塾長志水の
ウォーキングウォッチ

2012.12.28更新

引退の決意
今年は私にとって大事な二人が引退しました。
ひとりは、今朝のニュースで報道された松井秀喜選手。もうひとりは、41歳まで現役ボクサーを貫いた嶋田雄大選手です。嶋田選手は私のボクシング理論を受け入れ、37歳定年のボクシングにおいて、41歳まで進化し続けた人です。
右こぶしの骨折には何度も悩まされ,最後の試合でも骨折しました。試合の度に減量もあり、壊しあいをする過酷なボクシングにもかかわらず、その他の持病のような怪我もなく、41歳まで続けられたことはすばらしいことです。お疲れ様でした。
松井秀喜選手が巨人にいた頃は、テレビでよく野球観戦をしていました。
東京ドームへも行っていましたが、彼がメジャーリーグへ行ってしまって以来、まったく見なくなりました。ボクシングの試合がある後楽園ホールへはよく行くのですが、隣の東京ドームは横を通り過ぎるばかりです。
松井秀喜選手は、1998年に左膝を痛め、手術をするか、膝回りの筋肉を鍛えるかの選択をせまられ、膝回りの筋肉を鍛える方を選びました。すぐ復帰はしましたが、古傷として最後まで悩ませました。2005年には右足首、2006年には右膝とアクシデントによる左手首骨折、そして古傷の左膝が悪化してしまいました。

膝が痛いときは、膝のどこが悪いのか、膝回りのどの筋肉が弱いのかを見てしまいがちですが、そうではないのです。
原因と結果がありまして、直接的な原因(因)と、間接的原因(縁)つまり因縁があるのです。
膝のどこかが壊れて痛いというのは結果でして、そこを手術してもすべてが解決しませんので、また壊れてしまうのです。全体の動作の中で、どの動きが膝に悪いのか因縁とでもいいましょうか、そこを見極め、関連するすべてを解決しなければ改善しないのです。

仏教用語の”因縁”を使ってみましたが、体玄塾では ”本質” と呼んでいます。


「心が変われば行動が変わる・・・」から始まるウイリアム・ジェームスの名言を、松井秀樹選手のおかげで15年前に知りました。
星稜高校の野球部部室に貼ってあったそうです。
引退と心に決め、行動を起こした日が今日でした。
またよい人生が訪れるでしょう。

これは私の2012年の手帳ですが、毎年15年間新しい手帳に書き続けてきました。
来年の手帳にも書きます。


投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2012.12.22更新

お尻の本音
「いつも私がたるんでいるように思われているけど、緩んでしまうのは私のせいではない!あいつだ!」

バレエの先生も毎回、しかも何年も、お尻以外を疑わずに「お尻しめて」と言っているから、不思議です。
忠実に言われた通りにお尻をしめると、こんどは「お腹を引き上げて」とか「肩を前に出さない」と言われ、それを意識すると、「お尻をしめて!」のゲキが再び飛んで来るのです。

では、いったいどこを、どうすればよいのでしょうか?

「骨盤を高くして、大腿骨骨頭(丸い所)を骨盤にしまうようにしましょう。」という人もいます。
これは、正解です。骨盤のせいでお尻は緩んでいたのですね。

しかし、どうやって骨盤を高くすればいいのでしょうか?

正しいアンデオールができれば、骨盤は勝手に高くなります。
偽アンデオールではできません。
アンデオール:参考www.taigenjuku.com/menu02/003/  www.taigenjuku.com/blog/2012/08/post_119.html
おしりは”しめる”、ではなく、引き上げられて勝手に”しまる”のです。
そして、バレエの先生の口癖が一つ減るといいですね。
体玄塾の口癖は、「おしりに力を入れないで、そのためには・・・」
無料体験ができます。
アンデオールと、おしりが勝手に締まるメカニズムを証します。その新感覚を体感して頂きます。



 

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2012.12.15更新

昭和25年のフィギュアスケート秘蔵写真


この4枚の写真は昭和25年に撮られた、第5回国体出場者の方々です。
左下の写真は、先月、NHKのファミリーヒストリー ”小塚崇彦~五輪の夢・小塚家3代の挑戦~”という番組で放送された時に使用された写真と同じものです。
これを保管されていたのは、体玄塾に通われている女性です。この4枚の写真に写っている方です。

たまたまテレビを見ていたら、テレビで紹介された写真に見覚えがあり、自分が写っていたのでビックリされたそうです。
小塚崇彦選手のおじいさん小塚文彦氏の紹介の場面だったそうです。文彦氏はフィギュア王国、愛知県の愛知県スケート連盟を設立された方で、この方と愛知の同じクラブで練習されていたそうです。それで国体に出場されたときの同じ写真を持っていたというわけです。
屋外のスケートリンクで、寒くてもスケートに熱い青春を捧げた懐かしい想い出が、この一枚の写真でよみがえったのでしょう。





投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2012.12.09更新

掃除は心を込めた良い姿勢で

 前回のつづきです。
記者さんには申し訳ないですが、また登場して頂きました。
いかにも初心者というような姿勢ですが、これでは床を撫でる程度で、磨くことはできません。
背骨が正しい形に伸びた、良い体幹姿勢にして、心を込めてください。
それから、片方の脚がピーンと伸びるまで、もう片方の足は浮かしておくのです。
そうすることで、片脚の腕立てポーズになるのです。参考http://www.taigenjuku.com/blog/2011/01/post_66.html

 
image1
image2  つまり、体幹(コア)に強い刺激がいくのです。
また、最適なランジウォーク(片脚移動スクワット)や肩のエクササイズにもなるのです。

窓拭きの動作も内側へ、力(心)を込め身体を5センチ幅ぐらい振ってやってください。

ほとんどの人は、外側へ拭く習慣があるようですので、見直してください。

 
 外側へ動かす筋群(右画像)は、小さくて少なく、パワーもなくて、汚れも落ちにくいのです。

しかもその動作がもとで、前肩や猫背、五十肩になってしまうかもしれません。

その詳しいメカニズムは体玄塾で説明します。

 
image3
image4  内側へ動かす筋群(左画像)は、ご覧の通り大きく、数も多いのです。

やり方次第では、5センチ幅程度、体のスイングをすることで、体幹をねじる筋群も動員されます。ただし、動かすコツがありまして、文章では表現できません。

また、高い所を拭くと、脇から脇腹のストレッチになり、五十肩の原因でもある脇のコリ解消にもなります。


体玄塾では、スポーツ動作の改善のメソッドとして、その拭き掃除に、アレンジを加えた拭き掃除をよく利用しています。
無料体験あり



 

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2012.12.01更新

健全な精神は健全な肉体に宿る
前回、「そうじのたつじん」というタイトルの絵本を紹介しましたが、今朝(2012.12.1)の日経新聞に、拭き掃除で肉体改造はできるか、という記事が載っていました。
「1日30分、2週間の実験で、筋力はついたが、腕や脚を細くするには(肉体改造するには)期間が短かすぎた。継続的な運動が必要。」また、「拭き掃除の腹筋への効果は限定的」という内容でした。
  
[健全な精神は健全な肉体に宿る]という言葉がありますが、それを言ったとされるユウェリナスは、”神様にお願いするときは、大きな願いはしないで「心身ともに健康でありますように」程度にしなさい。”という意味で言った言葉が、違う意味に訳されてそうなったそうです。
「肉体」という言葉には、深い何か欲を私は感じてしまいます。

絵本に登場する「そうじのたつじん」はこう言っています。
「いつもありがとう、おもちゃさん!
 そんなきもちできれいに しよう!」
「こころを こめて きゅっきゅっきゅ。」

そもそも掃除には、心身の姿勢を正す作用があるのです。
こころ がこもっていない、すなわち、姿勢が悪い掃除では、スタイルは良くならないのです。

前回も言いましたが、良い心身の姿勢で暮らし続けた「おまけ」が良いスタイルだからです。

最後に記者さんが「記者のつぶやき}で、「今がくびれのない洋ナシ体形になるかどうかの分岐点、来年は筋トレを始めると心に決めた。」と書いていましたが、変わりたいなら、来年ではなく今すぐ始めることです。そして、筋トレではなく、姿勢を良くした拭き掃除をやり続けることをおすすめします。
姿勢を良くした拭き掃除なら、腹筋も含めた実践的な体幹機能が映画のベストキッドのように、いつの間にか身に付くのです。「拭き掃除の腹筋への効果は限定的」ではなく、それは最も腹筋に効くのです。


こころが変われば行動が変わる

行動が変われば習慣がかわる

習慣が変われば人格がかわる

人格が変われば人生がかわる

年末の大掃除ではなく、今からすぐ、ねんがら年じゅう掃除してください。


投稿者: 体玄塾 塾長 志水


SEARCH



CATEGORY

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー