パーソナルトレーナー南部剛の
レッグスカルプチャー

2018.01.18更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

 脚やせや姿勢改善なども、コツコツと行う事が大切になっていきますが

コツコツ行う以外に目標を達成するのに必要なのが環境作りです。

 

 姿勢を良くしたい人の場合であれば、正しい姿勢を知る事や運動をしていく事はとても大切ですが、それ以上に姿勢を崩すクセを直さなければなりません。スマホなどをだらだら見ると姿勢は崩れやすくなります。

スマホをみる環境では姿勢は崩れやすくなってしまいます。

ですので、スマホを出来るだけ見ない環境づくりをしてしまえば姿勢を崩すことが少なくはなります。

極論で言えば、スマホを捨てるとかです、、難しいですが、、、効果的ですen

 

ダイエットをしたいのに、家族がご飯をたくさん食べろという環境ではダイエットをするのは難しいですよね。

こういったダイエットに非協力的な環境にいるうちは、なかなか効果をあげにくくなってしまいますbibibi

まずは、今の自分の環境を把握し環境を変えてみることです。

 

環境を整え気持ちを整えれば、一年かかることを半年で達成することもできると思います。

試してみて下さいgya

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.12.27更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

猫背だからといって骨盤を前傾にさせればいいと思っていませんか?

肩甲骨を寄せれば、解決すると思っていませんか?

 

猫背姿勢などで調べると、猫背姿勢は骨盤が後傾しているので前傾させましょう、立たせましょうなどや

背面の筋肉や太もも前の筋肉が弱いので鍛えましょうなんて書いてありますen

 

 

ちなみに、骨盤の後傾だけが原因で崩れているわけではないです。

一番の原因は、すぐに体を崩してしまう生活態度ですshunその他にも原因はありますが、、pue

 

猫背姿勢の人が、無理に骨盤前傾にした場合、このような負担が体におこります。

 

・膝が反り過ぎてしまっている(膝のねじれと合わさるとO脚などが目立つようになります)

・足首が硬くなる(外反母趾、偏平足などの原因になる場合も)

・腰の張り感(ツッパリ感や痛みもでます)

・ぽっこりお腹

・肩こりなどもひどくなる場合がある

 

などが挙げられます。

さらにおまけで、太もも前と外側、ふくらはぎがとても大きくなります。(むくみもでやすいです)pue

無理な姿勢が、そうさせていますので楽な姿勢にする必要があります。

 

この問題は、骨盤前傾や筋肉を強くするといったことでは解決できません。

体の新しい感覚を手に入れるのが近道です。

そして、その感覚がなければ脚やせも難しいですbibibi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.12.15更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

あなたの脚は、自分の意志とは関係なく力がはいっていませんか?

 

過去のブログなどでも、脚やせする場合に筋肉が強い弱いや筋肉が多い少ないではなく、体の感覚が大切だと書いてきましたpencil2

 

その感覚を得るために、とても邪魔をするものがあります。それは

 

「力み(りきみ)」

 

と言われる感覚です。

 

この力みがある人は、一部分の感覚が鋭くその他の部分が鈍感になりやすいです。

例としては、

太もも前はすぐ力が入り硬くなる(感覚が鋭い)が、裏モモには力が入れられない(感覚が鈍感)などです。

 

脚が太い人は、ほとんどの場合太もも前やふくらはぎが力みやすいですehe

力を抜けといっても抜けるものではありません。

 

私は、子供の頃から力を抜けと言われ続けていましたが、自分自身は力を入れているつもりがなかったので随分と悩みました。

力んでいるかどうかは、自分ではわからない事がほとんどです。その状態が当たり前なので、力んでいない状態がわからないのです。

 

まずは、力みが抜けた状態を体験し、力が抜けた状態を知る事が必要です。

この状態を手に入れなければ、脚やせからは遠のいていきますよburn

 

力みが、消えないままの筋力トレーニングは、体をいたずらに力ませるだけですので注意が必要になりますよーmonkey

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.11.24更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

ジョギングは、脚が痩せるどころか足を太くしてしまう恐れがあります。

 

まだ、スピードの速いランニングの方が良いと思いますpue

 

なぜなら、ジョギング動作の場合ほとんどの方がふくらはぎメインに使って走ってしまいます。

この動きを、続けていくとふくらはぎは過度に使われてしまいむくみを伴って太くなってしまいます。

 

特に、下の絵のような走り方の人は走れば走るほど太くなっていきます。(もちろん限度はあります)

膝下でちょこちょこ走るジョギングの絵ですhun

gazou

 

この動きがクセになると、歩く時もそのクセがでやすくなり脚やせからは遠のいてしまいますen

 

姿勢や歩き方の矯正が必要になります笑う

安易に胸をはるだとか、骨盤を前傾にだとか、地面を蹴るだとかでは解決しませんので注意してくださいehe

上の、太字に関しては次回以降に書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.11.17更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

坂道ウォーキングは、脚が太くなる要素があるので注意が必要ですburn

 

脚やせなどの方法論の一つに、坂道ウォーキングをあげることがあるようなのですが

図1のような歩き方になっていると注意が必要です。

sakamiti図1

図1の何がいけないかわかりますか?

あまりよくわからないと思いますので解説します。

この絵のような歩き方をすると図2のようなでっちり反り腰体型になりやすいです。

sori図2

 

この姿勢の人は

ほとんどの場合、太もも前とふくらはぎがぶっとくなります。

私自身でっちり反り腰体型でしたが、太もも前とふくらはぎにかかる負担はとても大きく動くだけで足がパンパンになっていました。

もちろん、脚は太かったです。

この姿勢の人がさらに坂道を歩くとクセが悪化し脚も太くなりますよpue

 

こうならないように、歩き方の矯正をして坂道を歩くことができれば美脚へ近づくのですがいやはや大変ですよgya

 

ランニングなどにも関係しますので次回書きたいと思いますpue

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.11.09更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

「脚やせ、トレーニング」などで調べると良く出てくるエクササイズにスクワットがあります。

 

方法なども書いてあり手軽にできるようなイメージがあるようですが、、、burn

一般的にいわれている

・足は肩幅より少し広めに開く
・足の爪先は真っ直ぐよりも少し外側を向ける
・お尻を突き出し、膝が爪先より前に出ないように注意する
・背中を丸めない
・太ももと床が平行になるまでしゃがむ
がぞうこんなスクワットです、、、

 

このスクワットを実際にやってみればわかるのですが、太もも前がとてもはってしまい疲労します。

使ってるんだから当たり前じゃないと思うかもしれませんが

太ももが太い人は、日ごろからそのあたりが張っていますし力が抜けない状態になっています。(この状態を解決しなければ脚は細くなりません)

なにより、筋肉に負荷がかかれば太くなりますので脚やせにはつながりません、、、

このスクワットは、腰痛などの原因になりかねないのでお勧めできませんよーhun

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.11.05更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

上半身の虚弱さがあると脚が太くなりやすくなってしまいます。

 

毎回上半身が大事と書いていますが、今回はもう少し絞って書いていきます。

 

上半身が、弱いからといって筋トレに精をだしてもあまり問題の解決にはならないと思います。

脚が太い人は、上半身を動かそうとしても腕や肩ばかりに力が入ってしまいますhand

 

腕立て伏せ(女性の場合は、膝をついた腕立て伏せでもかまいません)をやってみるとわかりやすいです。

ほとんどの場合、腕と肩が疲れてしまうと思います。

この部分ばかりが疲れる人は、脚も太くなりやすいです。

 

肝心な部分が、動いていないのでその状態でのトレーニングは体に負担をかけるばかりになってしまいますよーgan

 

まずは、自分の体を大雑把にでもいいので把握してみる事をおすすめしますpue

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.11.02更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

姿勢が悪い人は、脚が太くなる可能性がありますehe

姿勢が悪くても細い人はいますが、、、、

 

姿勢が悪いからといって首を引いたり、肩甲骨を寄せて胸を張ろうとしたり、骨盤を前傾させたり

いろいろとやろうとしてしまいますが、その動きでは脚が痩せる姿勢にはなりません。むしろぶっとくする可能性が高くなってしまいます。

 

脚を、太くするのはそれほど難しくありませんが細くすることは大変ですpue

 

普段から姿勢を崩さない事は大切ですが、姿勢の起こし方を間違えるとあまり効果はでないと思います。

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.10.15更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

太ももの前側の太さが気になる方の特徴として、膝をピンと伸ばして立っているという事があります。

ふくらはぎの太さにも関係しますが、、、

 

こういった人が、椅子などに座ってしまうと膝を伸ばして体を起こすことが出来なくなってしまい

すぐに姿勢が崩れてしまいますhand

 

姿勢を正す時も歩く時も「膝」に頼らないようにしてみて下さい。

 

膝に頼らない為にも、膝がしていた分の仕事をする部位が必要になります笑う

 

その部位はどこか考えてみて下さいglitter2glitter2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

2017.10.05更新

こんにちは、トレーナーの南部です。

 

姿勢を良くしようとしすぎて、腰や脚に負担をかけていませんか?

 

普段から、姿勢が悪い人が一時的に正そうとすると腰や脚などを使って姿勢を良くしようとしてしまいます。

 

この状態では、腰もつらくなるし脚も頑張りますので脚が太くなりやすいですbird

 

ただ体をおこして、胸をはればよい姿勢かというとそれも違うと思います。

猫背の人の肩が、うしろにいったからといってよい姿勢ではないので注意が必要ですよーhand

 

つぎはぎだらけのよい姿勢は、プラスの要素が少ないです。

 

ちゃんとしたよい姿勢になれれば、もれなく脚やせや疲れにくい体が手にはいりますよーgya

 

 

 

 

投稿者: 体玄塾 南部 剛

前へ

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー