八巻としひでの
WEBカラダ改善塾

2017.03.20更新

こんにちは、八巻です。

今日は体の話題からちょっと外れますが、

物事を成功させるために必要な心構えについてのお話です。

 

 

押切もえさんはなぜ嫌われるのか?

 

先日、ネットでこんなタイトルの記事を読みました。

https://citrus-net.jp/article/19918

 

語られるエピソードやリアクションが噓くさく、

それがとても鼻につくという事なのでしょうか。

 

「謙遜」ではなく、「本音」ではないか?

 

「二科展に二年連続入選」「文壇デビュー作が山本周五郎賞にノミネート」「『野球選手の栄養と食事』という本で勉強」

「自宅でくつろぐ写真なのにいちいちオシャレ」など、すべてが事実であるにも関わらず、まるで現実感がない。マンガに登場するヒロインのプロフィールのようなのだ。


また、押切の場合はエピソードにとどまらず、リアクションまで嘘クサかった。怒涛のような“すごい話”に、

会場からは「すごーい」と感嘆の声が上がったのだが、こともあろうに押切は顔の前で大きく手を横に振りながら「ぜんぜんすごくないですよー」と否定した。しまいには「不器用の集大成です」とまで言い切る始末。

 

この記事を読んで思い出すのが、

押切さんと同じモデルなどのスタイルがいいタレントさんに

「スタイル維持の秘訣は?」と聞くと

「いえ、特に何もしていませんよ。」という答えがよく聞かれる事。

 

それを聞いて「そんなわけない、絶対している」と普通の人は思いますよね。

 

成功する人は、「やっている・出来ている」のレベルが違うのでは?

 

プロ野球で2013年に24勝0敗という驚異的な成績を残した当時楽天の田中将大投手も

その年の日本シリーズで初めて敗戦投手になった後、

「まだまだ自分も下手くそという事です」というコメントを残しました。

 

私がこれらのコメントを聞いて思うのは、

そもそも、一般の人が「やっている・出来ている」というレベルは、

一流の成功者にとっては「やっていない・出来ていない」レベルなのかもしれないという事。

 

周囲の人から見れば現状も十分すごいと思うのだが、

本人にしてみればその現状には満足していない。

他の人が満足するレベルでも満足せず努力を続けるから、さらに力を付け

トップになれるのでしょうね。

そう考えれば、押切さんの「ぜんぜんすごくないですよ~」や「不器用の集大成です」は

自分をそのように正直に評価をした

嘘偽りのない本音と考えることも出来るのではないでしょうか?

 

 

実際このような人たちとは逆に、

すごく自信満々だったり横柄な態度をとるような人

(私の業界だとコーチ・イントラ・トレーナー)は、大概大した事が無かったりします。

また、トレーニングを教えていても、結果が出ずくすぶってきたスポーツ選手などは

自分の能力を過大評価し、「やった・出来た」のレベルがすごく低いのです。

 

 

 

才能の面でも一流になる人は恵まれていると言えますが、

結果が出る人とそうでない人の差は、「やった・出来た」の設定をどこに設定しているかの差が大きいのではないかと思います。

それを高く設定している人が、スポーツ上達や体づくり・仕事でも大きな成果を残せるのではないでしょうか?

 

 

私自身も肝に銘じて・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2017.03.09更新

こんにちは、八巻です。

 

昨日の夜にとてもうれしいニュースがありました。

WBCではありません。

その裏番組でやっていた、

「フリースタイルスキー世界選手権」の男子モーグルで、

日本の堀島行真選手が初出場で何と金メダルを獲得しました。

 

女子では上村愛子選手が2009年の猪苗代大会で金メダルを獲得していますが、

男子はこれまで附田選手・西選手の銀メダルが最高だったので

五輪も併せて史上初の金メダルです。

 

予選を1位で通過し、準決勝が2位通過だったのがよかったのかもしれません。

決勝で会心の滑りをして、最後は今や絶対王者・キングズベリー。

ミスをほとんどしない王者なので、さすがに金はと思って観ていましたが、

あまりの堀島選手の滑りに、さすがの王者も焦ったのでしょうか、

第二エア着地でミス!

この瞬間に歴史的快挙を確信しました。

 

上村愛子選手の引退以来、あまりニュースの無かったモーグル界でしたが、

19歳のニュースター候補の誕生は、今後に期待が膨らむ

明るいニュースでした。

このまま絶対王者ミカエル・キングスベリーのライバルにと

期待したいと思います。

 

 

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2017.02.13更新

こんにちは、八巻です。

今回は前回の記事でお話した「上半身と下半身をひねる」動作についてです。

上半身と下半身が別に動いている感覚が出てきて、

コブの中での重心・板の操作性が増したというお話をしました。

 

みなさん、普段、手と足を別に動かして歩けていますか?

 

人が歩くとき、腕脚はどう連動して動くでしょうか・・

右腕が前に振られた時、左脚が前へ振り出されますよね?

こうして常に左半身と右半身は非対称の動きをして前へ進みます。

 歩き方 体玄塾

しかし多くの人は、見た目こそ振り出された腕と反対の脚が出ていますが、

実は”本当の意味では腕と脚が一緒に出ている”人がとても多いのです。

 

腕は、肩から振るものではなく、”体幹”から動かすもの

 

ウォーキング教室などで、よく肩から一生懸命腕を振らせているのを見ますが、

腕は肩から振るのではありません。かといって、肩甲骨から動かす訳でもありません。

実は”背骨”から動かすのです。

背骨・とりわけ胸椎という胸のあたりの背骨が中心になり、

それが回旋することで肩の位置が前後に移動するだけの事です。

感覚としては、上半身をみぞおちの辺りから上下に分け、反対方向にひねる事で、

腕振り・足振りのエネルギーが生み出されるのです。

 歩き メカニズム

みぞおち辺りを境に、上半分がツイストされている

これがウォーキングの腕振りの本質なのだ!

 

この「ひねる」動作に左右差があったり、不具合があったりすると、

体のゆがみの原因になってスポーツのパフォーマンス発揮に影響が出たり、

体のトラブルの原因になったりしているようです。

スキー ツイスト動作

スキーの場合は、下半分が回るが、回るところは同じ。

ペットボトルのふたを開ける時、普通はボトルを固定するが、ふたを固定してボトルを回しても開けることは出来ます。

これと原理は同じですね!

 

40代になってなお、スキーが上達し、滑っていても痛いところも出ないのは、

こういうところからしっかり体をケアしているからこそだと自負しています。

ですから同じ喜びを皆さんにもシェアしたいのです。

 

 

 

 

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2017.02.10更新

こんにちは、八巻です。

今週も週1のスキーのトレーニングに行ってきました。

体玄塾スタッフのメインゲレンデとなっている新潟・湯沢のナスパスキーガーデン。

今や貴重となったスキーヤーオンリーのスキー場です。

ナスパスキーガーデン 

いつも平日に行くとほとんど貸切状態なのですが、ここのコースに行くといつも練習している女の子がいます。

今は小学生高学年か中学生位だと思いますが、小さい頃からよく滑っているのを見かけていました。

その子が日曜日にA級公認大会で優勝したそうです。

今後がすごく楽しみです。

 

 

 

 

天候との兼ね合いもあり、今シーズンここで滑るのは初めてでした。

ここにはB級公認大会仕様のモーグルコースが常設されており、リフトが隣に架かっているので効率の良い練習が出来ます。

大体6分に1本滑れるかなというペースなので、半日滑ると結構くたびれます。

 

いつものゲレンデで、自分の進化を確かめる

 

今シーズンは入りから体のポジションが良く、コブの中での安定感が増した感があるのですが、

いつも滑っていたナスパのゲレンデに来ると昨年との動きの違いがすごくわかりやすく感じました。

 昨年と今年、違いを見ると・・(YouTube)

 

 

膝が離れにくくなったのはもちろんですが、

すごく感じたのは上半身と下半身が別に回ってくれる感があるという事。

動画を見てみると、これにより体と板が一緒に走っていく様子がわかりました。

板にしっかり乗っていると、板の落としもしっかりと行われます。

 スキー 先落とし

スキーには必要だと改めて感じたけれど、

上半身と下半身をひねるという動作、意外と出来ないのです!

 

モーグルキャンプなどで、ストックを地面と平行にして持って滑る練習をする事があります。

これをやるとコブの中で途端に滑れなくなってしまう人が多いですが(私もそう)、

これは上半身と下半身をひねる動作が左右とも出来ないとなかなか上手く滑れないのです。

しかしこの動作が出来るようになると、その練習をやる意味がよくわかります。

でもこのひねり動作自体が出来ない人は、この練習が出来ないので、その前にこの動作自体をトレーニングしておく必要があります。

雪に上がる前の段階「歩く」という動作に、そもそも入っていない事が多いからです。

歩くや走るでも、この動作は本来必要なのですが、インプットされていない人が多いのが現状です。

 

 

 

また次回にそのひねり動作について詳しく解説をしていきますね。

 

WEBカラダ改善塾・動画版もご覧ください

WEBカラダ改善塾

 

 

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2017.01.30更新

こんにちは、体玄塾の八巻です。

今週は友人とその息子さんと小海のモーグルコースで滑って来ました。

 

体玄塾 スキー 子供

第二エアでの華麗なジャンプ!

 

 

目指せ、全日本モーグル!

 

友人の息子さんは今8歳で、私のモーグル仲間であるお父さんの影響もあり、

コブ斜面を滑る事が大好きなようです。

今回は初めてモーグルコースのエア台にもチャレンジしたのですが、

すごく吸収が早い!

 

このスキー場の上部にある、普通の子なら泣きべそをかきそうな30度超えの斜面も何の躊躇もなく降りていきますし、

このジャンプ台も飛び方をちょっとアドバイスしてあげるとこんなに高く飛んでしまいました。

この子には恐怖心というのは無いのだろうかと思う場面が多々ありました。

 

コブ斜面を暴走!https://youtu.be/Jh3X7iK_fig

 

そしてこのコースをローテーションし、終了時間まで結局滑っていました。

前日も別のところで滑っていたそうですが、その疲れも見せず、

私が時間が取れたからと連絡するととても楽しみにして、宿題も金曜のうちに終わらせてしまったとか。

本当にスキーが好きなんだなと思います。

今後の練習環境にもよりますが、知り合いの子という事を差し引いても、

中学・高校生位になったらどの位になるか楽しみになる逸材です。

 

 

 

”感じる”というセンス

 

実はこの子は先日、恐竜の化石発掘体験で化石を掘り当て、

「恐竜の化石を見つけた小学生」としてテレビなどでも取り上げられた子なのですが、

その片鱗はスキーを一緒に滑っていても感じていました。

すごく観察眼が優れているのです。

子供なりに「次こうやってみようかな?」と考えているような感じもしますし、

真似をするのが上手ですね。

お父さんはいろいろ言葉を交えながら教えていましたが、

ゼスチャーで「こうだよ!」ってやって見せるだけでもこの子は充分じゃないかなと思いました。

こういう観察眼を持っている事も一つのセンスじゃないかと思うのです。

こういう資質って、指導しても教えられる事ではないので、

それを持っている事も上達の大きな武器になる「センス」ではないかと思います。

 

 

あとはその前提として、好きであるという事。

それが何よりの上達のためのエネルギーになるのでしょう。

 

 

体の動かし方といった身体的才能は、体玄塾で補う事が出来ます。

スキーの他にもかけっこが速くなりたいといったご要望で

子供さんのパーソナルトレーニングも受付ておりますので、

ご相談ください。

 

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2017.01.05更新

かぐら ゲレンデ

年末26日のかぐらゲレンデの様子です。

この日は一人でコソ練でしたがなかなかコンディションもよく、気持ちよく滑れました。

 

このかぐらスキー場位上に上がるとまずまずのコンディションのようですが、

苗場や湯沢のベースエリアになるとだいぶ雪が不足しているようで・・・

体玄塾のスタッフがいつも滑っている「NASPAスキーガーデン」はオープンこそしていますが、

お目当てのモーグルコースが今季は未だにオープンに至らずのようで・・・

お隣の神立高原に昨年モーグルスクールが新たに出来たので、

それでモーグラーがそちらに流れて廃れていかなければと思うところですが・・・。

何しろナスパはモーグルコースの隣にリフトがあるので、

ナスパ モーグルコース

滑走本数を稼げるのでたくさん練習が出来るんです。

 

神立以外のモーグルコースはお正月が終わってもまだオープン出来ていない様子。

昨年の事もあったので、今季こそと期待は大きかったと思いますが、意外と暖かい日が続いて結局雪不足とは残念ですね。

でも、今日は結構雪が降っているようなので、今後に期待ですね。

 

お正月休みには滑らなかったので、次の休みが待ち遠しいです。

 

 

スキーが上達しないのは、

もしかすると、あなたのその姿勢が原因では・・・?

 

姿勢が悪いと、板の上に適切に体が載らず、スキーは思うように動いてくれません!

スキーヤーの姿勢改善から、上達はもちろん、腰痛膝痛などのトラブル改善まで

幅広くサポートいたします。

パーソナルトレーニングはオフシーズン・オンシーズン問わず受付中!

無料体験も出来ます。一度姿勢・ゆがみのチェックをしてみてください。

http://www.taigenjuku.com/free_trial/

 

 

2017シーズン・ゲレンデでのレッスンも開催予定です。

ゲレンデで姿勢・体のアライメント調整も行いながらの新感覚スキースクールや、

コブ初心者・苦手な方限定のコブレッスンも企画しています。

詳細はこちら(八巻としひで管理サイト)

http://www.dousaryoku.com/2017ski

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2016.12.21更新

こんにちは、体玄塾の八巻です。

 

月曜日、新潟のかぐらスキー場に行って来ました。

今シーズンの初滑りをしてきました。

かぐら スキー

午後は雲が出て来ましたが、向かいの山はキレイでしたよ。

 

 今回は、パーソナルトレーニングを5年以上前から受けてくださっているご夫婦とご一緒させていただきました。

ご一緒するのは3年ぶり位なのですが、その間にお二人とも確実に上達をされていました。

 

私は普段オフの期間のトレーニングしか診ていませんが、体の使い方や姿勢の上達がスキーの上達に確実に表れていました。

今オフ特に奥様の姿勢や歩き方が上達したと感じていたのですが、スキーもずいぶん以前より良くなったなと感じました。

ご主人様もこの間テクニカルに合格された事もあり、より安定感を増した滑りになっていました。

私もお二人とは同世代なので、とても刺激になります。

 

 

さて、自分の初滑りです。

「足の上に体をのせる」事はすぐ出来ましたが、

このオフは全く板に乗っていなかったので、

体が動きませんね・・・・

上半身と下半身がバラバラ・・・

 

意識的に上半身をひねるタイミングや、外向傾姿勢のとり方など、

体を載せる形を試してみました。

「こうするとこうなる」という、また新たな発見もありました。

 

スキー場で発見したことがスキーに活きるだけでなく、

普段の姿勢・歩き方指導にも実は結構活かされているんですよ!

 

その位、普段の姿勢・歩きの動作とスポーツ動作には一致点が多いんです。

 

 

 

スキーが上達しないのは、

もしかすると、あなたのその姿勢が原因では・・・?

 

姿勢が悪いと、板の上に適切に体が載らず、スキーは思うように動いてくれません!

スキーヤーの姿勢改善から、上達はもちろん、腰痛膝痛などのトラブル改善まで

幅広くサポートいたします。

パーソナルトレーニングはオフシーズン・オンシーズン問わず受付中!

無料体験も出来ます。一度姿勢・ゆがみのチェックをしてみてください。

http://www.taigenjuku.com/free_trial/

 

 

2017シーズン・ゲレンデでのレッスンも開催予定です。

ゲレンデで姿勢・体のアライメント調整も行いながらの新感覚スキースクールや、

コブ初心者・苦手な方限定のコブレッスンも企画しています。

詳細はこちら(八巻としひで管理サイト)

http://www.dousaryoku.com/2017ski

 

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー