パーソナルトレーナー南部剛の
レッグスカルプチャー

2017.07.28更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

猫背などを矯正する前に、大切なのが日常生活です。

 

姿勢などをまっすぐ保っておきたいのであれば普段からあまり体を崩さないようにしてみて下さい。あまり意識しすぎて体を固めるのも違いますが、、、

 

当たり前ですが、体を良いところに矯正したとしても普段から崩れて座っていたら体は崩れていってしまいます。

最初は、崩れているかどうかもわからない場合もありますが慣れると、今崩れたなーとかどっちに崩れているとかがなんとなくわかってきます。

それらを把握したうえで、姿勢矯正やトレーニングなども行っていければ猫背改善などもスムーズにいきやすくなります。

 

日ごろのちょっとした事ですが、これが実は大事だったりしますpue

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.07.27更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

今回は、脚やせの為にジムに行くと推奨されるエクササイズのレッグプレスについて書いていきます。

ジムなどでは、スクワットの代わりにこのトレーニングを案内されることが多いです。

下半身痩せしたいという方が来たらこのメニューを案内するようにとマニュアルが決まっているジムも多いようですね。

 

ですが、このトレーニングにも脚を太くする要素が詰まっていますbibibi

特に、図1のような動かし方をしている場合には脚を太くするやり方になりますので注意してください。姿勢が悪い(猫背、反り腰)とこの動かし方になりやすいです。

gazou図1

注意する点としては、まず足裏でシートを押さないようにする必要があります。この動作の場合腰でシートを押す形になりますので腰痛などがある方には危険です。

 

ではどんな動作で動かせばよいのかを図2に表しました。

gazou 図2

この矢印のイメージで動かせるようになると、良いトレーニングになるのですが、、、なかなか難しいです。

 

スクワットなども図1のように動くスクワットでは脚を太くしますので注意してください笑う

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.07.13更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

世間一般では、体が柔らかい=体がしなやかに動ききれいな体(良い姿勢)になりやすいといったイメージがあるみたいですね。

 

反対に、体がかたいと良くないといった風潮があると思います。

まあ、あまりかたいのもよくないのですが、、、ただ柔らかいのも考えものです、、、

 

体が柔らかくても姿勢が悪くあまり体のラインがきれいでない人は沢山います。

逆に柔らかすぎるせいでうまく体を支えられず体に負担をかけている人も多くいますen

 

なんの為に体を柔らかくしていくかを考えるべきですhun

柔らかくなれば、体が良くなると思い込んでいるだけではないでしょうか?

 

姿勢を良くしたい、脚やせをしたい、O脚を改善していきたいなどの場合、開脚がひろがるとかひろがらないなどは、ほとんど関係しない要素ですので注意してくださいpue

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.07.06更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

スポーツジムなどで、脚を鍛えるのにレッグエクステンションなどのマシンがあります。

このマシンなどもいろいろ考えてやる必要があります。

 

特に、もともと姿勢が悪い人などは気をつけた方がいいですし

膝痛の人は、もっと悪くする危険性もあると思います。

 

悪いやり方は膝を過剰に伸ばす原因になりますしそれによってO脚、ふくらはぎの肥大、膝痛などにも発展していきますbird

良かれと思ったことが悪い結果を出すことも十分あります。

 

気をつけてトレーニングしてみてくださいni

投稿者: 体玄塾 南部 剛

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー