40代からの
スキー&スポーツ上達法

2016.11.14更新

重心移動を正しく理解・会得した者がスキー・スポーツを制す!

 

イントラ・指導者も正しく理解していない?!重心移動と体重移動の違いとは?

 

スキー動作で重要なワードの一つ・「重心移動」

しかし、重心移動と体重移動がごっちゃになってしまっている事も多く、

正しく理解出来ている人は指導者でも少ないと思います。

 

という訳で今回は体重移動との違いを私なりにお話いたします。



そもそも、重心はどこにある?

重心は、体に限らず全ての物体にもある質量の中心と言えばいいでしょうか。

人の体では、へそ下のあたりにあると言われます。

 

骨格イメージ

足の上に体がのったとき、
体の質量は脚を通じて真っ直ぐ地面に伝わります。
重心は安定し、バランスがとりやすくなります。
立った時に、足の上に体がきちんとのれば、その状態になります。

 

歩きは、重心移動の基礎練習。でも・・・ 


前に進む時も、足の上から体がはみ出さないように進めれば、姿勢は崩れないのですが、
そこで「重心」を移動させることで進むと、それが可能になります。


重心移動のイメージその1

進むとき、骨盤から上の上下動は無く、水平に進む

 重心移動 歩き

重心が足の上に載った状態をキープしたまま、
水平に移動していきます。
この時、体には前へ進むエネルギーが生じます。
しかし、前進しながら上下動をしてしまうと、
前へのエネルギーは発生しませんので、自分の力で進まなくてはなりません。

 

しかし、現状このように歩けている人はごく少数で、

ほとんどの人は重心の位置が悪いまま脚の力を最大限に利用して、

脚の力で無理やり重心移動をさせています。

 


重心移動と、体重移動の違いとは?

 

ここで重心移動と、多くの人がしている「体重移動」の違いを、図で表してみましょう。


足の上にのっている物体。
この物体そのものを足の上で動かすのが体重移動(左)、
物体は足の上にのったまま、
中にある重りが前後左右に移動しているような感じが重心移動(右)
と思ってもらえればわかりやすいかと思います。

スキー 重心移動 体重移動
左のような状態は、骨盤が足の上から前後左右に落ちようとしているのを
想像していただければいいでしょう。
こうなった時、重心位置はすでに悪くなってしまっています。

「重心移動」をするには、足の上に物体そのものはのせ続けている事が前提です。

 

 

 

左のような形になると、足へかかる荷重のバランスが悪くなります。

重心 骨格

歩く時に腰やお腹のあたりが足先より出ている腰反りは、まさにそんな感じです。
体が前へ移動し、足の上に体重がのり過ぎてしまい、足のアーチをつぶします。

 

体は足の上にとどめておき、
重りを移動させながら進む「重心移動」は、スポーツにおいてはパワー・スピードの面でかなり有利ですし、

外反母趾など健康の面でもぜひとも身につけたいテクニックなのです。

 

スキーブーツの中で足が痛くなる人や

マラソン・ジョギングなどで足が痛くなる人もここを見直すと改善するでしょう。

 

スキーヤーの姿勢改善・ボディケアから、競技動作改善まで、

 

幅広くサポートいたします。

パーソナルトレーニングはオフシーズン・オンシーズン問わず受付中!

無料体験も出来ます。一度姿勢・ゆがみのチェックをしてみてください。

http://www.taigenjuku.com/free_trial/

 

ゲレンデでのレッスンも開催予定です。

ゲレンデレッスンにご興味のある方はこちら

http://www.dousaryoku.com/winterski

 

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー