パーソナルトレーナー南部剛の
レッグスカルプチャー

2017.03.31更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

体は細いのに、ぽっこり下っ腹が出ている。上半身は華奢なのに下半身はまるでゾウさんのような足になっている。

 

ぞう

このような体は、通常の運動、トレーニングでは改善するどころかむしろ悪化の危険がありますよーpue

 

ゾウさんは、体にあった大きさに脚が自然と成長してくれますが、何故か人間は体に合っていない大きさにまで脚が成長してしまいます。

 

不自然に、発達するということ不自然な事をしているともとれますよね。

 

おかしな(不自然)動きをしていると、それにあった不自然な体になります。

体型(お腹、脚)を変えるには、おかしな動きをしている事を自覚し、それらを改善していくことが必要になっていきますehe

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.03.28更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

最近、久しぶりに会う方に「痩せすぎじゃない?」とよく言われます。

ごはんなどは、しっかりと食べていますし夕飯は22時過ぎに二合程度たべますので量が少ないという訳でもありません。

 

昔に、こんな食事の仕方をしていたらすぐ太ってしまっていたので、だいぶ体が動くようになったんだなという実感があります。

 

ほとんどの方が、体を動かしているようで全く動かしていません。沢山運動しているとかの問題ではないです。

 

体が沢山動く状態になるともれなく脚やせもついてきます。

 

筋肉が少ない、筋肉が弱いなどもどうでも良いことですshunほとんど関係がありません。

根本を変える事ができれば痩せやすい体や細い脚は手に入ります。

 

その根本を見誤らないでください、、、笑う

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.03.25更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

ウォーキングや、ランニングをしている人をたくさん見かけますがとても前に進みにくそうに走っていますね。

(本人はそんな事感じてないでしょうが、、、flower

 

あれでは、すぐケガをしますし脚はさらにぶっとくなって疲れやすくなってしまいますよ。

 

そういった方の多くは、ふくらはぎで動いていますglitter3

 

ふくらはぎが動く源になっているので大きく肥大してしまい肥大しているにもかかわらず、すぐ疲れ挙句の果てにケガもしてしまいます。

このような人が、脚が弱いと思いふくらはぎのトレーニングなどを始めるともう最悪ですshun

 

さらに、ふくらはぎを使うことを覚えもっと悪くなってしまいます。

 

筋肉が強い弱い、ランニングフォームやシューズが悪い云々の前に、変えるべきことが山ほどありますgya

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.03.16更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

皆さんは、座っている事は楽な事だと思っていますか?

また、自分で座っていて楽だという実感はありますか?

 

アメリカのシリコンバレーにある有名企業では、スタンディング・デスクなどを採用している所がふえているようですね。前からかもしれませんが、、、

 

座り過ぎは、姿勢も崩れ腰も固まり体の健康を損ねる恐れがありますし、もれなく脚が崩れO脚、Ⅹ脚、太い脚になりやすくなります。

 

できるだけ、座っている時間は短くしたいものですがオフィス仕事などでは中々うまくはいかないですよね。

そんなこんなで、立って作業を行うスタンディングデスクは良いものだと思います。

 

ですが、腰を丸くして座っていた人が立って作業したからといって、姿勢が良くなるかというとそんなに甘くはありません。

 

運動などで矯正していく必要があります。(整体などの矯正では姿勢はなおりませんよ。自分自身の意志と感覚が必要になりますgya

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.03.09更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

前回、腿上げはしない方が良いですよーと書きました。

 

「足を動かす」=「腿上げ」

になっている場合、足が太くなりやすいので注意が必要になりますpue

 

次に、骨盤と太ももの骨の絵を書いて見ましたので見比べてみて下さい。赤い矢印は力の向きですup arrow

もも

もも

 

 この二つの、動き一見同じに見えますが全く違う動作になります。

 

体に、負担をかけない脚を太くしないためにもこういった動作の感覚が必要になりますgya

痩せやすい体になる為の、必要な要素の一つです。

 

この他にも必要な要素がありますので、筋肉が強い弱いだけで判断しないようにしてみて下さい笑う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.03.06更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

階段を上がる時に、腿上げをしていませんか?

また、歩く時も腿上げしていると脚やせはとても大変になってしまいますよhand

 

少し昔話になるのですが、中学生の時は野球部でした。

走り込みは沢山行いました。

その時は、常に太ももの前側は筋肉痛状態という今考えるととても異常な状態でしたgan

 

当時の、体の状態では腿上げで走るしかなかったので仕方のないことでしたがそんな状態で練習をしていたので、

骨盤を、疲労骨折してしまったりいろいろ大変な目に遭いましたnamida

 

なにが言いたいかというと腿上げであるくんじゃないですよーってことですgya

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー