源の改善―姿勢・歩き方

美しい歩き方へ

せっかく体を整えても、院から出て一歩目で崩れてしまう

整体の現状

体を整える整体院はたくさんあります。そこで実際にある程度体は整います。しかし、院から出ての一歩目。そこから崩れていってしまうのが現状。たとえ体を整えても、「歩く」という動きの基礎が正しくできていないとまた姿勢が悪くなり痛みも再発してしまうのです。

正しい体をキープし、痛みの再発を防止

当塾では正しい歩き方を伝え、体に染み込むまで実践してもらうことで、整った体を維持できるよう指導しています。正しい歩き方を習得すれば、痛みも再発しません。

スポーツにも応用可 「これを現役時代にやっておけば…」

健康維持のほか、スポーツにも応用できます。スポーツは歩くという動きを土台としたものだからです。「これを現役時代にやっておけば…」。当塾で歩き方を学んだ人からは、そんな声も聞かれます。

歩き方を正しくすれば、人間本来のきれいな足に変わります

おしりが垂れてきていませんか?太ももの外側がでっぱっていませんか? 足首が太いと感じたことはありませんか?これらは全て、歩き方を「正しい歩き方」へ変えれば改善できます。美しい体づくりのためには歩き方の改善が必要です。

正しい歩き方の一例

「体の各部分をこう動かす」×
「重心を移動させる」○

当塾では「脚をこうしましょう」「手の振りをこうしましょう」といった局所的なことはお伝えしません。よく「体重移動を意識して歩きましょう」とも言われますが、最も大切なのは、「重心」で、重心を移動させることなのです。この重心への理解と実際の動きへの応用方法をじっくりとお教えします。

高機能な歩き方ができるまで

ウォーキングを習っても本質は変わりません

悪い歩き方にはそれなりの訳があり、その本質を解明し、的確な改善手段をもって対処しなければなりません。表面的な歩き方のレッスンを受けてもその本質は変わりません。歩き方矯正は背骨、胸郭、寛骨、大腿骨、脛骨、腓骨、距骨、踵骨などの骨格を、本来あるべき位置に戻すことから始まります。それから各関節が思い通りに動くように訓練し、正しい全身の動きやタイミングを感覚的に覚えこんでもらいます。
体玄塾では、下記の方法で姿勢矯正を行っていきます。

1動作の準備

特殊なストレッチ、またはカイロプラクティックで骨の位置から正し、関節の動きを神経伝達レベルから動きやすいように良くしていきます。また、多くの人が思い違いしている姿勢の在り方についてレクチャーします。これ無しでは今後の効果を期待できません。

2動作の習得

一つしかなさそうな膝曲げの動きでもいくつかありまして、必要なのに今までやっていなかった、出来なかった、知らなかった動かし方を、習得する新感覚のドリルを開始します。

 
3動作の習熟

新感覚の動きひとつひとつを組み合わせて、歩くための一連の動作としていくドリルを行います。

 
4動作の定着

出来上がった正しい動作を歩きに組入れて何度も繰り返していきます。反射的な動作が出来るようになることが、ポイントとなります。

5動作の習慣化

この段階で、自らの歩き方の中に自分の力で正しい動作を保存していくことが可能になります。その保存つまり歩き方が間違っていないかチェックし、間違っているところは修正します。慣れ親しんだ前の歩き方は、歩き出そうとするとすぐ出てこようとしますので、「三歩あるいたらすぐ思い出す」を合言葉に新しい歩き方が習慣になるまで繰り返します。

 

6新しい歩き姿勢の完成

1. 2. 3. 4. 5. を繰り返し高機能な歩き方に仕上げていきます。
このころになりますと速く歩ける身体に変身していますから、当然歩きたくなりますし、良く動けますので運動したくなるという訳です。
正しい姿勢と歩き方が完成した後は、定期的にトレーナーの動作チェックを受けて、元の姿勢に戻ってしまわないよう修正を行います。フィットネスクラブなどに入会するなら、ここまで到達した後におすすめします。

歩き方に関しては『X脚O脚について』も是非ご覧ください。

正しく歩くだけで美脚


正しく歩くには最適に体を前に進める基礎訓練、重心移動が不可欠ですが、それには足首の曲げ方が重要なのです。足首を正しく曲げる筋肉を”美脚筋”と当塾では呼んでいます。

この筋肉が上手く使えると足首を曲げている時間が長くなり、その間に膝と股関節が伸びて”重心移動”がスムーズになります。
このような歩行ができると最適な筋バランスで余計な筋肉がなくなり、関節のスムーズな動きでむくみも取れ、スッキリ美脚になれるという訳です。

重心移動には良い姿勢が不可欠ですので、その良い姿勢でお腹や首・肩もスッキリになります。
ただし、これは足の指一本ずつから正しく動かすような地味なドリル・トレーニングからのスタートになりますし、複雑な歩行のメカニズムを身体が理解できるようにドリルを積み上げていかなければ実現しません。
体玄塾以外ではタオルギャザーというトレーニングが美脚筋トレーニングに当ります。
動作の専門性がかなり高い重心移動には、トレーナーの高度な知識・技術そしてセンスが求められます。
思うように動ける高パフォーマンスの姿勢を専門にしているのが体玄塾なのです。

足のタオルギャザートレーニング

足のトレーニングでポピュラーな、タオルギャザーというのがありますが、タオルギャザーが必要な人はタオルギャザーができません。
しかも、間違ったタオルギャザーもあり、それをやると逆効果になります。このタオルギャザーの画像も間違いのようです。
タオルギャザーの前に3行程から5行程のドリルが必要です。

脚を閉じたり開いたり曲げたり伸ばしたりする運動をしてもその方法が誤っていたら美脚から遠くなるだけです。
残念ながらジムなどで正しくトレーニングしている人を見たことがありません。
それぐらい逆効果になるようなトレーニングをしている人が多いということです。

アンチエイジングの大敵「活性酸素」に対抗する良い姿勢

老化を加速させるのが、活性酸素です。
体を酷使するようなハードなトレーニングは、活性酸素を多量に発生させます。
良い姿勢で日常生活を送る方法で、姿勢維持筋を活発にさせることがアンチエイジングになります。
姿勢維持筋が活発になることで、体に適度な刺激が与えられ、成長ホルモンも分泌され、体のリカバリーになります。
成長ホルモンの適度な分泌が、アンチエイジングの鍵になります。
つまり、良い姿勢で日常生活を送る方法で、筋の活動量を増やし、脂肪が燃焼しやすい身体に変身させることが細胞と姿のアンチエイジングになるわけです。

筋肉の量ではなく、筋の活動量を増やすことがとても大事なのです。筋トレはしなくてよいのです。良い姿勢で活動的な日常生活を送ってください。 参考記事>

美しい姿勢が身につく体現歩き

美しい立ち方、座り方、歩き方ができるようになれば、一生太らない美しい身体になります。
そんなの本当ですか?という声が聞こえそうですが…
美しい姿勢を習得すると、美に関わるすべての筋肉が、ただ生活して、動いているだけ、つまり自然にトレーニングされて引き締まってゆくのです。
そのためには、良い姿勢、良い動作、良い歩き方のコンディショニングの概念から変える必要があります。
今までの、筋肉を付ける、柔軟性を向上させる、体幹やインナーマッスルを鍛える、丹田に力を入れるなどの次元とは異なるメソッドのコンディショニングが必要なのです。

力は入れるのではなく、入るべき所へ入るべき時に入るようにする。
柔軟性は柔軟の度合いではなく、動作を向上させるための柔軟の性質を向上させる。
体幹やインナーマッスルは、自然な良い動作にリンクさせて正常化させる。
正しいとされる動作の概念も見直し、変える。

こうして体現できるようになれば、自然に美しい歩き方になり、美しい身体になるという訳です。
体玄塾の体現歩きを身に付けて下さい。

女性によくあるお悩み

悩みが解消し、人間本来の健康的な“美”が手に入る

当塾では、女性によくあるお悩みについても対応しています。下記のお悩みのほか、「きれいになりたい」思いは多くの女性が抱くもの。当塾の指導を受けることでお尻やふくらはぎが上がる、足首が細くなるなどの人間が本来持っている健康的な美しさを手に入れることができます。裏を返せば、現在の状態は正しい体のありようが崩れたものなのです。

ヒップと脚の形

立ち方と歩き方を変えればヒップも脚も良い形に変れる

脚の長さなどの遺伝的な要素を除き、ヒップと脚の形は立ち方と歩き方で変わって行きます。
ところが「膝を伸ばして足をかかとから地面に着き つま先で蹴り出す」などの正しいと思いがちな間違いもありますので、この様な歩き方が正しいと信じて歩いていたら、ヒップも脚もそれなりの悪い形になっているでしょう。
「こうあるべき」「こうしたい」という姿勢・歩きの知識や思い(考え方)が行動となり、繰り返されて習慣となり、それなりの形になるのです。
形を良くしたければ、本物に出逢ってください。そして、良い形になる習慣に変える事が大事です。
ですから、筋トレや骨格矯正しても脂肪を取り除いても習慣を変えなければ良い形はとどまってくれません。
先ずは姿勢や歩き方に対する今までの考え方を変える事ですね。
バッグの持ち方や所作などの日常生活動作を徹底的に、「こんなところが?」というところまで見直す事も大事です。

むくみ

脚のむくみに悩む女性がとても多いです。むくみ解消のためにリンパマッサージを受けたことのある生徒さんもいますが、当塾ではそういったマッサージは必要ありません。股関節がスムーズに動かせるようになり、また正しい足首の曲げ方を実践するとむくみは改善されます。普段の自分の動きを変えることで良くなるのです。

猫背

猫背などの姿勢矯正は当塾が得意とするところです。詳しくは「姿勢矯正について」をご参照ください。

巻き肩

肩が内側に巻いているように見える状態を「巻き肩」と言います。

一般的には肩甲骨を寄せて良い位置に肩を戻すようにやりますが、それは間違いですので肩甲骨を寄せないでください。

巻き肩も猫背と同様に、背骨と肋骨から正しい骨格の体に戻すことで良くなります。

O脚・歩き方

O脚については「X脚・O脚について」を、歩き方については「歩き方について」をご参照ください。

姿勢矯正について

健康の源は「正しい姿勢」
正しい姿勢の習得・継続で、体の痛みはとれ、楽に生活できるようになります

片脚立ち姿勢と歩行が姿勢矯正の鍵をにぎる

良さそうにみえる悪い姿勢がある
コリや痛みが出ない安全で自然な美しさがでる姿勢が良い姿勢

”正しい”の基準をもし間違えていたら・・・

良さそうに見えても、体にとっては”姿勢が良い”にはならないのです。

しかしほとんどの方が間違った基準を持っているように思えます。  
そしてあなたもそうかもしれません。

正しい基準は感覚的なものです。

壁を利用した姿勢チェックでは壁と体の隙間の間隔で良い悪いをチェックしますが、良い姿勢の感覚と悪い姿勢の感覚の違いを理解できなければ意味がありません。間隔ではなく、感覚でチェックしなければなりません。

片脚立ち姿勢が歩き方を変える

まして人は二足歩行で歩きますので、片脚で正しい姿勢がとれなければ安全な歩き方ができません。
ですから姿勢チェックも、片脚姿勢と歩行など動作中の姿勢が必要です。しかも一方向からでなく3Dでチェックしなければ完全ではないのです。
何をチェックするのか・・・?
それは、足の上に骨盤・背骨が正しく乗せられているかをチェックするのです。正しくなかったら施術やドリルで矯正してゆくのです。

体玄塾の姿勢矯正を受けると、いままでとちがった姿勢感覚に驚かされるはずです。「シャキン、キリッではなく、力はまったくいらないのですね」と言う感想になると思います。
姿勢を悪くさせるのも良くさせるのもこの「感覚」、「感覚」が本質的な原因なのです。

矯正のステップ3(動作の習熟)まで進んだ人は、身体の意識の感覚が変わったと心から実感できると思いますよ。
そして、身体を自由に操れるようになると楽しくなり、動きたくなるはずです。その感覚は一生の宝になると思います。

正しい姿勢とは?

猫背ではない、X脚ではない、O脚ではない。それが正しい姿勢、ではありません。最も端的に表現すると、それは「重力につぶされていない姿勢」です。体が重力に抑えられ、つぶれてしまった結果、猫背になるのです。

“体を戻す”ことで正しい姿勢に

「体が前に倒れているから、それを後ろに」では体を過度に反らせてしまいます。体が重力につぶされているわけですから、上から抑えられている体を「元に戻す」という感覚が大事です。


想像力がとても大事
自分の真上に見えない一本の棒が横に伸びていると想像してください。それにつかまってぶら下がるとどうでしょう。体がすっと伸びて気持ちいい感じがしませんか?身長をすっと上げる、落ちている骨盤をすっと上げる。そんなイメージがとても重要です。
当塾では、考え方、イメージ力、実際の方法、日常生活への取り入れ方、継続の方法、すべてお伝えしています。

ダイエットについて

そのダイエットで本当に綺麗になっていますか?ふくらはぎは?お尻は?

「ダイエットしてもくびれがでなきゃ意味がない」
「筋トレしても脚が太くなったら意味がない」

現代人の永遠の課題ともいえるダイエット、メタボ対策。あなたは痩せることにこだわっていませんか?

体重が落ちたとしても、綺麗だなと他人がみてくれますか。綺麗に見えるのは痩せた体だけではなく整った体だと思います。ダイエットで美脚になれますか? なれないでしょう。筋トレでもふくらはぎや外腿を細くすることはできません。逆に太くなります。

短期のダイエットは骨折り損のくたびれ儲け!

減量と言えばボクサーですが、減量に成功しなければ失格になり試合ができませんので、何が何でも減量は成功させなければなりません。
ところが、苦労して手に入れたナイスボディーでも、試合後1か月もしない内に、元に戻ってしまいます。
減量しなくてもよいよう落ちた体重をキープすればよいし、いつもハードな運動量なのですが、やっぱりリバウンドしてしまうのです。ダイエットの食習慣は特別ですので長続きはしないのです。
一般の人が無理にダイエットを行うと、前よりも体重が増えたり、細くてもバランスの悪い身体に なってしまいます。
例え5-6kg痩せることに成功したとしても、落ちてほしくない肉が落ちて、気になる下半身などの肉はそのままです。

苦労した思いだけが残り、体重は段々と戻ります。そして、頑張ろうという気力を奪うのです。

ですから安易にダイエットはしてはいけません!

美しくなるための方法は意識したダイエットではないのです。

基礎代謝量を上げるための筋トレも効果は期待できません。(理由はこの2つ先に書いてあります)

本当に美しい身体になるために

姿勢・歩き方を正す術を身につけることが一番費用対効果が高い美容法だったりする

では、どうしたら美しい身体になれるのでしょうか?
日常生活で姿勢や歩き方に関心を持つこと

立っている座っている姿勢や歩き方が悪い人達が大勢いることに気づくはずです。そして、その人たちが反面教師になってあなたを応援してくれることでしょう。

体玄塾式成功の哲学:常日頃の心の持ちよう、関心、こだわり、願望、執着心を強く。
良い姿勢で日常生活を送ると、筋の活動量が増え脂肪が燃焼しやすい身体に変身する事が出来ます!詳しくはここをクリックしてください。
ただし、筋トレで脂肪が燃焼しやすい身体を造ろうとするのは危険です。身体バランスを崩しやすいからです。良い姿勢だと勘違いした悪い姿勢になるリスもが伴います。また、筋トレで脂肪が燃焼しやすい身体とは筋肉量が増えた体、つまり太くなったふくらはぎ、腿、腕、肩などを意味します。ふくらはぎ、腿、腕、肩などを、やみくもに太くしては美しいとは言えませんからね!

この様な脚はどうすれば改善するのでしょうか?

美しくなるには正しく身体を使ってダイエット

骨格を整える術を身につけ、その骨格を崩さない日常生活が定着しますと脚の形も整い改善します。

先ずは特殊な施術やストレッチで崩れた骨格を整えます。
その骨格へ自分でできる術を学びます。
本質的な原因は皆さんが思いもしなかったところにあります。良かれと信じていることが(呼吸法や体幹のトレーニング法など)原因かもしれません。
そこを正すことが絶対欠かせません。(複雑のため説明は省きます)
これだけではまだまだ改善には至りません。
このままでは体を動かすとすぐ崩れ元に逆戻りします。

骨格を正すだけではまだまだ足らないのです。
何が足らないと思いますか?
それは、正しい重心の位置を定着させるなどの【動かし方の定着】が足らないのです。


動かし方を定着させるには、今まで慣れ親しんだ動きの感覚から、新しい慣れない感覚を受け入れ、更にあたりまえにしなければなりません。
つまり感覚の矯正が必要なのです。

座っている、立っているはまだ分かりやすいのですが、歩いたりスポーツしたりする移動が伴った動きの感覚がとても難しいのです。地味なドリルを積み上げる訓練をしなければほとんど正しく動けません。正しく動けないと美脚にはなりません。

施術や歩き方を習ったぐらいでは改善は不可能です。

重心の位置感覚を定着させるための技術が必要です。

新しい動きの感覚を伝えるための指導者側の技術が特別必要なのです。

この技術は現状に満足することなく常に良いものを目指し、時には職人的にこだわり頑固といわれても、身を粉にして手間暇を惜しまない動きの感覚を伝えるための研究開発に35年取り組んでやっとたどり着いた技術です。
これが体玄塾の今までの発想と違うとてもユニークなメソッドなのです。
これまでのトレーニングの教科書を塗り替えるほどの発想です。

体重を減らす、脂肪を燃やす、その前にやるべきことをお教えします

1まずはメンタル向上が大切

当塾には、減量を希望する生徒さんもたくさんいらっしゃいます。ですが、いきなり「では、いつまでに何キロ痩せましょう」などといったことは言いません。そこがスタートではないからです。まずは生徒さんのメンタルを向上させることが大切なのです。

2自信喪失、ストレスで太ってしまうことも

減量に挑戦して失敗された経験をお持ちの方は「また失敗するのでは…」「自分はダメなんだ」と自信をなくしています。精神面の弱さやストレスによる自律神経の乱れが太ることにつながっていることもあるので、まずはそこをケアしてあげることが大切です。
姿勢矯正や歩き方改善を通して「よくできましたね」と生徒さんを認め、自尊心を回復してもらう。その後に、減量に必要な情報をお伝えします。

3生活背景を考えて、長く体型を維持できる指導を

また当塾では短期集中で「~キロ」まで痩せるという目標は掲げません。生徒さんの生活背景や食べ物、運動などの好みも考えて、長く痩せた体をキープできる方法を実践していただきます。

筋肉付けてもちょっぴりの代謝アップの真実

「筋肉をつけて代謝を上げ、脂肪燃焼を」とはよく言われますが、これは非効率的な方法です。たとえ筋肉量が増えても上がる代謝はわずかなものです。

「基礎代謝とは?」はさておき、次の例で説明します。

40代女性、身長155㎝、体重55㎏、体脂肪率25%、基礎代謝量1200㎉の人の場合

筋肉を2㎏増やしたとします。基礎代謝はどれぐらい上がるのでしょうか?計算したことはありますか。

数字を知っている人は代謝を上げるための、いやダイエット目的の筋トレはしないと思います。

筋肉2㎏と高めに設定したとしても 

基礎代謝の40%が筋肉が受け持っていますが、筋肉量は、体重から体脂肪を除いた除脂肪体重の半分です。

55㎏×(1-0.25)÷2=20.6㎏ 

2㎏増量は10%増しということになります。

1200㎉の筋肉担当40%、更にその10%が筋肉2㎏増量分の基礎代謝で、48㎉上がるという計算になりますが、苦労してもたったの48㎉です。このペースですと、脂肪1㎏落とすのに160日もかかります。

しかも女性で筋肉2㎏増やすことは普通は無理ですね。

その根拠は、週2~3回ジムでパーソナルトレーナーににつき、全身トレーニングで各10回やっと挙げられ重さで10回3セット、とてもつらいトレーニングを1ヶ月みっちりやって、1㎏やっと筋肉を増やせるでしょう。

ダイエット目的で筋肉を2㎏増やせる女性はなかなかいないでしょう。

米メイヨークリニックの研究では、肥満気味の人はやせ気味の人に比べて動かないため、肥満気味の人は1日約350㎉少ないそうです。

代謝を上げるより大事なのは、よく動くこと。筋肉があっても座りっぱなし、じっとしっぱなしでは痩せないのです。
体は筋肉を付けたり鍛えたりしてもよく動くようにはなりません。当塾では背骨や筋肉がよく動く状態をつくります。よく動くようになると身体活動代謝があがり痩せやすい体へと変化します。

部分やせに強み

当塾は特に、お腹やあご、脚などの部分痩せを得意としています。「この部分がちょっと気になる…」といったご希望があれば、ぜひ一度ご相談ください。

X脚・O脚について

O脚、X脚の改善については、脚の上に胴体がしっかりと乗っているかが重要です。よく言われる「脚のライン」も確かに大切ではあるのですが、乗り方のズレが主因。脚の上にまず骨盤が正しく乗るように、次にその上の背骨が正しく乗るようにしていきます。

良い姿勢と勘違いした歩き方(ウォーキング)がX脚、O脚を作る

矯正しても元に戻ってしまっては意味がない

姿勢・歩き方を正す術を身に付けることが一番費用対効果が高い美容法だったりする

X脚

足を揃えて立とうとすると、膝がぶつかって足をきちんと揃えられない状態のことを指します。 正式名は外反膝と言います。

O脚

膝が開いてしまい、足を揃えて立ったときに、太もも、膝、ふくらはぎなどを揃えられない状態のことを指します。 正式名は内反膝と言います。

X脚やO脚になる悪い歩き方(ウォーキング)

あなたの姿勢と歩き方の認識は間違っています

これが悪い! 胸を張って歩く(背骨を反った歩き方)
これが悪い! 腕を後ろへ振る(肩甲骨を寄せて肩を引いた歩き方)
これが悪い! 膝を伸ばして足をかかとから地面に着き つま先で蹴り出す
これが悪い! 膝をピーンと伸ばしたモデルウォーキング一見良さそう
これが悪い! "回内足(※)"と言われる足裏のアーチを潰した歩き方
(足首も太くなるし靴の消耗も早くなる)

X・O脚は本質から変えるべき

ウォーキングを習っても本質は変わりません

歩き方を改善するために薦められているような動作も実は悪いものがあるということを知って下さい。

X・O脚は本質から変えるべき
このような歩き方の人をよく見かけますが、X脚やO脚の人もこのように歩き方が悪いのです。しかし歩き方(ウォーキング)を習ったとしても、歩き方もX脚やO脚も決して良くなりません。小手先は少しぐらい良くなるかもしれませんが、本質的にはまったく変わりません。

その本質とは⇒⇒⇒「背骨の後方崩れ落ちによる後ろ重心」
これは体玄塾チーフカイロプラクター岡田潤のオリジナル発想でして、不良姿勢の新たなとらえ方です。この改善なしでは歩き方もX脚O脚も改善されません。

骨盤矯正でもなく歩き方レッスンでもないO・X脚矯正

先ずはX脚やO脚になる原因のメカニズムを知りましょう。
O脚はこちらをクリックしてください
X脚はこちらをクリックしてください

それから骨盤の矯正ではなく、全骨格を正しい位置に戻すことから始めましょう。
歩き方は、歩き方のレッスンではなく、正しい歩き方に結びつく単純な動き《関節の動かし方》から総合的な動きの訓練をするだけです。歩き方は動作の訓練が行き届いたかのチェックで歩くぐらいです。

ここで勘違いをしないでください。この動きの訓練は、単なる筋トレや体幹トレーニングやウォーキングレッスンではありません。

人生で一度も味わったことがないような動作や考え方に出会えるでしょう。そしてそれは今までとはまったく違った感覚の歩き方でしょう。
新感覚の美しい歩きがこのようにしてできあがります。

日常の歩き方が変わればX脚やO脚もきっと改善されるでしょう。

バレエ上達専門の体玄塾が提供するバレエクウォルティー

姿勢・動作にこだわったバレエやダンスまたトップアスリートの人たちに認められたクウォルティーのメソッドです。
そんな改善メソッドを体験してみてください。(無料体験実施中)
歩き方については、体玄塾サイト内、ウォーキングウォッチを参照してください。

何気なくこのような立ち方をしていませんか?

何気なく、絵のような立ち方座り方をしていませんか?O脚や、X脚の原因でもあります。

なぜでしょうか?
これも「背骨の後方崩れ落ち」が原因です。
それが骨盤や脚に影響してこのような不良姿勢になるのです。

背骨の積み上がりが崩れた先がこのような悪い姿勢になります。
当然歩く時にも悪影響を及ぼしますので、骨盤はぐらぐら揺れ、また回りながら歩くのです。ぐらつく骨盤を支えようとして外側重心脚になった内股歩きが、O脚になります。

また、左右に開いた膝を閉じようと内股で内側重心脚にして、内側にねじれた腿に対して、スネは外側にねじることでつま先を真っ直ぐした内股歩きがX脚になるのです。
その悪い歩き方に気づかないで過ごしているうちに肩こり、腰痛、膝痛、外反母趾などへと悪化していきます。つまり何気ない日常の姿勢・動作が不良姿勢と内股【膝の方向が内側へ向く股関節内旋と不適切な足首の使い方】にしてX脚やO脚になり、脚の痛みや変形に悪化するのです

歩き方を変えようと歩き方をいくら習ってもこのような歩き方には対応できません。
体玄塾の姿勢・歩き方改善方法はこのような問題を専門に対応しています。
姿勢に対する考え方とメソッド(やり方)は、かなり独創的ですので試してみて下さい。
無料体験実施中です! 無料体験について、詳しくはこちらをご覧ください。
また、お気軽に電話やメールでお問い合わせしてみてください。

若い女性に急増中の隠れO脚その訳は?

冬になると目立つのですが、タイトなブーツを履くとO脚になる女性。
何故でしょうか?

足の外側(小指側)を反らせ、脚左右の内くるぶしを左右近づけることで脚を閉じていた人が、タイトなブーツを履くと足首が固定されるため、足首を使って外側へ反らせなくなり、脚を閉じれなくなります。

こうして本来の姿である、O脚になってしまうのです。

それで柔らかい素材のムートンブーツなどが流行るのです。
今度は崩れたかかとのブーツが目立つようになるのです。

詳しくはこちら >

良かれと思ったことが・・・

姿勢を良くしようと胸を張った姿勢が、実はXO脚の元となっているのを知っていましたか?
胸を張る行為が、「背骨の後方崩れ落ち」を招き、反り腰姿勢、つまり悪い姿勢・歩き方になるからです。

その姿勢習慣が関節を正しい位置にするセンサーを狂わせてしまいます。

そうして良い姿勢と勘違いしている悪い姿勢を定着させます。

その良かれと思っている姿勢や歩き方がXO脚にしているのです。

X脚O脚は矯正だけでは改善できない

正しい位置にリセットしますと「えっーここですか?うそー」と思わず言ってしまうほど感覚が狂っているのです。
肩、肘、背骨、肋骨、股関節、膝、足首、足、指など、殆ど全身を矯正して正しい位置にしますが、矯正だけでは改善できないのです。良かれと思ってやっているみなさんのストレッチやエクササイズの類が、ことごとく正しい姿勢や歩き方の足を引っ張っているのを知らないですよね。特にクランチという腹筋運動や内転筋を鍛える脚を閉じるトレーニングと肩甲骨を寄せて胸を開くストレッチです。原因になるそのストレッチやエクササイズの類も含め、全て削除し、新しいプログラムとなる動作の素を、ドリルとして、頭ではなく体にインプットしていく作業が必須なのです。

バレエ姿勢の6番が鍵を握る

これはビフォア&アフターではありません。悪い姿勢と良い姿勢をデモンストレーションしてもらっただけです。
バレエの6番をやりますと、良い姿勢になります。

各種のダンスやバレエ、舞踊、所作、フィギュアスケートなど、特殊な動作の素を正して、体に解り易い方法で体にインプットさせること(出来ない動作を出来るようにすること)を専門にやっている体玄塾だからこそX脚O脚の改善が可能なのです。

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー