塾長志水の
ウォーキングウォッチ

2012.08.31更新

背中は反ってはいけない

                   
壁にお尻と背中を着け頭が壁から離れる人は猫背です。と、あるテレビ番組で言っていました。
そういう人は確かに猫背です。
では、頭を壁に無理やり着けにいくと、腰を反ってしまうのです。
意識は腰を反ろうとはしていません。頭を後ろへ動かす方法が背中を反る方法しか備わっていないのです。つまり、背中の筋肉を収縮させお腹を緩ませた結果、お腹を少し突き出す方法でしか頭を壁に着けれないのです。

猫背の人は背中を反るストレッチや筋トレをしてはいけないということになります。

では、どうすればよいのか?
背骨自体をコントロールする方法を身につけることです。
それには、肋骨と骨盤の動かし方が関係しています。
つづく

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2012.08.27更新

股関節まわりのストレッチングは要注意

前回の記事でアンデオールのことを取り上げ、アンデオールは大変ですと言いましたが、股関節のストレッチにはこのアンデオールが関係しますので、これはもっと大変なのです。
では股関節ストレッチの代表的な開脚で説明しましょう。

 
モモの骨を外側へ回旋(アンデオール)しなければ股関節が窮屈になり、骨盤は前方へ傾いてくれません。
それで右側の絵のように骨盤は後方に傾いたまま動かないのです。
動かない理由がまだいくつかありますが、その一つがお尻こりです。股関節の後方にある筋群が固まっているため骨盤を動かせないのです。また、わざわざそこを踏ん張り固めているから動かせないのです。
どうしてお尻を固めてしまうのでしょうか。

それは
お尻を締めるからです。ん・・・わかるかな~

故意にお尻に力を入れると右の絵のように骨盤が後傾してしまうのです。
ですから、こうなるような腹筋運動やお尻のエクササイズは即刻やめるべきです。
左の画像のように、お尻をゆるめて尾骨を上げるような感覚で仙骨から背骨を前方に傾ける感覚が必要となります。

このような開脚前屈ができなければ、やればやるほどスポーツパフォーマンスを下げてしまいます。

どうしてここにこだわるか。
それは、予備動作なしの移動をするためです。
ロンドンオリンピックでも予備動作なしの動作を完璧にできたアスリートは数少なく、女子レスリングの吉田沙保里選手はその中でもピカイチです。
仙骨にこだわって下さい。

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2012.08.11更新

バレエの6番で軸づくり

前回の記事のつづきです。
足アーチづくりのツボとは、股関節をちゃんとした位置に常々しておくことです。

左側の画像をみてください。スネ(脛骨)が足首から外側へ広がり膝下O脚のようになっていますね。
 
脛骨はただ外へ広がるのではなく、内側に回転を伴って広がっているのです。
足首のねじれによって足裏アーチは潰されるのです

膝下O脚は、広がっているスネを閉じてはいけません

広がりの原因は脚の内側への回転(内旋)ですので、股関節から脚全体を外旋するようにしなければなりません。
これがバレエの「6番」です。
この状態が普通であればスポーツパフォーマンスも向上します。
ただし、引き上がった体でなければなりません。

 

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー