塾長志水の
ウォーキングウォッチ

2012.06.29更新

                                      ←画像をクリック

物理学者の米沢富美子先生が日経新聞の「私の履歴書」というコーナーに連載中ですが、やっとこの写真がでてきました。
以前
Collective Muscular Motion Exercise(コレクティブマスキュラモーションエクササイズ)をこのブログの”姿勢の敵、腹筋背筋の筋トレ”という記事で紹介したときの写真です。絶対この写真が私の履歴書に登場すると待っていました。今日の記事28回目で出てきました。
この辺りからは米沢先生本人から聞いて色々知っています。

物理学=哲学+数学 と米沢先生から聞いていました。
今までの物理学は宇宙から素粒子までの学問。これからの物理学は生命体にもせまるそうです。
太極拳をうまくできるように指導していましたが、逆に米沢先生から色々なことを教わりました。
その一つがCollective Motionでした。

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2012.06.21更新

猫背・骨盤後傾・外反母趾などは複合的に改善せよ

たとえば骨盤エクササイズでは骨盤の歪みは解消しません。骨盤の歪みの原因は、姿勢や歩き方の悪さにあるから、全関節を正さなければ姿勢や歩き方の改善にならないからです。猫背も外反母趾も同様です。

  
仮に骨格を3つのブロックに分けたとします。
     
それぞれ ”どこ” を ”どの様” に使うのかが大切です。(画像↑をクリックしてね)
弱い筋肉を鍛えたり、硬い筋肉を伸ばしたりほぐしたりするのではないのです。
使い方、動かし方が大切なのです。
一旦違う動かし方になった関節の動かし方は、自ら改善させることはなかなか出来ないと思います。

なぜなら、良い動きの感覚が分からないからです
良い動きの感覚を身に付けさせるのが我々の仕事なのです。

良い動きの感覚が身に付いたら複合させ、全身の動作にさせて完成です。

勝手に鍛えられ勝手にストレッチされる
全ての関節が強調し合って使われると、弱かった筋肉も働かされ、自然に他とつり合ってきて強くなり、弱いところ(筋肉)を鍛えたことと同じになるのです。また、ジッとして働いてくれなかった筋肉も働かされ、伸びたり縮んだりしているうちに柔軟性も付いてくると言う訳です。

それでも鍛えたいなら。
先ずは良い感覚を身に付け、それから動作の理に適った方法で鍛えるのであれば鍛えても構いません。
順番を間違えないように、鈍感にならないようにしてください。

 

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2012.06.16更新

 重力に負けるな

前回紹介しました”勘違いの良い姿勢”は、男性に多いですが、骨盤後傾姿勢は女性に多くみられます。

「ナヨナヨ」っとした姿勢でいると右の絵のような姿勢になって行くから、「ナヨナヨ」っとしいるのは男性より女性でしょうから、女子に多くみられるのではないかと思います。

最近は女子ばかりではなく女子のような男子もいますので、これからはそうとも言えないかもしれません。

右2つ目の絵を見てください。
重力に背骨が絵のような形に潰された結果、背骨と骨盤(寛骨)が後へ倒れて骨盤が後へ傾いてしまったのです。
このタイプを体玄塾では
脊柱後方崩れ落ち股関節型と呼びます。

これは猫背でもありますが、それを良くしようとして黒色の矢印の方向へ胸を突き出したり、背骨を反ったりしないでください。
赤い矢印の方向へ骨を動かせるようにしなければなりません。

つまり足から頭まで正しく骨を積み上げなければならないということです。

積み上げる能力が、姿勢を崩さない能力でもあるのです。

体玄塾の姿勢改善・姿勢矯正トレーニングは、体幹を鍛えるとかインナーマッスルを鍛えるとかストレッチするとかではないのです。
全関節・筋肉の関連性・連動性を良くすること(コレクティブモーションを整えること)なのです。
 

image1
image2
image3

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2012.06.05更新

勘違いの良い姿勢


右のスーツ姿の絵は、一見良い姿勢に見えるかもしれません。

ところが、これは典型的な良い姿勢のつもりの悪い姿勢です。

本人は良い姿勢だと自信をもって立っているのですが、このときの骨格をみてみますと、次の絵のようになります。


脊柱の後方崩れ落ち

背骨と楕円で描いたの肋骨の籠(赤い線)を見て下さい。

背骨が後へ崩れ落ちていますね。
落ちた分お腹が出っ張り、腰も反り過ぎた形になっているのがわかるはずです。

骨盤も前傾しているようにみえますが、これは勘違いの骨盤前傾と、体玄塾では言います。
このことを一般社会では骨盤前傾型と呼ぶのです。

体玄塾では
脊柱の後方崩れ落ち胸腰移行部型
と呼びます。


良い姿勢のつもりの悪い姿勢

どうしてそうなるのか?
その原因を今から解明しますが、たぶん専門家も含め知らないことだとおもいます。
原因
首を起こし姿勢を良くしようとして、赤い線で描いた背骨のようになるのです。

右側の絵、赤い線と黒い線のカーブの強さは変わりません。つまりお腹を突き出しただけで、首起こしにはなっていないのです。正しくは背骨を生理的わんきょくにするだけです。
それが・・・
できないから、良い姿勢のつもりの悪い姿勢になるのです。

腹筋運動をしても体幹トレーニングをしてもストレッチをしても無駄無駄、悪化させるだけです。
足先から手の指先まで全身の関節調整と、正しい動作習得が必要なのです。
とてもむずかしいことです。
いつもこいう姿勢改善をしているから大変さを知っているのです。
 

image1
image2
image3

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー