パーソナルトレーナー南部剛の
レッグスカルプチャー

2018.02.08更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

脚が痩せたい人は、太い脚に意識を向けがちですが、、、他にも目を向けるべきことが沢山ありますabon

 

【脚が太い人の共通した特徴】

人それぞれに、個性があるように、脚が太くなるのにも人それぞれ理由があります。

そのなかで、共通した体の特徴などはありますのであげてみたいと思います。

 

1、太もも前側と外側のツッパリ感や緊張感

2、膝の過伸展(反張膝)

3、足首周りのつまり

4、お尻のコリ

5、足裏のマメ

6、足の崩れ(外反母趾、偏平足)

7、反り腰

 

まだ、沢山ありますがどの程度当てはまるかによって、改善のしやすさが変わってきます。多いほどハードルは高くなります。

 

【歩き方と姿勢】

上にあげたものを、解決する為には、歩き方と姿勢が大切になります。

この二つが整っていない状態での、筋トレや運動などは、ほとんど脚やせ効果を期待できません。

 

 

次に、一般的に言われている歩き方や姿勢について

※脚が太くなる事ばかりですので、意識的に行ってはいけません。

 

【歩き方について】

1、着地はカカトからついて大股で歩く

kaka

2、親指側側に体重をかける又は親指で地面を押すようにする

yu

3、お尻に力を入れながら歩く

shi

4、地面を蹴るようにする

yu

 

【姿勢について】

1、壁を背にして、後頭部、肩、お尻、カカトがつく姿勢

2、肩甲骨を寄せる

kotu

 

3、頭をひもで吊られている感覚

ru

 1、2、3では脚やせに繋がる姿勢にはなりません。

 3に関しては、頭からひもはでていませんし、吊られている感覚がそもそもわからないと思います。

 

見かけだけの良い歩き方や良い姿勢に、脚やせ効果はありません。体玄塾の歩き方や姿勢の考え方は、こちらを見て下さい。

 少し難しい事も書いてありますが、世間一般でいわれるような、簡単に行える運動やお手軽な運動では体は絶対にかわりません。

 

大変ですが、課題を一つ一つクリアすることが必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.12.27更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

猫背だからといって骨盤を前傾にさせればいいと思っていませんか?

肩甲骨を寄せれば、解決すると思っていませんか?

 

猫背姿勢などで調べると、猫背姿勢は骨盤が後傾しているので前傾させましょう、立たせましょうなどや

背面の筋肉や太もも前の筋肉が弱いので鍛えましょうなんて書いてありますen

 

 

ちなみに、骨盤の後傾だけが原因で崩れているわけではないです。

一番の原因は、すぐに体を崩してしまう生活態度ですshunその他にも原因はありますが、、pue

 

猫背姿勢の人が、無理に骨盤前傾にした場合、このような負担が体におこります。

 

・膝が反り過ぎてしまっている(膝のねじれと合わさるとO脚などが目立つようになります)

・足首が硬くなる(外反母趾、偏平足などの原因になる場合も)

・腰の張り感(ツッパリ感や痛みもでます)

・ぽっこりお腹

・肩こりなどもひどくなる場合がある

 

などが挙げられます。

さらにおまけで、太もも前と外側、ふくらはぎがとても大きくなります。(むくみもでやすいです)pue

無理な姿勢が、そうさせていますので楽な姿勢にする必要があります。

 

この問題は、骨盤前傾や筋肉を強くするといったことでは解決できません。

体の新しい感覚を手に入れるのが近道です。

そして、その感覚がなければ脚やせも難しいですbibibi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.12.15更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

あなたの脚は、自分の意志とは関係なく力がはいっていませんか?

 

過去のブログなどでも、脚やせする場合に筋肉が強い弱いや筋肉が多い少ないではなく、体の感覚が大切だと書いてきましたpencil2

 

その感覚を得るために、とても邪魔をするものがあります。それは

 

「力み(りきみ)」

 

と言われる感覚です。

 

この力みがある人は、一部分の感覚が鋭くその他の部分が鈍感になりやすいです。

例としては、

太もも前はすぐ力が入り硬くなる(感覚が鋭い)が、裏モモには力が入れられない(感覚が鈍感)などです。

 

脚が太い人は、ほとんどの場合太もも前やふくらはぎが力みやすいですehe

力を抜けといっても抜けるものではありません。

 

私は、子供の頃から力を抜けと言われ続けていましたが、自分自身は力を入れているつもりがなかったので随分と悩みました。

力んでいるかどうかは、自分ではわからない事がほとんどです。その状態が当たり前なので、力んでいない状態がわからないのです。

 

まずは、力みが抜けた状態を体験し、力が抜けた状態を知る事が必要です。

この状態を手に入れなければ、脚やせからは遠のいていきますよburn

 

力みが、消えないままの筋力トレーニングは、体をいたずらに力ませるだけですので注意が必要になりますよーmonkey

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.11.24更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

ジョギングは、脚が痩せるどころか足を太くしてしまう恐れがあります。

 

まだ、スピードの速いランニングの方が良いと思いますpue

 

なぜなら、ジョギング動作の場合ほとんどの方がふくらはぎメインに使って走ってしまいます。

この動きを、続けていくとふくらはぎは過度に使われてしまいむくみを伴って太くなってしまいます。

 

特に、下の絵のような走り方の人は走れば走るほど太くなっていきます。(もちろん限度はあります)

膝下でちょこちょこ走るジョギングの絵ですhun

gazou

 

この動きがクセになると、歩く時もそのクセがでやすくなり脚やせからは遠のいてしまいますen

 

姿勢や歩き方の矯正が必要になります笑う

安易に胸をはるだとか、骨盤を前傾にだとか、地面を蹴るだとかでは解決しませんので注意してくださいehe

上の、太字に関しては次回以降に書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.11.17更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

坂道ウォーキングは、脚が太くなる要素があるので注意が必要ですburn

 

脚やせなどの方法論の一つに、坂道ウォーキングをあげることがあるようなのですが

図1のような歩き方になっていると注意が必要です。

sakamiti図1

図1の何がいけないかわかりますか?

あまりよくわからないと思いますので解説します。

この絵のような歩き方をすると図2のようなでっちり反り腰体型になりやすいです。

sori図2

 

この姿勢の人は

ほとんどの場合、太もも前とふくらはぎがぶっとくなります。

私自身でっちり反り腰体型でしたが、太もも前とふくらはぎにかかる負担はとても大きく動くだけで足がパンパンになっていました。

もちろん、脚は太かったです。

この姿勢の人がさらに坂道を歩くとクセが悪化し脚も太くなりますよpue

 

こうならないように、歩き方の矯正をして坂道を歩くことができれば美脚へ近づくのですがいやはや大変ですよgya

 

ランニングなどにも関係しますので次回書きたいと思いますpue

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.11.09更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

「脚やせ、トレーニング」などで調べると良く出てくるエクササイズにスクワットがあります。

 方法なども書いてあり手軽にできるようなイメージがあるようですが、、、burn

 

【一般的なスクワット】

・足は肩幅より少し広めに開く
・足の爪先は真っ直ぐよりも少し外側を向ける
・お尻を突き出し、膝が爪先より前に出ないように注意する
・背中を丸めない
・太ももと床が平行になるまでしゃがむ
imgこんなスクワットです、、、

 

このスクワットを実際にやってみればわかるのですが、太もも前がとてもはってしまい疲労します。

使ってるんだから当たり前じゃないと思うかもしれませんが

太ももが太い人は、日ごろからそのあたりが張っていますし力が抜けない状態になっています。(この状態を解決しなければ脚は細くなりません)

なにより、筋肉に負荷がかかれば太くなりますので脚やせにはつながりません、、、

このスクワットは、腰痛などの原因になりかねないのでお勧めできませんよーhun

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.07.27更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

今回は、脚やせの為にジムに行くと推奨されるエクササイズのレッグプレスについて書いていきます。

ジムなどでは、スクワットの代わりにこのトレーニングを案内されることが多いです。

下半身痩せしたいという方が来たらこのメニューを案内するようにとマニュアルが決まっているジムも多いようですね。

 

ですが、このトレーニングにも脚を太くする要素が詰まっていますbibibi

特に、図1のような動かし方をしている場合には脚を太くするやり方になりますので注意してください。姿勢が悪い(猫背、反り腰)とこの動かし方になりやすいです。

gazou図1

注意する点としては、まず足裏でシートを押さないようにする必要があります。この動作の場合腰でシートを押す形になりますので腰痛などがある方には危険です。

 

ではどんな動作で動かせばよいのかを図2に表しました。

gazou 図2

この矢印のイメージで動かせるようになると、良いトレーニングになるのですが、、、なかなか難しいです。

 

スクワットなども図1のように動くスクワットでは脚を太くしますので注意してください笑う

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.05.23更新

こんにちは

 

O脚などの脚の崩れは脚を太く見せます。

脚の細い人でもO脚の方は沢山いますが、ここが変わればもっと良く見えます。

 

腕の良い整体師さんなどに、矯正してもらっても普段の生活で姿勢を崩してしまいますのですぐ元通りになってしまいますehe

変えるには、自分自身の努力が必要不可欠です。

 

簡単なO脚改善方法としては、

1、日常でだらけすぎない(緊張しすぎもよくありませんが、、)

2、普段のクセが、O脚にしている事を自覚しそれらを見直す(歩き方、座り方、立ち方など)

3、新しいクセの習得(歩き方、座り方、立ち方など)

 

まずは、上の三つが基本になっていくと思います。

 

内転筋が弱いから鍛えるとかの問題ではないですよpue

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.03.09更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

前回、腿上げはしない方が良いですよーと書きました。

 

「足を動かす」=「腿上げ」

になっている場合、足が太くなりやすいので注意が必要になりますpue

 

次に、骨盤と太ももの骨の絵を書いて見ましたので見比べてみて下さい。赤い矢印は力の向きですup arrow

もも

もも

 

 この二つの、動き一見同じに見えますが全く違う動作になります。

 

体に、負担をかけない脚を太くしないためにもこういった動作の感覚が必要になりますgya

痩せやすい体になる為の、必要な要素の一つです。

 

この他にも必要な要素がありますので、筋肉が強い弱いだけで判断しないようにしてみて下さい笑う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.02.19更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

今のあなたの身体を作っているものとは何ですか?

 

考えてみて下さいihi

タンパク質とか脂質とかではありませんよburn

 

日常生活の習慣、体のクセ、食生活、仕事、趣味、考え方、昔していた運動、ケガ 歩き方 etc

 

挙げていくときりがありませんのでこれくらいにしておきますhand

 

その中で、自分が意識すればかえれることを少しづつで良いので変えてみて下さい。

それが、脚やせに繋がりますflower

 

昔していた運動やしてしまったケガは当たり前ですがかえれませんpue

 

それでも、変える事ができるものばかりですよねexplosion

 

体玄塾では、運動はもちろんの事、体にたいする考え方や、その他自分で気付けなかったことに気づけるようトレーニングを行っています。

 

これによって、最終的には自分の事は自分でコントロールできるようになっていきますchick

まずは、試してみてはいかがでしょうかsnowman

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

前へ

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー