塾長志水の
ウォーキングウォッチ

2016.04.27更新

 引き上げを注意すると反り腰になる
バレエと言うと姿勢が良いように思いがちですが、反り腰の人が非常に多いようです。
特に子供は多いです。

反り腰になる原因の一つとして、引き上げようと頑張ることです


引き上げようとすると肋骨が開くような格好にほとんどなっていまうのです。

引き上げの意味も方法も分からない者に「引き上げなさい」のイッテンバリでは解決しません


今度は開いた肋骨が気になり、「肋骨を閉めなさい」とか、「お腹を締めなさい」と言われて、体も心も縮こまってしまうのです。
もっとひどい指導者は、腹筋が弱いからと言って腹筋運動をたくさんさせてしまい、ガチガチの体幹とお尻に知らぬ間に改悪していまうのです。
腹筋運動は反り腰をややこしくしてしまいます。

引き上げは極めて抽象的な言葉ですので、具体的な方法で引き上がる感覚を確実に伝えなければなりません

背中や下腹部が上に引き伸びるように仕向けなければなりません。

例えばこの方法です。

この方法も難易度が非常に高く、赤の矢印方向に動かすそれぞれの準備が必要です。

特にこの前鋸筋を使って肋骨を青の矢印方向へ動かせるようにすることが大切でとても重要です。

普通はもともと動かせる人以外はほとんど動かせないと思ってください。
これが出来れば人生が変わります。

これを動かせるようにするのが体玄塾の仕事です。
片方だけ動かすと回転・回旋運動になり、体玄塾では「リブケイジツイスト」と名付けていますが、全てのスポーツ・ダンスに役立つでしょう。
やりたい事が体現できるでしょう。


投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2016.01.30更新

 股関節を縮めるとお尻が後ろに出る上に上がる

股関節を使うイメージや意識はとても分かりにくく、特に縮めるイメージは間違いのもとです。

「お尻から上げるのではなく、股関節を縮めていく感じ」などの指導をパッセでしますと、益々お尻が上がります。更にお尻を上げないようにしようと頑張ると、こんどはお尻が後ろにでてしまうのです。
こうして訳が分からなくなってしまうのです。

言葉では感覚は伝わりにくいのです。

あえてイメージを絵で伝えようとしますと、以下のようになります。

体玄塾では上記のような動かし方ができるよう、脚に対して骨盤・体幹を動かす訓練をたくさんしてもらいます。
体感・実感のスモールステップをたくさん積んで行って本物のパッセになります。

言葉では感覚は表せません。
感覚は味合わなければ決して分かりません。
100回聞くより1回味わった方がいいですね。

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2015.12.17更新

鍛えれば変わりますか 
内転筋が弱いというのはO脚に限らず、スポーツにおいても内転筋が弱いとよく指摘されます。
この場合も、直接内転筋を鍛えるとややこしくなるだけです。
前回のO脚のときと同じく、体幹を中心とした全体に問題がありますので、内転筋は使いたくても使えない、つまり、ここぞというときに力を発揮できないのです。
そうしますと、体幹も弱いと指摘され今度は体幹トレーニングに皆さん励まれるのです。

このポーズはよくみかけますね、でも姿勢動作についての考え方が根本から間違っています。
この考え方が変わらないかぎりパフォーマンスは変わらないでしょう。
考え方は異次元的なもののみかたです。
残念ながら企業秘密です。

(理論と実際の考え方例)
理論というものは、多くの実践の中から作りあげられるものです。毎日の実践は過去の実践から生まれた理論に裏付けられています。それでも新しい時点に立った時は、過去の実践に裏付けされた理論も何の役にたたないかもしれません。
過去の理論に対して分析する勇気を持ちましょう。
新しい原理を発見するためには、徹底的に矛盾を追求することです。

理屈どおりにやれりゃ苦労はしない・・・って?
じゃ、苦労して理屈どおりにやったらどうですか。


投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2015.12.07更新

背骨が一番大事という考え方
今までの話の流れ
改善で大事なことは考え方⇒例えばO脚、O脚の人は内転筋が弱い⇒内転筋に効くスクワットがある⇒ちょっと待った!内転筋が弱くなった原因究明が先でしょう⇒原因は姿勢の悪化による連鎖⇒内転筋が強くなってもO脚は改善しない⇒スクワットで内転筋を鍛えても面倒になるだけ
ということでした。

背骨が整っていればスクワットを習っても上手にできるでしょうし、一生懸命スクワットをする必要もないとおもいます。
姿勢や動作が整っていて日常的に階段や坂道を上り降りしていますと、生活に必要な筋力は維持できると思います。 
そうしますと姿勢や動作の考え方もよく吟味した方が良いでしょう。
              
日常の何気ない習慣が、背骨を頭上から押し曲げたような骨格にし、姿勢と歩行を崩し、内転筋も力を発揮することができず、内転筋は意志とは反し、ルーズになってゆくのです。


姿勢や動作についての考え方を誤りますと、努力がすべて水の泡になるということです。

O脚改善しかり姿勢改善は全身のつながりからみたち密なプラン・ドゥー・チェック・アクションでなければならないのです。

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2015.12.02更新

 姿勢悪化の連鎖で内転筋は弱くなる

前回のつづきです。
内転筋を直接鍛えてもO脚は改善しませんと前回申し上げました。
その訳はこうです。

これはO脚の代表的な歩き姿勢です。
このような姿勢である限り、内転筋は弱くなります。
歩行では必ず一本の脚で立つことになります。
そのような片脚状態で内転筋が収縮すれば、更に体は傾き歩けないというわけです。
ですから内転筋を両足スクワットで鍛えても無駄ですと言いたいのです。
内転筋がゆるむと表現しましたが、ルーズと表現した方が感覚的に合っていると思います。
O脚対策は次回です。
つづく

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2015.11.30更新

 ウォーキングウォッチ愛読者様

更新を長い間中断しまして大変失礼しました。

猫背やO脚、歩き方の改善が殺到いたしまして、時間が取れなかったという言い訳です。

「書きたい、でも忙しくて時間がないから書けない。」

という出来ない発想から「忙しくて時間がない、でも書く」という出来る発想へ変えました。

姿勢、歩き方、動き方の改善に前向きの人達が本当に改善できますようにアドバイスをしてゆきます。

さて改善にとって大事なのはなんでしょうか?
改善にとって一番大事なのは考え方です。

ウェブやテレビ、雑誌などでよく紹介されている考え方では改善はできないようです。

例えばO脚用のスクワットですが、ほとんどが次のような理由で指導されますが、考えが足りません。

O脚を治すための筋トレの仕方

「O脚の方は、ふとももの内側の「内転筋」が弱っていることが多いです。
内転筋は、筋トレによって鍛えることができます。

 内転筋のトレーニング方法をご紹介します。

内転筋にはスクワットが効く!

スクワットは、脚の内側の筋肉を鍛えるのに効果的です。
正しいスクワットの手順を確認しながら行いましょう。」

 

スクワットの手順はいいのですが、なぜ内転筋が弱ったのでしょうか?

鍛えたら内転筋が弱った原因は解決できるのでしょうか?

解決できません。従ってO脚は改善しません。かえってややこしくなります。

つづく

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2015.09.19更新

 レッグカールマシーンの使用は要注意

この本を友人が10年前に「志水さんと同じようなことを言っている本がある」と言って私にプレゼントしてくれました。
知る人ぞ知る高岡英夫さんの動きに関する著書です。
なぜ今頃になってこの本のことで記事を書くかと言いますと、股関節の使い方が悪いという人が非常に多いのでこの本を参考にして股関節づかいを少し説明します。
この本にはサッカーのシュートのとき、よくみかけるボールがゴールポストの上を飛んで行くあのがっかりするシーンことについて『スポーツマンとして「使えない」身体とは』ということが第1章に書かれています。
”軸脚の膝が曲がりながらボールを蹴ると腰が後ろに落ちているのでボールの下を蹴りあげることになるため、ボールは力なく浮き上がってしまいます。腰が落ちないようにするには、ハムストリングスというもも裏の筋肉が、股関節まわりで強烈に収縮しなければなりません。
蹴るためには、ハムストリングスが重要なのですが、ハムストリングスを膝関節まわりで使うクセがあると、スポーツではかえって「使えない」身体になってしまうのです。
ですからレッグカールマシーンは厳重な注意が必要なのです。”

膝曲げにはふくらはぎこと腓腹筋も関与しますよ

この本は体玄塾で筋肉の所在を分かって頂くため説明に使うものです。
筋肉で日本では最も著名な石井直方東京大学大学院教授監修の本です。
膝の曲げ方で気になっているところがありますので紹介します。
165ページ膝の関節可動域運動


膝屈曲(曲げ)の関与筋
大腿二頭筋・半膜様筋・半腱様筋
と書いてあり、これらがハムストリングスです。
この絵をみると足首がリラックスしていませんので腓腹筋も関与していますが、この筋肉のしくみ・はたらき事典には載っていません。
足首をリラックスさせた絵に変えたほうが良いと思います。
膝を曲げるために腓腹筋が使われることもあります。使っているかの判断は足首と腓腹筋の緊張(力こぶが出ているか)で見分けます。詳しくは体玄塾の無料体験で。

高岡さんの著書にも膝関節まわりのハムストリングスを使うくせが良くないと書いてありましたが、ハムストリングスばかりではなく、ふくらはぎこと腓腹筋の使い方も良くないのではないでしょうか。


投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2015.06.10更新

     

脚を使う意識は力みを生む

脚を使えと言うコーチがいますが、脚を意識すれば上半身がおろそかになります。すると上半身を意識しなければならなくなり、意識は力みになります。

力まないためには無意識に、つまり自動的に動くようにすることです。

体幹が弓矢の弓のようにしなってくれれば勝手にスムーズかつ素早くスイングできるはずです。

それには背骨が右絵の胸郭のように、弓反りになるような身体使いをできるようにすることです。

ストレッチで背骨を柔らかくするだけではかえって悪くなります。また普通の筋トレで反るようにしても悪くなるだけです。

体幹が回転して重心移動する股関節使いを習得すればできます。
参考http://www.taigenjuku.com/menu02/004/

間違った体幹の反らしや捻りをする身体づかいをしますと、腰痛になったりしますので注意しましょう。
 

image1
image2
image3
 

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2015.05.15更新

 注意すべきストレッチがたくさんあることを知るべき
あたりまえと思っていることが実は改善を阻害しているということが多いように感じます。
常識を疑えというような書籍もあるぐらいあたりまえと思っていることは疑った方が良さそうです。

前肩や猫背の人がよくやる下の絵のようなストレッチも疑った方がいいですよ。

どこがいけないのか?

小円筋など上腕骨を内旋・内転させる筋肉を硬くさせる体操になっているからです。

上腕骨を内旋・内転させる筋肉が硬くなると外旋・外転の動きが悪くなります。
そうなると、腕がスムーズに出なくなります。

パソコンなどを操作するときに腕と肩甲骨の間が自由に広がる必要がありますが、小円筋などが硬くなるとそこが自由に広がらなくなります。
そこが広がらないと、腕を前へ伸ばすとき、肩甲骨も腕と一緒に出る習慣になります。
肩甲骨(肩)がこのようにして前に出っ張り前肩となるのです。

前肩を改善させるつもりでやっているストレッチが良いどころか悪化させていたとは、残念ですね。

このようにストレッチにも弊害がたくさんありますのでご注意を。

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2015.04.21更新

 アンデ(ターン)オール(アウト)の感覚から抜け出しましょう。
アンデオールまたはターンナウト(ターン・アウト)などの外へのイメージから抜け出しましょう。
発想を変えましょう。
前モモを外に回すのではなく、裏モモを内に回しましょう。
裏モモのアンディダン(内回し)をする感覚にしましょう。

出っ尻反り腰の反り腰は出っ尻が引き起こしていると思ってください。 

出っ尻つまり骨盤前傾は骨盤を無理に起こさないで下さい。  参考出っ尻誤った改善法

間違った骨盤起こしをしますとお尻が下がります。そうなると股関節まわりが窮屈になり、出来ないアンデオールが益々できなくなります。すると「アンデオールが出来ていない」と指摘され、アンデオールを一生懸命やろうとして、骨盤前傾によるアンデオールになり益々
出っ尻反り腰が悪化します。こうして負のスパイラルに陥ってしまいます。
出っ尻反り腰を何度指摘しても治らないバレエの生徒にあきらめているバレエの先生も多いのではないのでしょうか。

即刻頭を切り替えましょう。

簡単ではないですが裏モモのアンディダンへ感覚を切り替えましょう。

骨盤起こし(骨盤を立てる感覚)も頭の切り替えが必要かもしれません。

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

前へ

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー