40代からの
スキー&スポーツ上達法

2017.07.16更新

こんにちは、八巻です。

 

前回・前々回の記事で触れたスキーの「横滑り」の動作について、

今回はより具体的に必要な動作をお話しようと思います。

 

 

横滑りをするのに必要な動作は、「体を上下に分けてひねる動作」です。

スキー 重心移動 横滑り

 

スキーのテクニックで、「ピボット」というターンテクニックがあります。

スキーの板をフォールラインに向いているのを基準に、

左右に回転させるものですが、

このターンをする時に、既述の体をひねる動作を使います。

 

これをする上で、まず必要な姿勢は、この姿勢です。

スキー 重心移動 横滑りちゃんと足の上に体を載せたこの姿勢です。

スキー スクワットスキー スクワット

トレーニングなら、「スクワット」がちゃんと出来るかがまず大切です。

重心位置を足の上に保ったまま、立ってしゃがんでを繰り返す事って、

すごく簡単なようで難しいんですよ。

(トレーナーでもここをきっちり教えられる人はほとんどいません。)

 

 

 

スクワットって、脚の筋トレというイメージが強いですが、

本当にどういう姿勢で行うかで、効果が全く変わってしまいます。

上半身の骨格をきちんと上のようなイメージにしてやらないと、

脚が太くなるだけになりかねないので気をつけてください。

 

 

正しい姿勢でしゃがんで立ってが出来るようになれば、

まずは足の上に重心をのせる事が出来るようになってきますが、

こんな動作ひとつでも、いろんな動作要素が含まれていますので、

本当はスキーのテクニックを習得するのと同じくらい手間をかける必要があると思います。

 

これが出来ないと、横滑りは永遠に出来るようになりません。

 

 

で、このスクワットが出来たら、次に進みます。

スクワットにも多くのバリエーションがあります。

その中の一つに「オブリーク」というのがあります。

足先を斜めに向け、体は正面に向けたままのスクワットです。

 

この形をつくっていく事が次のステップになります。

 

続いてこのスクワットについて解説しますが、

長くなったので、続きは次回にしましょう。

お楽しみに。

 

 

スキー動作の本質を極めるなら、体玄塾で!

スキー上達のための姿勢・歩き方トレーニング

スキーのオフトレーニング・膝痛改善は東京・中野の体玄塾で。

カウンセリング受付中!

スキーのレベル問いません!

 

無料体験実施中です!

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2017.07.10更新

こんにちは、八巻です。

 

いやあ、暑いです・・・

 

暑いですけど、今日も午前中は体玄塾賑わっています。

 

スキー上達のための姿勢・歩き方トレーニング

スキーのオフトレーニング・膝痛改善は東京・中野の体玄塾で。

カウンセリング受付中!

スキーのレベル問いません!

 

スキーヤーの皆さんも、最近はサマーゲレンデがあるので、

夏もスキーの練習が出来ますね。

 サマースキー 滑り方

画像はふじてんリゾート。コブの練習も出来ます。斜度が緩いので、慣れていない方におすすめです。

 

 

雪面より、如実にボディ・ポジションの良し悪しが滑りに出る

 

私はあまりプラスノーやスノーマットでの滑走を積極的にはやっていませんが、

(夏はどちらかと言うとウォータージャンプをします^ ^)

滑りに行った事はあります。

最近は近場のふじてんに行った事がありますが、

思った以上に違和感なく滑れたので「いい練習になるなぁ」と思いました。

 

 

 

サマーゲレンデで滑る時は、雪より抵抗はあるものの、

足を出してエッジングをしようとすると、すぐスッテンコロリンと転倒します。

転倒すると、とても痛いですし、下手すると摩擦で火傷します・・・

 

 

サマーゲレンデで滑る時は、雪の上で滑る時以上に、

「板の上に体をのせて滑る」事が重要になります。

これが出来ていれば難なく滑れるのですが、出来ていないとすぐ転びます。

体の位置が適切で滑れているか、

足の力でなく、重心の移動でターンが出来ているかが如実に表れます。

 

 

 前回の横滑りのテクニックともつながるのですが、

直滑降をする時はもちろんターンをする時にも板の上に体が載り続けている事が必要で、

アイスバーンやプラスノーのような、スリップしやすいコンディションで滑る時は、

より滑走面に垂直に力を加えないと板だけスリップしてしまいます。

 スキー 横滑り 姿勢

 

 

体が板の上にきちんとのっているかをチェックするには、とても適していると思います。

 

プラスノー・スノーマットはどうも上手くいかん・・という方は

体玄塾にご相談ください。

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2017.04.27更新

スキーのポジション・姿勢づくりはおまかせください。

スキーのオフトレーニングは東京・中野の体玄塾で。

カウンセリング受付中!

スノーボーダーもOKです!

 

こんにちは、体玄塾の八巻です。

 今回はこちらの記事の続きです。

スキーでは、どこに体が載っているかが重要ですが、

普段の歩きでそのクセが大体わかります。

前回の記事では、足の上のどこに体が載っているか、、

そして歩いたらそれはどうなるかというお話でしたが、

それについて解説します。

 

歩きのタイプと、スキーのポジションとは?

 

歩く時に両足が着く瞬間に一時停止。

その時に前後に開いた両足には、どう重心がかかっているでしょう?

スキー 歩き 姿勢

体が両足の真ん中に載っていれば、前足のかかと寄りと後足のつま先寄りにそれぞれ載っている感じがします。

スキーだといわゆる「足の上に体がしっかりとのっている」理想の重心位置です。

 

 

では、後足に重心が集中していたら・・・?

スキー 歩き 悪い姿勢

おそらく体はこんな感じで、脚が体に対して先に出てしまう歩き方です。

脚が先に出てしまうので体が遅れ、上半身や骨盤が後傾してしまいます。

こういう歩き方をされる方は、スキーでも板だけ先に行きがちになるのです。

 

前足に重心が集中していたら・・・?

スキー 歩き 悪い姿勢

前足・特につま先寄りに体重が多くかかっていたら、それは体が前過ぎます。

「肩甲骨を寄せる」「骨盤を前傾させる(起こす)」という動作を意識するあまり、

陥りやすい姿勢です。

実際にこのような重心位置になると、このような腰反り姿勢になりやすくなりますが、

多くのスキーヤーがスキーの時にもこの姿勢に陥っています。

スキー 腰反り姿勢

これだと、重心位置としては前過ぎです。歩きや走りとしても、これは”前に倒れながら”進むような進み方になってしまいます。

スキーでも、前に寄りかかるような形で滑っている訳です。

新雪やざらめだと、つんのめってしまいやすくなります。

 

 スキーのポジションは、普段の姿勢が反映される。

スキーの動きは、普段の歩き・走りが反映される。

 

 ”スキーを上達させるには歩きの改善から”

 と言うのには、そんな歩きとスキー動作のリンクがあるからです。

 

オフシーズンには、ぜひ姿勢・歩きのトレーニングで、

苦手動作の把握と改善をして、来シーズンに備えましょう。

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2017.04.10更新

スキーのポジション・姿勢づくりはおまかせください。

スキーのオフトレーニングは東京・中野の体玄塾で。

カウンセリング受付中!

スノーボーダーもOKです!

 

歩きの中で、重心がどこにあるかをチェック!

 

こんにちは、八巻です。

スキーやスノーボードにおいてとっても大事な

「板の上に体をのせる」事。

車がきちんとタイヤの上に載っていないとバランス良く進めないという理屈と同じだというお話をここまでしてきました。

 

ボディを整えてきちんと足の上に載るようにする事が大事であること、

それだけではなく、歩く時に体の位置関係が崩れないように進められることも大事であるとお話しました。

スキー 重心

前回記事 http://www.taigenjuku.com/blog/2017/04/post-288-437347.html

今回は歩く時の重心の位置についてです。

 

歩く時、どこに重心があるか、チェックしてみよう!

 

脚を前後に開いて立ってみてください。

スキー 姿勢

こう立った時に、前足と後足それぞれどのあたりに体重がかかっている感じがあるでしょうか?

(例えば、前足のつま先に体重が多くかかっているなど)

チェックしてみましょう。

 

静止した状態なら、望ましいのは

前足はややかかと寄り・後足はややつま先寄りに体重がかかっている感覚です。

足を開いたその真ん中に体があるので、

そのような感覚になるのでしょう。

 

これが後足か前足どちらか一方に体重が多くかかっていると感じる方はどうなっているかというと・・

後足という方は、スキーの時にはお尻が落ちやすいと思われ、

前足という方はスキーの時に腰を反り過ぎていると思われます。前に体がつんのめっているような感じです。

 

もう一つチェック!

今度は歩いてみて、両足が接地したタイミングで一時停止してみましょう。

これではどうでしょうか?

静止状態では両足に載れていても、動きながらだとどうかのチェックです。

 

これだと前足のつま先に体重がのっちゃう・・・

やはり後足に体重が残っている・・・

それぞれあったと思いますが、

歩きのタイプから、スキーのポジションが見えてきます。

そこから改善点も見えてきますが、そのあたりを続きでお話しますのでお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2017.04.02更新

スキーのポジション・姿勢づくりはお任せください。

スキーのオフトレーニングは東京・中野の体玄塾で。

カウンセリング受付中!

スノーボーダーも大歓迎!

 

体を移動させる≒重心移動

でも、体のどこに重心があるかは、とても重要!

 

前回、重心移動についてのお話をしました。

車で例えて説明しましたが

http://www.taigenjuku.com/blog/2017/03/post-317-434174.html

 

タイヤの上にシャーシ・ボディがしっかり乗り、

それらが一体となって進むことで車自体が移動していく。

これが人間の身体でも同じようになるのが理想ですよという事ですね。

歩き 姿勢 重心

基本的に車の場合はこのような形が崩れる事はありません。

しかし、人の体の場合は、

車で言えばここからボディが後に寄ったり、前に寄ったりという姿勢をしている方が多く、

そんな姿勢のまま歩いたり走ったりしている人が多いのです。

 重心移動 スキー

スキーの場合なら、タイヤが板に変わるだけです。

足の上に体をのせる事がいかに大事な事か、想像がつくでしょう。

 スキー 重心位置 

 

重心位置を整えるにはまず、ボディメイク。もう一つは・・・?

 

人の体でボディをきちんと積む作業というのが、

背骨や骨盤を本来の形に戻すという作業。

いわゆる「姿勢づくり」です。

そして、足だけ先に進んで体が置いてけぼりになっている歩き方や、

体ばかりが前へ進んでしまう歩き方をしていても、

背骨や骨盤は崩れ、重心バランスも崩れてしまいます。

歩き方 重心 

 

左:骨盤や上半身が左足より後にあるのがわかるでしょうか?足が先に出てしまい、体が遅れるとこんな歩きに。

右のように足と体を同じタイミングで進めると、タイヤの上を転がるように体が足の上を進んでいくのだ。

(体玄塾八巻解説記事・月刊スキーグラフィック2013年8月号「正しく立つ・歩くでスキーが変わる・動作力トレーニングのススメ」より抜粋)

 

車のように、ボディとタイヤ(足)が一体となって進める歩き方を身につける事も、

ボディバランスを維持する上で欠かせない要素なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2017.03.27更新

 スキーのポジション・姿勢づくりはお任せください。

スキーのオフトレーニングは東京・中野の体玄塾で。

カウンセリング受付中!

スノーボーダーももちろんOK!

 

スポーツ・スキーに使える”重心移動”を考えてみよう!

こんにちは、八巻です。

今回は前回の流れから、

スキー・その他のスポーツにおける「重心移動」について考えてみたいと思います。

 

”歩く”から重心移動をまず知ろう。

 

 「重心移動」という言葉、聞いた事あるよという人も多いと思います。

スキーやゴルフなど様々なスポーツのテクニック向上において、

最近よく出てくるワードの一つです。

 

スポーツの動作の中で考えると、すごく複雑な感じもしますので、

まずは皆さんが普段から行っている”歩く”という動作で重心移動とはを考えてみましょう。

 

単純に考えれば、「体を移動させること」

重心移動をしっかり説明すると、重心が体のどこにあってというお話もする必要がありますが、

今回はもっと簡単にいきましょう。

 

車で例えてみます。

 重心移動 歩き 

ボディがシャーシの上に載り、その下にタイヤがあります。

進む時はこの位置関係は崩れずに進んでいきます。

 

人間で言えばボディは背骨から上、シャーシは骨盤、そしてタイヤは足と例えられます。

 姿勢 重心 歩き

車の骨格となるボディがゆがむと走りに影響があるのと同様、

人間もボディがゆがんでいると、足へも影響が出てきます。

 

スキーではよく「足(板)の上に体(骨盤)をのせる」と言われますが、

これはタイヤの上にボディ・シャーシをちゃんとのせる事と同じです。

 

車ならタイヤ、スキーなら板が体を進める役割を担います。

そして移動の時は、タイヤやボディがそれぞれ勝手に進むのではなく、

タイヤが転がる事でボディが進むのを助けながら一緒に進みます。

歩きの場合は足が直にその役割を担います。

 

足の上にのった体を、そのまま足の上にのったまま移動していく。

単純なのですが、頭から足まで体全体を進ませる・・これが重心移動の基本です。

 

でも、現代人はこの歩き方が出来ていないのです。

しかし、多くの人はこのような歩きが上手く出来ていません。

ボディがゆがんでいるのもありますが、

ボディだけ先に行ってしまったり、タイヤだけ先に出てしまったりの歩きや走りをしている人がとても多いのです。

これでは重心バランスが崩れ、効率的な歩きが出来ません。

次回にそのあたりのお話をさせていただこうかなと思います。

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2017.03.21更新

究極のオールラウンドスキーヤー

 

こんにちは、八巻です。

先日、フリースタイルスキーの世界選手権モーグル・デュアルモーグルで

日本の堀島行真選手が男子モーグル初の金メダルを獲得したといううれしいニュースから約1週間。

今度はスキー・ハーフパイプの小野塚彩那選手がやはりこの大会日本選手初の金メダルを獲得したとの嬉しいニュースが飛び込んできました。

 

ソチ五輪で銅メダルを獲得し、昨シーズンはW杯の年間女王に輝くなど、

すっかりこの種目の顔になった感もありますが、

小野塚選手は元々アルペンスキーの選手だそうで、また以前には基礎スキーの最高峰・技術選で2位に入った事もある

オールラウンドスキーヤーです。

 小野塚 スキー 

小野塚選手の武器と言えば、高いエアですが、これを生み出すのは

抜群のスキー技術ではないかと私は思います。

 

滑走もエアも、重心の位置が大きなポイントになる!

 

 高いエアを生み出すには、助走のスピードと踏み切りの時の瞬発力が重要だと思いますが、

これらを生み出すにはやはり体をきちんと足の上に乗せ、

重心の位置を適切な位置に常において運動が出来る状態にある事が重要です。

スキー 重心位置スキー 重心位置

解説:総合重心点が足の真上に常にある事で、雪面に対して垂直に・ダイレクトな荷重がかけられる。

すると、滑走時には滑走面に体重がフルにかかる(重い方がスピードが出ますよね?)

そして、ジャンプ時にも雪面に大きな力を加えられる。

 

 

 

姿勢づくりは、スキーの基礎。

基礎が出来ていれば、何でも出来る。

 

小野塚選手に限らず、トップクラスの「上手い」スキーヤーは、

スキー技術以前に、より高いスキー動作をするための基礎的な身体動作要素がしっかりと備わっているように感じます。

特にスキーヤーの場合は、「正しい立位感覚」を養う事が重心位置を最適な位置にキープするために必要ではないかと思います。

正しい姿勢とはどんな姿勢かを知る事と共に、

自分の感覚でそれを感じられるようになる事で、

常にスキーにダイレクトに力を加えられる位置に体を置く事が出来るようになります。

そうすれば、アルペンだろうが基礎だろうがフリースタイルだろうが、

種目を問わず高いパフォーマンス発揮が可能になるのです。

 

小野塚選手は、その事を証明してくれる存在であるように思います。

 

 

 スキーヤー・ボーダーのみなさんも、これは身につけることが可能です。

基礎を磨いて、スキーやスノーボードという”応用”に臨む。

さらなるレベルアップのため、今度のオフは基礎を磨いてみませんか?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2017.03.18更新

こんにちは、八巻です。

 

先日、10年近いお付き合いのクライアントさんが

ハーフマラソンに出場され、自己ベストを5分以上更新したと

ご報告をいただきました。

もう還暦を迎えようかという年齢にもかかわらず

自己ベストの更新は本当に素晴らしいと思いました。

最初に出会った時は外反母趾痛で走る事すらままならなかったので、

本当に頑張ったのだと思います。

 

というわけで、

今回は、何歳からでも健康的により速くランニングが出来るためのお話をしていきましょう。

 

 

前回、スキーで板(足)の上に体をのせるお話をしました。

スキー・板の上に体をのせるお話

結局、足の上に体をのせるという事は「重心を足の上に置く」という事で、

これがスキーの操作性を大きく左右するというお話でした。

スキーにおいて「重心の位置」がどこにあるかは

ある意味スキーの技術以上に、上達のために必要な要素と言えるかもしれません。

 

”重心位置”がどこにあるか?を知る事で、ランニングは大きく変わります。

 ランニング 重心

さて、ランニングやウォーキングでも、「重心の位置」は重要なのでしょうか?

 

答えを言うと、「とても重要」です。

スキー・板の上に体をのせるお話 で、

スキーで重心位置が悪いと荷重が弱り、足をより使うようになるので、

結果足が疲れやすくなったり、筋肉が太くなったりすると書きました。

これはランニングはもちろん、ウォーキングでも同様で、

歩く時に体の重心位置が悪いと体はより進みにくくなります。

すると筋肉がより働かなくてはならないので、

疲れやすく、また傷みやすいのです。

 

重心の位置が良くないと、ランニングではまず故障のリスクが高くなるのです。

ですからランニングをするにあたってもスキー同様、

重心位置の最適化→姿勢の改善」が必要と言えます。

 

 

ランニングでは「体をのせる」ではなく、「足の上で体を移動させる」

 

もちろん走って前に進むためにも、

重心の位置は重要です。

しかし、スキーの場合とちょっと捉え方が変わってきます。

 

スキーは板(足)の上に体をのせたままでも、

斜面の上に板を履いている事で勝手に滑り出す事が出来ますが、

ランニングやウォーキングだと、足の上に体をのせるだけでは、

前に進むことは出来ません。

「足の上で体を移動させる」ような感覚が必要になってきます。

ランニング 重心移動

カラダを右の図のように水平に移動させて、

前に進む感覚がランニングやウォーキングには必要となります。

(赤は重心点)

 

スキーの場合では、ターン動作の時にこの感覚に近い感覚が必要になります。

よく言う重心移動とは、こんなものだと捉えていただければいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2017.03.08更新

こんにちは、八巻です。

前回、体玄塾のトレーニングは

カラダのケアとスキー上達が両立する

一石二鳥のトレーニングというお話をしました。

体玄塾の姿勢改善をおすすめしたいスキーヤー”女性スキーヤー”

(カラダのケアとは、肩こり・外反母趾などの改善やシェイプアップなどを指します)

 

スポーツの上達と、ボディケアは両立するのか?

ではなぜ、姿勢改善をすると

スポーツの上達と美容健康が両立するのでしょうか?

 

 

スキーやスノーボードをしていると、

だんだん体が疲れてくると思います。

その時、どこが疲れてくるでしょうか?

あとは、どの位で疲れてくるでしょうか?

 

腰や膝が疲れる・痛くなるという方、

太ももの前が集中して疲れてくるという方、

こんな方は要注意!

 

体の位置が良くない可能性が高いです。

 

体の位置”重心位置”で、筋肉の使われ方が変わってくる!

 スキーではよく「足の上に体をのせろ」と言われますが、

通常の姿勢・歩きでも実は同じで、足の上に体を位置させる事がとても重要です。

スキー 姿勢改善

例えばこんな姿勢だった時、骨格は安定しているので

筋肉(特に脚部)はあまり体を支える力が強くなくていいのですが、

(前後の筋肉がバランス良く力を発揮している)

スキー 姿勢改善 重心

例えばこんな姿勢だと、体の乗っている位置が悪く、

その結果脚の筋肉も使われるところが偏ってきます。

体を支えるために、既に赤いところを使ってしまうのですね。

(ここは常に使われている。だから疲れやすいし、太くなる)

 

 なので、重心位置が悪いままスキーをしていると

スキーの操作性が上がらないだけでなく、

疲れ方も早く、そして太ももやふくらはぎが太くなったり、

腰が痛くなったりというデメリットが出てくるのです。

 

スキー 重心位置

逆に重心位置が良くなれば、それらの問題は一気に解決するという訳です。

だからスキーにおいて「姿勢の改善・正しい姿勢の把握」は

最も大切なテーマと言えるのです。

 

私は毎週モーグルコースを20本以上滑っていますが、

疲れが出てくるのがだいぶ遅くなり、

脚も前後がバランス良く疲労するといった感じです。

以前は太ももの前が集中してもっと早く疲れていました。

今の方がもちろんパフォーマンスも上がっています。

 

みなさんも、どこが疲れるかチェックしてみてください。

 

 

スキー重心位置の最適化で、得られるメリット

その1・スキー操作性の安定

その2・疲労の軽減

その3・均整の取れたカラダづくり

 

 

 

 

 

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2016.11.14更新

重心移動を正しく理解・会得した者がスキー・スポーツを制す!

 

イントラ・指導者も正しく理解していない?!重心移動と体重移動の違いとは?

 

スキー動作で重要なワードの一つ・「重心移動」

しかし、重心移動と体重移動がごっちゃになってしまっている事も多く、

正しく理解出来ている人は指導者でも少ないと思います。

 

という訳で今回は体重移動との違いを私なりにお話いたします。



そもそも、重心はどこにある?

重心は、体に限らず全ての物体にもある質量の中心と言えばいいでしょうか。

人の体では、へそ下のあたりにあると言われます。

 

骨格イメージ

足の上に体がのったとき、
体の質量は脚を通じて真っ直ぐ地面に伝わります。
重心は安定し、バランスがとりやすくなります。
立った時に、足の上に体がきちんとのれば、その状態になります。

 

歩きは、重心移動の基礎練習。でも・・・ 


前に進む時も、足の上から体がはみ出さないように進めれば、姿勢は崩れないのですが、
そこで「重心」を移動させることで進むと、それが可能になります。


重心移動のイメージその1

進むとき、骨盤から上の上下動は無く、水平に進む

 重心移動 歩き

重心が足の上に載った状態をキープしたまま、
水平に移動していきます。
この時、体には前へ進むエネルギーが生じます。
しかし、前進しながら上下動をしてしまうと、
前へのエネルギーは発生しませんので、自分の力で進まなくてはなりません。

 

しかし、現状このように歩けている人はごく少数で、

ほとんどの人は重心の位置が悪いまま脚の力を最大限に利用して、

脚の力で無理やり重心移動をさせています。

 


重心移動と、体重移動の違いとは?

 

ここで重心移動と、多くの人がしている「体重移動」の違いを、図で表してみましょう。


足の上にのっている物体。
この物体そのものを足の上で動かすのが体重移動(左)、
物体は足の上にのったまま、
中にある重りが前後左右に移動しているような感じが重心移動(右)
と思ってもらえればわかりやすいかと思います。

スキー 重心移動 体重移動
左のような状態は、骨盤が足の上から前後左右に落ちようとしているのを
想像していただければいいでしょう。
こうなった時、重心位置はすでに悪くなってしまっています。

「重心移動」をするには、足の上に物体そのものはのせ続けている事が前提です。

 

 

 

左のような形になると、足へかかる荷重のバランスが悪くなります。

重心 骨格

歩く時に腰やお腹のあたりが足先より出ている腰反りは、まさにそんな感じです。
体が前へ移動し、足の上に体重がのり過ぎてしまい、足のアーチをつぶします。

 

体は足の上にとどめておき、
重りを移動させながら進む「重心移動」は、スポーツにおいてはパワー・スピードの面でかなり有利ですし、

外反母趾など健康の面でもぜひとも身につけたいテクニックなのです。

 

スキーブーツの中で足が痛くなる人や

マラソン・ジョギングなどで足が痛くなる人もここを見直すと改善するでしょう。

 

スキーヤーの姿勢改善・ボディケアから、競技動作改善まで、

 

幅広くサポートいたします。

パーソナルトレーニングはオフシーズン・オンシーズン問わず受付中!

無料体験も出来ます。一度姿勢・ゆがみのチェックをしてみてください。

http://www.taigenjuku.com/free_trial/

 

ゲレンデでのレッスンも開催予定です。

ゲレンデレッスンにご興味のある方はこちら

http://www.dousaryoku.com/winterski

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー