スキートレーナー八巻の、動作力トレーニング

2019.02.01更新

バッジテスト合格に一番必要な事って?

 

体玄塾の八巻です。

さて、今回はスキーの技術的な事をお話しましょう。

 

スキーのバッジテスト。

スキーをされている方なら、目標にする方も多いでしょう。

 

そのバッジテスト、とりわけ上級者として認められる2級・1級の合格を目標にしていると思います。

 

なかなか受からないなあという方もおられるかと思います。

そんな方に、バッジテストで検定員がどこを見ているかをお話しましょう。

 

 

実際に、検定員の方から伺ってきましたが、

何を一番見ているかと言うと、

「きちんと荷重移動をして、板を踏んでターン出来ているか?」

を見ているそうです。

 

2級や1級だと、2本の板を平行にしてターンする「パラレルターン」がありますが、

板は密着しているかどうかは全然関係無いそうです。

むしろ少し開いていた方が、安定するのでその方がいいそうです。

 

途中でハの字になる事無く、踏みかえ動作も無く

右⇔左と荷重移動によるターンで板を動かす事が出来ればOKです。

 

本来、スキーのターンは、

体重を片足にかけるだけで、後は何もしなくてもジワーツと曲がっていきますが、

その感覚が身についていないと、足の力や体の力で無理やりグイッと曲げてしまいがちです。

結構このジワーッが待てない人が多いんです。

 

2級の種目には、パラレルの他に

シュテムターンという、ターン開始時にハの字にする種目もあります。

このターンは、外足にしっかり荷重をかけ、また板の向きに対して体が外を向く

「外向姿勢」をとるために必要な練習になります。

 

この外向姿勢が、外足に荷重をかけるために必要な動作なのです。

外向姿勢についての記事

シュテムから、さらに戻ると、プルークというハの字のターンがあります。

これも外向姿勢でターンをする練習なんですね。

ハの字にしていると、体に対して板は内を向いています。

このまま片足に荷重をかけると、「外向」で荷重が出来ます。

パラレルターンはこの形から、もう片方の板を揃えただけです。

 

ハの字でしっかり荷重出来るようにしておく事が、

スムーズな上達につながるのです。

 

 

 

 

2級・1級合格を目指している方に!

ベーシックレッスン&コブ入門

(中上級者向け)

荷重移動をしっかり使ったターンを基本からトレーニングするレッスンです。

新たなドリルも加え、他スクールで上達が思うようにいかない方におすすめです。

午後にはコブ斜面の練習もします。

 

3/10(日)10:00~12:00

     13:30~15:30

(いずれかのご参加可)

湯沢中里スキー場

(越後湯沢駅バス15分)

参加費:5000円(半日3000円)

 

お申込みは、専用フォームから

投稿者: 体玄塾 八巻 稔秀

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー
  • 大下 弥咲の美脚プロジェクト