40代からの
スキー&スポーツ上達法

2016.10.30更新

こんにちは、体玄塾の八巻です。

前回の記事では、間違った骨盤前傾が腰痛を誘発するというお話をしました。

http://www.taigenjuku.com/blog/2016/10/post-244-344729.html

 

前回も言いましたが、骨盤は前傾しているかどうかではなく、

脚に対してどこに載っているかが問題です。

骨盤が載っている位置が悪いままなら、

前傾か後傾かなど、どちらでもいいのです。

 

みなさんがしている骨盤前傾では、骨盤はまだ後のままです!

 骨盤前傾 正しいイメージ

正しい骨盤の載せ方と、違う場合を前回同様ブロックで表現してみました。

正しい骨格で、いわゆる「脚の上に骨盤が載る」状態というのは、

一番左の状態です。

対して真ん中はスキーをしていると暴走しやすいポジションの

「後傾姿勢」です。

こうなるとスキーの操作性が悪くなる事はご存知だと思いますが、

ここで修正する姿勢がみなさん右になってしまっているのです。

しかし、このイラストをみると・・・

骨盤は真ん中の時と位置は後のままですね!

代わりに腰椎が前へ大きく出ています。

 

確かに重心は前へ移るが・・・

スキー 腰反り姿勢

右のような「間違った骨盤前傾」をすると、こんな骨格で滑るような感じです。

骨盤は後(よく言う「出っ尻」)のままで、

上半身が前に倒れて、全体の重心位置を合わせている感じです。

 

これでも、おおまかに「脚の上に体を載せる」事は出来ますが、

パフォーマンス的には正しく載せた時には及びません。

 

どういう点で及ばないのかのお話は次回へ続きます。

 

 

スキーヤーの姿勢改善・ボディケアから、競技動作改善まで、

幅広くサポートいたします。

パーソナルトレーニングはオフシーズン・オンシーズン問わず受付中!

無料体験も出来ます。一度姿勢・ゆがみのチェックをしてみてください。

http://www.taigenjuku.com/free_trial/

 

ゲレンデでのレッスンも開催予定です。

ゲレンデレッスンにご興味のある方はこちら

http://www.dousaryoku.com/winterski

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2016.10.28更新

こんにちは、体玄塾の八巻です。

 

骨盤を起こす動作・前傾動作について前回までお話してきました。

スキーの基本ポジションをとるときに、

多くのスキーヤーが骨盤の前傾を意識するあまり、

腰が反っているというお話などをしました。

 

そもそも骨盤は前傾しているかどうかが重要なのではなく、

脚に対してどこに載っているのかが重要なのです。

 

カラダをブロックで表現したときの、積み上げイメージは・・・

 

真っ直ぐ立った時の骨格のイメージはこんな感じです。

骨格 イラスト

これを、ブロックで説明すると、こんなイメージ。

骨格 ブロック イメージ

 きちんと足から頭まで順番にブロックを積み上げている、

そんなイメージですね。

ちゃんとバランスよく積まれているので、

安定しているなと想像が出来ますね。

これだと実際にも、骨格を支えている筋肉にも負担は少なく済みます。

 

対して、腰反りの立ち姿勢のブロックはこんな感じでしょうか?

骨格 ブロック 不良姿勢

(赤で示してある下側=お尻・骨盤です。)

骨盤は足に対してちょっと後にあり、

そして骨盤の上のブロック(=お腹・腰の部分)が骨盤に対し大きく前に出ています。

この積み方だと、上のブロックに比べてすごく不安定な感じがしますよね?

必死に骨盤前傾を意識していたとしても、

結果はこのような姿勢なのです。

 

カラダでこの状態が起こると何が起こるか?

 

こんな不安定な姿勢でカラダを保持するとなると、

カラダはどうなるか?

ひとつは”支えている筋肉に負担がかかる”という事。

 

今にも崩れそうなブロックを支えているのは、

体では筋肉です。

特に、安定感の無さそうな腰回りの筋肉はきっと常に緊張していないと、

崩れてしまいそうですよね?

こんな風に常に腰の周りの筋肉に仕事をさせ続けているので、

腰が痛くなるのです。

 

そしてもう一つは、”関節に負担をかける”という事。

 

積み上がりの悪い状態で関節の曲げ伸ばしをすると、

関節への負荷のかかり方が悪くなります。

そんな動作を続けると、徐々に関節を傷めていきます。

怪我もしやすくなります。

 

このような不安定な姿勢で滑り続けていると考えると、

直した方がよさそうだなと感じたかもしれません。

次もこの姿勢についてのお話・テクニック編をしていこうと思います。

 

 

 

スキーの障害予防・カラダケアなら体玄塾

現役のスキーヤーが怪我をしにくい体の組み立て方・体の動かし方をトレーニングいたします。

壊れてしまった方も、やはり現役スキーヤーが担当するカイロプラクティックがございますので、

ご相談ください。

スキーヤーのカラダケア・コンディショニング・オフトレーニングは

東京・中野の体玄塾で。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

2016.10.06更新

「足の上に体を載せるには?」 ~スキーヤーが抱える課題の改善法とは?~

 

体玄塾の八巻です。

スキーでよく言われるのが

「足の上に体を載せて!」というワード。

実際にスキーの操作性アップの為には欠かせません。

しかし、わかってはいるけどうまくいかないという方も多いですし、

載せられない生徒さんにどう教えればいいかわからないという先生も多いのでは?

今回は、足の上に体を載せるために一番確実な方法についてお話します。

 

正しく骨格を積むと、重心位置は最適に。

 

骨格 重心位置

赤い○で示したところに、重心があると考えてください。
イラストの右のように、きちんと骨格が積まれて立つと、足に対して真っ直ぐ体重がかかります。
対して、姿勢が崩れていると、重心は後へ移動してしまい、足に対して真っ直ぐかかる体重が軽くなってしまいます。

 

重心がどこにあるかで、スキーの操作性は大きく左右される

 

これがスキーの姿勢で表すと、理想はこんな形


スキー 姿勢 骨格

立っている時と同じく、骨格が足の上に積まれていると、足に対して真っ直ぐかかります。
(右はクラウチング姿勢のイメージ:左の姿勢を基に、上半身を丸める)

 

 

しかし、私のかつての姿勢は骨盤が後傾して、
特にコブを滑ると姿勢が乱れ、暴走していました。

滑走姿勢 悪い

こんな姿勢になった途端に、重心位置が後へ行ってしまいますので、
板を通じて雪面にかかる荷重が減ってしまいます。
それでコントロールが難しくなってしまうのです。

 

普段から姿勢が悪いと、当然ながら・・・


板の上で正しい姿勢をとることが、スキーの操作性を上げることにつながります。
しかし、普段から姿勢が悪い人が板の上で正しいポジションをとることは、
困難です。
まずは日常から姿勢を意識することが大切になってくると思います。

 

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー