塾長志水の
ウォーキングウォッチ

2014.06.13更新

体幹トレーニングをいくらしても肩が下がらなければパフォーマンスは何も変わらない
 
体玄塾の門を叩かれる人の多くは、肩に関係する問題と、体幹に関わる問題で困っている人達です。
バレエを3歳から約15年習っているのに、未だに姿勢のことや腕・肩の動きのことでいつも注意を受けているような人達です。これが改善されなければパフォーマンスは上がりません。
ダンスやバレエだけではなく、テニスやゴルフ他スポーツ全般でもこのような注意を受けている人が多いのです。

肩が良い位置になければ、背骨が正しく伸びません。
背骨が正しく伸びなければ胸郭(肋骨の籠)が変形したままになります。
胸郭が変形したままでは、理想な体幹とは言えません。体幹トレーニングでは解決しません。反った腰、出っ張ったお腹を腹筋で戻そうとしても戻りません。
背骨と肋骨を正しい位置へ戻さなければ解決しません。
そして胸郭と関係が深いのが、肩甲骨と鎖骨と上腕骨で構成されたなのです。
この関係はまた機会がありましたら紹介します。

さあ、肩下げと大きく関わるこんな所、知っていましたか?

肘です。
腕の力が抜けなければ、自然には肩は下がりません。そうでなければ力んだ肩下げになります。
腕の力の抜き方ですが、肘まわりの筋肉のこりをなくすことです。これだけではありませんが、かなり大きく関わっています。凝っているところを探して、特に下に描いた赤い丸のところをほぐしてみて下さい。
上手くいきますと、腕が伸びたように感じます。


投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.06.03更新

撓(しな)らせる体幹をめざそう

姿勢・動作を改善させるためには、神経と筋肉の協調性や、筋肉間の協調性を高めなければなりません。
体幹トレーニングは脚と体幹と腕の協調性を高めるため、下肢と上肢(脚と腕)の間にある体幹のキープ能力、リカバリー能力、コントロール能力などのバランス能力を高めるトレーニングなのです。
 
 ところが、よくみかける体幹トレーニングは、右の絵のような体幹の筋肉の強化だけを目的としているトレーニングにしか思えません。
ポーズを静止させた、役に立たない腹筋強化をしているようにしかみえません。
インターネットで体幹トレーニングを検索すると腐るほどあります。

特にベリーダンスでは逆効果でしょう。
 
image1
image2  この本は約10年前に知り合いが譲ってくれた物です。
小林敬和(こばやしひろかず)先生が1994年にドイツからスタビライゼイション・ドリルを日本に持ち込み、スタビライゼーション・トレーニングという名称で紹介され、本にしたものです。
おそらくこの理論や方法を基に体幹トレーニングが日本に広まっていったのではないでしょうか?
この本では沢山のドリルが紹介されています。
 
 モデルはなんと、武井壮さんです。
今ではタレントですが、当時は日本を代表する陸上十種競技のトップ選手でした。
武井壮さんは中央学院大学陸上部に所属していましたが、体玄塾スタッフの一人が偶然同じ部に所属していました。

体幹トレーニングは静止ばかりではなく、ダイナミックに動かしたり、反動を使ったり、最大筋力を発揮させたりしなければ効果は出ません。
 
image3
image4  左のこれは、体玄塾チーフカイロプラクターによるヒューマンフラッグという半端じゃない筋力と、思うように体幹を動かす能力がなければできない技です。
彼はスキー・モーグルのためにやっています。
身体を思うように動かせるようにするための症状に合わせた体玄塾オリジナル体幹トレーニングが、ダンスパフォーマンスを良くしてくれますよ。

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.05.24更新

深炒り焙煎と浅炒り焙煎、カフェインが多いのはどちら?

深炒りの代表格がエスプレッソで、浅炒りではアメリカンでしょう。
アメリカンコーヒーを濃度が薄いコーヒーと思っていた方、今日から改めて下さい。
浅炒りのコーヒーを普通の濃度で入れたコーヒーがアメリカンなのです。
浅炒りのためコーヒーの色が薄いので、濃度も薄いと思われがちなのですが、コーヒー豆はケチっていません。
さあ、深炒りと浅炒り、どちらがカフェインが多いのでしょうか?
       浅炒り←  

答え 浅炒り

従って、アメリカンはカフェインが多いということになりますね。
逆に目が覚めそうなエスプレッソは、カフェインが少ないのです。
アメリカ人はアメリカンコーヒーを朝飲んで、カフェイン効果によって目を覚まさせて出勤をするのです。

ヨーロッパで多いのはエスプレッソタイプです。
しかし、北米発祥の日本でもチェーン展開している有名なあのS.バックコーヒーは、エスプレッソタイプにミルクを入れた商品が多いので、朝向きではなく夜向きなのです。

体脂肪燃焼に効果的な、カフェインがタップリ入った、しかも量もタップリのアメリカンを、毎朝飲んでいるアメリカ人に肥満体形の人が多いのはなぜでしょうか?

体脂肪を燃やしやすいとか、体脂肪を分解しやすいというセールストークには気をつけましょう。

”社会が信じる基準とは絶対的な真理ではなく、みんなが広く認めている旧来の風習である”デカルト

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.05.07更新

腕は曲げたり伸ばしたりしない!飛ばすべし!!

社交ダンスでの「重み」についての記事を前々回書きましたが、今回は腕の重さを感じとることについてです。

腕をおもりとして振り回せたら、鋭いスイングができます。ですから最近はテニスでも「腕の重さを感じる」というようなことを言っているようです。
当塾にテニス動作改善で通う中学生が、「腕の重さを感じるように」とコーチから言われて来ましたので、感じるようにパーソナルトレーニングしました。30分で完璧にできあがりました。
コーチはこのような「腕の重さを感じる」などの感覚を最近はアドバイスしているようですが、アドバイスで終わり、どうすればそんな感覚になれるかのコーチングはできないようです。

理想を伝えただけでは何もかわりません。

感覚を具体的にドリルとして組み立てなければ改善はできません。

もちろん、インナーマッスルとか体幹とか筋力とかの鍛える問題ではありません。

動作改善は、どの感覚と、どの感覚をブレンドしたら望んでいる新しい感覚ができるかを知り、感覚をたどって行き着くことです。
三節こん
腕の重さを感じるには、腕の筋肉を意識しないことです。

たとえば、腕が骨でできた三節こんをイメージして脱力させた腕を誰かに持ち上げてもらい、持ち上げた人が重いと感じられたら成功です。体重60キロの人で4キロ近くあります。

ただし、その前に肩周りを上手くほぐす必要があります。むずかしいですよ。
腕の重さを感じることができたとしても、その三節こんを上手く振り回すことができなければ使い物になりません。

つまり、全身の動作(重心移動とか胸郭の回旋とか)を改善する必要があるという訳です。




投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.04.30更新

姿勢・動作改善には欠かせない腕の脱力

肩の力を抜くには、腕をぶら下げるのが一番です。
しかし、つり革につかまっても肩の力が抜けない人はたくさんいます。
肩の力を抜くには、輪っかに指を引っかけ、身長を高くするように背骨を伸ばしますと、肩は脱力するはずです。
それでも力が抜けない人もいますが、もしかして物事を他人に任せる事ができない性格かもしれません。

出来たとしまして、次は腕をぶらぶら揺らして下さい。
「何回?どれくらい?」と回数を聞く人もいますが、そういう性格の人も力が抜けないかもしれません。
肩の力が抜けたという感覚を味あう程度です。
後はドスンと腕を下すだけです。

勇気がある人は次も試してみて下さい。
電車やバスが減速するとき減速に合わせて絵のように半歩前進して、脱力した腕・肩で胸のストレッチをしてみて下さい。
このように準備をして歩きますと、肩の力が抜けるかもしれません。


投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.04.24更新

WBC世界バンタム級タイトルマッチでみせた山中の美しいムーブメント
日経新聞より
最近このウォーキングウォッチの記事は、バレエやダンスの動作に関することが多いのですが、本当はボクシングをパーソナルトレーニングする方が得意です。しかしボクシングは極限の操作性が要求される最も難しいスポーツですので、結果が出るまで3~7年かかってしまいます。ですから、理論を読んでも何にも変わらないと思って書いていませんでしたが、この昨日行われた山中選手のボディー打ちをみて書きたくなりました。
2008年6月日本武道館で行われたS・フェザー級世界タイトルマッチ エドウイン・バレロ対嶋田雄大の4ラウンドゴング間際に、バレロが嶋田さんに放った強烈華麗なパンチをこの写真で思い出しました。
私が嶋田さんにパーソナルトレーニングで指導していたボディーの打ち方を、相手のバレロの方が打ってきたのです。サウスポーのバレロと中山のこのパンチがダブりました。

顔面と見せかけて、体ごと落ちてゆくフォークボールのようなパンチです。
肩と拳の高さが揃って、体重が拳に良く乗っています。
打つ感覚は、「腕を大砲の弾のように打ち出す」です。
右腕はリラックスしたままです。引きません。
この動作はすべてのスポーツに通じる動作です。
体玄塾に来て頂ければ、私がデモンストレーションしてみせます。



投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.04.23更新







投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.04.22更新












投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.04.01更新

社交ダンスを踊る際の不思議な「重み」とは?

「重みがない」と指摘されてもどうすればいいのですか?先生!

ダンスの先生はもちろん、普通の姿勢・動作改善のパーソナルトレーナーにも困難な改善が、このような「重み」をつくるようなことです。
ダンスの重みの他にも、野球のピッチャーの重いボールや、ボクシングの重いパンチなどがあります。
お寺の鐘突き棒がよく振れて鐘に当たり良い音がするような、脱力された腕から繰り出される重いボールや重いパンチの不思議な「重み」をこれから紹介します。

重みの正体は「脱力」、脱力の基本は、正しい片脚姿勢です。
  
引き上げが出来ていない、つまり誤っていると、肩が上がったり、腕に余計な力が入ってしまいます。

良い片脚姿勢のままA B C Dと移動できますと右腕は脱力し、後方に残るような感じになりムチのようなしなやかさで、重みをもった腕になり「ピュッ」と腕が振れ、その残像がバッターにとって重く感じられるということです。

歩幅も大きくなる体重が乗った移動
ダンスでの重みも、このピッチャーのような移動から感じられる重みなのです。
右脚はAから脱力したまま振り子のようにCまで床をスレスレに移動し、左脚は体をAからCまで落ちることもなく送り出し、慣性の法則で更にまで移動する動作が体重が乗った重みがある移動です。
移動距離も大きくなるのです。

このような改善は、もし引き上げがすでに出来ていたなら、体玄塾では一回のパーソナルトレーニングでも可能です。
しかし、何度もこのブログ「ウォーキングウォッチ」で言っていますが、「引き上げ」つまり動作のための本物の引き上げられた姿勢を、体で分かってもらうのは難しいですよ。

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.03.24更新

ダンスの悩みベスト3
軸がブレる  引き上げが出来ない 肩が上がる


ここ体玄塾のパーソナルトレーニングでも、最も多い動作改善要望が、ダンスの悩みベスト3と同じく
「肩下げ」 「引き上げ」 「軸づくり」なのです。
肩下げと引き上げは何度もこのウォーキングウォッチの記事で紹介しましたので、今回は「軸」について現場の意見を紹介します。

軸とは、何でしょうか?

数学の座標軸のような直線軸や信念ではないということはお分かりでしょう。
回転中心軸のことを「軸」のイメージとして言われていると思います。
回転軸にも種類がありますが、勝手に3つ描きました。
                  
ダンスの軸のイメージはドア軸とビールマンスピン軸です。
ハワイで有名なフリフリチキンやブタの丸焼きの串刺し軸ではありません。
ノウースショアー ハレイワのフリフリチキン
ダンスの軸はドア軸を二つ合わせた、つまり二軸です。
しかし、脚は入りません。体幹の二軸です。
これによってスムーズに撓り(しなり)ながら移動出来るのです。
つまり、歩くように踊れるのです。この動作が社交ダンスの本質なのです。

この様な軸が出来ていない人は肩も下がらないし、引き上げも出来ていませんので、この絵をみてまねても絶対出来ません。
歩くようにという動作には、肩甲骨・鎖骨・胸骨・肋骨・背骨・寛骨・大腿骨・脛骨・距骨・・・・・たくさんの骨を、今まで動かしたことがない様な動きで繋げなければ、体現出来ませんから、絶対出来ませんと言い切ることができるのです。

体現できるように、動作を繋ぐパーソナルトレーニングを私達は日々やっています。
これが生業として成り立つのは「軸があなたは出来ていない」と言われても、見本を見せてもらっても、何回も何回も言われ続けても出来ない人がいるからです。

上記の軸を解剖学的に現しますと、こうなります。

これを肩と肋骨の分離と言う社交ダンスの大先生もいます。
その大先生は、歩くようにという指導の言葉もよく使うそうです。


投稿者: 体玄塾 塾長 志水

前へ 前へ

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー
  • 大下 弥咲の美脚プロジェクト