骨の生理的わん曲

本格的にバレリーナを目指す場合は、「姿勢が崩れていない、頭で考えない、動物的反応が良い時期」
つまり3歳ぐらいから始めることをお勧めします。
ただし、ハイハイをしっかりしていなかった子供は、もうすでに姿勢が崩れている可能性があります。
ハイハイは生理的わん曲を作るのに適している姿勢&天然トレーニングですので、子どもの頃にハイハイをしていない子どもは骨格的に体幹が弱くなりやすい傾向にあります。しかし大人になってからでも動作のリンクを整え、生理的わん曲を作ることが出来るドリルを当塾では用意しております。
動作のリンクと生理的わん曲がアンデオール、引き上げ、軸、などのバレエ姿勢の要ですので、バレエを習う前か、バレエとは別に整えておくとスムーズに上達します。
また、元々の素質が良くても、発表会などで実力以上なことを頻繁に要求されると、姿勢が崩れたり、身体を痛めたりしますので子供たちに無理をさせないようにして下さい。

ダンスのドリル

ダンス系でも、理想的なフォームにする伝統的な言いまわしが多数あります。
例えば、「おしりをもっと高い位置において」「おしりを割らないようにアラベスクをして」「肩を前に出さないようにして肩甲骨を出っ張らないように」など。
体玄塾では、だれでも表現できる動きが組み合わさったドリルをつなぎあわせて、上記のような要求に答えることができるようにして、ダンスの現場に戻しています。

コンディショニングでは、ダンス系指導用語を、身体に通じる体玄塾言語に翻訳する作業を行います。
翻訳には多くの体玄塾式ドリルが関わっています。ドリルをドリルでドリルして…
このように、ドリルをたどって行けば誰でも必ずその言葉は身体に通じます。

ドリルは必ず、脳から筋肉への神経伝達を良くする施術や、関節機能を良くする為の特別なストレッチから始まります。
これら一つ一つのドリルを通じて、”お尻をもっと高い位置において”という言葉が身体に通じるようになるのです。
これらがないトレーニングでは、感覚と身体が合わず、パフォーマンスを上げることが出来なくなってしまいます。(詳しくはトレーニングの本質を参照)

スポーツによる痛み

痛みの改善+再発しないための体・動きづくりに注力

スポーツ外傷とスポーツ障害

スポーツによる痛みは、スポーツ外傷とスポーツ障害の2つに大別されます。スポーツ時に外圧が加わることでケガをするのがスポーツ外傷、同じ動作を繰り返し関節などを酷使することで慢性的な痛みが起きるのがスポーツ障害と呼ばれています。

  • スポーツ外傷

    スポーツ外傷

    捻挫、肉離れ、骨折、
    脱臼など

  • スポーツ障害

    スポーツ障害

    腰痛、ひざ痛、
    肩痛、疲労骨折など

なぜケガをするのか?まで踏み込む

スポーツ外傷やスポーツ障害の原因となるところまで当塾では踏み込んで改善のためのアドバイスをしています。体の動きが悪い、視野が狭いなどさまざまな原因が潜んでいるのです。原因を把握し、生徒さんに合った姿勢の矯正方法、歩き方の改善法、効率的な体の動かし方などを教え、ケガの再発防止をめざします。

優秀なカイロプラクターが担当

当塾には人間の体の仕組みと痛みの発生・緩和のメカニズムを熟知したカイロプラクターが在籍しています。カイロプラクターが施術で痛みを和らげ、ケガが起こらないためのエクササイズを指導します。

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー