パーソナルトレーナー南部剛の
レッグスカルプチャー

2017.03.25更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

ウォーキングや、ランニングをしている人をたくさん見かけますがとても前に進みにくそうに走っていますね。

(本人はそんな事感じてないでしょうが、、、flower

 

あれでは、すぐケガをしますし脚はさらにぶっとくなって疲れやすくなってしまいますよ。

 

そういった方の多くは、ふくらはぎで動いていますglitter3

 

ふくらはぎが動く源になっているので大きく肥大してしまい肥大しているにもかかわらず、すぐ疲れ挙句の果てにケガもしてしまいます。

このような人が、脚が弱いと思いふくらはぎのトレーニングなどを始めるともう最悪ですshun

 

さらに、ふくらはぎを使うことを覚えもっと悪くなってしまいます。

 

筋肉が強い弱い、ランニングフォームやシューズが悪い云々の前に、変えるべきことが山ほどありますgya

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.03.16更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

皆さんは、座っている事は楽な事だと思っていますか?

また、自分で座っていて楽だという実感はありますか?

 

アメリカのシリコンバレーにある有名企業では、スタンディング・デスクなどを採用している所がふえているようですね。前からかもしれませんが、、、

 

座り過ぎは、姿勢も崩れ腰も固まり体の健康を損ねる恐れがありますし、もれなく脚が崩れO脚、Ⅹ脚、太い脚になりやすくなります。

 

できるだけ、座っている時間は短くしたいものですがオフィス仕事などでは中々うまくはいかないですよね。

そんなこんなで、立って作業を行うスタンディングデスクは良いものだと思います。

 

ですが、腰を丸くして座っていた人が立って作業したからといって、姿勢が良くなるかというとそんなに甘くはありません。

 

運動などで矯正していく必要があります。(整体などの矯正では姿勢はなおりませんよ。自分自身の意志と感覚が必要になりますgya

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.03.09更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

前回、腿上げはしない方が良いですよーと書きました。

 

「足を動かす」=「腿上げ」

になっている場合、足が太くなりやすいので注意が必要になりますpue

 

次に、骨盤と太ももの骨の絵を書いて見ましたので見比べてみて下さい。赤い矢印は力の向きですup arrow

もも

もも

 

 この二つの、動き一見同じに見えますが全く違う動作になります。

 

体に、負担をかけない脚を太くしないためにもこういった動作の感覚が必要になりますgya

痩せやすい体になる為の、必要な要素の一つです。

 

この他にも必要な要素がありますので、筋肉が強い弱いだけで判断しないようにしてみて下さい笑う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.02.23更新

こんにちは。トレーナーの南部です。

 

体玄塾は、少し入りにくいだったり、相談しづらいなー敷居が高そうだなーなんてイメージを持ってる方もいるみたいですね。

そんな体玄塾にはなんとゆるキャラが存在します。

 

それが、いつも入り口で笑顔で出迎えてくれる全身骨のスケルトンマンrobot

「体玄くん」

です。 

南部が、勝手につけたので今後改名するかもしれませんがよろしくお願いします。

 

今回は、体玄くんを紹介しちゃいますcake

骨いつも笑顔

 

hone内また気味

骨肩甲骨寄せ過ぎ

 

そんな体玄くんですが、お仕事はしっかりとこなします。
股関節ってどこのこと?肩甲骨は?仙骨って?

こんな時も体玄くんをみればそりゃもう一発でわかっちゃいますgya

骨の位置なども考えながらトレーニングできるともっと効果がでてくると思いますよpue

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.02.19更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

今のあなたの身体を作っているものとは何ですか?

 

考えてみて下さいihi

タンパク質とか脂質とかではありませんよburn

 

日常生活の習慣、体のクセ、食生活、仕事、趣味、考え方、昔していた運動、ケガ 歩き方 etc

 

挙げていくときりがありませんのでこれくらいにしておきますhand

 

その中で、自分が意識すればかえれることを少しづつで良いので変えてみて下さい。

それが、脚やせに繋がりますflower

 

昔していた運動やしてしまったケガは当たり前ですがかえれませんpue

 

それでも、変える事ができるものばかりですよねexplosion

 

体玄塾では、運動はもちろんの事、体にたいする考え方や、その他自分で気付けなかったことに気づけるようトレーニングを行っています。

 

これによって、最終的には自分の事は自分でコントロールできるようになっていきますchick

まずは、試してみてはいかがでしょうかsnowman

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.02.09更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

ふくらはぎが太い方の多くが、膝の使い方が悪くそのせいでぶっとくしてしまってる場合があります。

膝の使い方といわれても、頭に?マークが出てきてしまうと思います。

 

質問ですhand

 

膝が曲がっているとしたらどこから膝を伸ばそうと考えますか?

ひざ

 

膝が曲がってるんだから、膝で伸ばすんじゃないのと思うかもしれませんが他の部分を使ってでも伸ばせますよpue

ふくらはぎの太さが、気になる方は自分がどこで膝を伸ばしているのかチェックしてみてくださいsun

 

次回もこの続きを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.01.30更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

脚やせしたい人の多くは上半身が貧弱になっていると思います。

 

女性であれば腕立て伏せができない事はもちろん四つん這いで体を支えるのもきつく手首が痛くなるなんて人もいるかと思います。

男性で腕立て伏せできるよーなんて人も腕や肩ばかりで行っている事が多いと思います。

 

腕を太くする為なら良いと思いますが、足やせやきれいな体のラインをつくるのならオススメはできないですpue

 

腕を曲げ伸ばすと考えずに体が動いたら腕が曲がり伸びたという感覚でできればいいと思いますnico

ude

 

似ているようで全く違う動きになります。

 

どこがどう脚やせと関係しているかわかりにくいことですが試しにやってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.01.26更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

ギリシャ神話の中に天空を支えるアトラスという神様が登場します。

この神様は天空を支えているわけなのですが、

 

脚やせで悩んでいる方の多くは、

上半身の重さを下半身で支えています。毎度同じこと言っている気がしますが、、、gan

 

天空を支えるのも体に負荷がかかりますが上半身を支えるのもとても負荷がかかりますよ!

筋肉に負荷がかかればぶっとくなりますよーpue

 

この上半身を支えている状態は非常に動きにくいですし体もすぐ疲れます。

試しにリュックサックに重たい荷物をたくさん入れて歩いてみてください。重たいし歩くのも大変で脚もパンパンになると思います。

 ryuku

 上半身の重さについては自分では重たいとも思っていないですし踏ん張って支えてる気もないのが非常に厄介な点です。

リュックサックを持っている時のように負荷の感覚がわかればいいのですがそれはなかなか難しい事ですnamida

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.01.12更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

脚が太くなる理由を簡単に書いていきたいと思います。

 

脚が太い人は、姿勢が崩れていることが多いです。

姿勢が崩れてくるとどこかで崩れた部分を支える必要がありますよねen

 

崩れ

 

右の図は骨盤から崩れた状態を極端に書いた絵です。

 

骨盤が後ろにズレています。①の筋肉で支えないと後ろに崩れてしまいます。

 

この時、①の筋肉は頑張ってしまい緊張したり固くなってしまいます。これが太くなる一つの原因です笑う

 

ですので左の図のように崩れなければ良いわけです。

言葉でいうのは簡単ですが気づけば崩れてしまうところです汗

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.01.05更新

新年あけましておめでとうございます。トレーナーの南部です。

 

お尻が下がってしまうと、脚が短く見えてしまい脚の太さが目立ってきてしまいます。

 

お尻が垂れる原因についてネットで調べると

 

加齢などによる筋力低下、筋肉が弱い、骨盤のゆがみなどがでてきます。

 

それに、対する一般的な改善方法としては、

 

意識的にお尻に力を入れる

筋肉を鍛える

骨盤のゆがみを整える

 

などです。

 

極論すると、筋肉が強い弱いや骨盤のゆがみなどはどうでも良い事です。

 

猫背

 

何も意識しないと上の図の座り方になってしまう方はほとんどの場合お尻が落ちて垂れ尻になっています。

 

体が崩れるクセをもってしまいその結果お尻も落ちてしまいます。

この状態の人が筋肉を鍛えるとさらに体を崩すクセを強くしてしまいますますお尻は垂れていってしまいます。

 

改善するためには、体の崩すクセを見直しながら運動をする必要があります。

姿勢

崩してしまうからといって上の図のように座るだけではなかなか改善は難しいです。

もちろん崩さないようにすることはとても大切ですが、、、

自分の身体を見つめ直し改善する為の運動をしていく必要があります。

 

ちなみに、お尻に力を常に入れておくとさらにお尻は落ちて垂れていきますので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

前へ

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー