塾長志水の
ウォーキングウォッチ

2015.03.29更新

 正しいと信じてている思い込みがスタイルやパフォーマンスを悪くする

このウォーキングウォッチの前回で紹介しました新聞の記事にも、この思い込みがありましたよ。

「親指に力を入れてグイット蹴りだす」と書いてありました。   新聞ですので信じてしまうでしょうね。

正しい歩き方の書籍をたくさん出している人の「正しい姿勢で歩けているかをチェック」の項目にもありましたよ。

「親指の腹で地面を蹴る」 
「ふくらはぎを意識して歩く」     と書いてありました。     本に書いてあったりテレビで放送されますとみんな信じてしまうでしょうね。

しかし、この行為は進みづらいために行う力んだ効率が悪い歩行の行為(動作)です。
下の絵でどのように効率が悪いか説明しましょう。
  
生理的に正常な姿勢の重心線                 一見正しくみえる悪い歩行

重心線とは重心から地面に対して垂直に引いた線のことです。右側の絵の赤い丸が重心とした場合の黒い線のことです。
体軸というのもありまして、地面に接しているところ(左足)と重心(赤丸)を結んだ線を体軸と言います。青い線のことです。
もし静止しているとして右側の悪い歩行の絵でみますと、右脚つまり後ろの足の支えがなかったら後ろへ倒れます。前へ進もうとしても左脚単独では進めませんので右脚の補助が不可欠になります。
その右脚の補助がスタイルやパフォーマンスにとって問題なのです。

問題とは「親指に力を入れてグイット蹴りだす」や 「ふくらはぎを意識して歩く」   という余計なこと(動作)をしなければならなくなるということです。
絵で描くといかにも細い美脚で表現できますのでごまかされてしまいますが、このような歩き方ですとぶっ太いふくらはぎにきっとなります。
他にも膝下O脚、ぽっこりお腹、猫背などにもなるかもしれません。
一見正しくみえる悪い歩行

効率がいい歩き方とは、前のほうの脚単独で前進できる体勢での歩きなのです。
つまり体軸と重心軸を左の正常な姿勢のように前側の脚に重ねるようにするのです。
とても難しい動作ですが、体玄塾ではそのような歩きになるように誰でもできるように確立されたドリルとして用意していますのでyou can do itです。



投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2015.03.10更新

 間違ったアンデオール(股関節使い)が外反母趾にもなる
近頃やっと日経新聞にも「外反母趾改善には歩き方の矯正も必要だ」というような記事が出始めました。

しかし、歩き方や姿勢が原因ということは一言も書いてありません。

「様々な原因で種子骨の働きが損なわれると、歩く機能に支障をきたす。」と原因については書いてありました。
「典型的な例がハイヒールを履く女性に多くみられるといわれる外反母趾」と外反母趾の原因を未だにハイヒールだと書かれていました。
前回の体形・骨格が崩れる歩き方前々回の身体操作の誤作動の記事でも紹介しましたが、外反母趾などの足のトラブルはトレンデレンブルグなどの骨格が崩れた歩き方に原因があり、足のトラブルが種子骨の働きを損ねていき、更に悪化し、関節の変形をもたらします。

   

またゴルフと歩き方やバレエと歩き方でも何度か紹介していますが、大腿骨上の骨盤内旋外旋ができなく、足首で代わりの動きをしてしまう結果、種子骨を損なうような変な足使いをしてしまうこともあります。
   
種子骨は体全身を使った自然な歩き方から生まれる合理的な回転動作でなければその働きを損ねてしまいます。
全身から、本質から見直してください。



投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2015.02.16更新

     

社会で認める流行の歩き方は本当に体に良いのでしょうか?

image1 image2


 このイラストの女性の歩き方は社会で良いとされる歩き方です。
しかしこの歩き方には問題が多数あります。分かりますか?

答え右の骨格のイラストで示したところです。
 

 









































体形・骨格が崩れる歩き方


上のイラストで描かれた脚は細く長いのでスタイルにごまかされてしまいますが、この歩き方ですとふくらはぎは必ず太くなるし、外モモは横へ張り出してきます。
足指根元にタコはできるし外反母趾になるかもしれません。
胸を張って姿勢を良くしているつもりですが、胸郭(肋骨の籠)が後ろへ倒れ頭は起こすから猫背になるでしょう。またこの影響で前へ進みづらくなり、ふくらはぎの収縮とおなかの突出しで強引に進む習慣になってしまいます。
歩行はファッションであってはいけないのです。
正しい歩き方は自然な歩き方であり合理的に進む普遍的なものでなければならないのです。

   

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2015.01.30更新

 ニーイントーアウト、内股などの現象に惑わされるな
バレエとテニスの出来ない身体操作と歩き方の関係をウォーキングウォッチのコーナーで5回に亘って書いてきましたが、それらの記事をもう一度読んでからこの記事を読まれると分かりやすいと思いす。
ニーイントーアウトの改善方法で「膝を前にまっすぐ出す」などと言っている人がいますが、出すことができません!!
また、カカトの骨(踵骨と距骨の距骨下関節)の土ふまず側への崩れるカカトの外がえしによるものと言う人もいますが、どうしてそうなるの?と言いたいですよね!

まだありますよ、中殿筋が弱いから(トレンデレンブルグまたはトレンデレンバーグ症候群)という専門家もいますが、なぜ中殿筋が弱くなったのでしょうか?それは廃用性萎縮と言い、使わないと筋肉が萎(しぼ)んで弱くなるのです。
これは使
ないではなく使えないのです。
使えない筋肉があればその代償で使い過ぎて肥大する筋肉もあります。それは外側の腿やふくらはぎです。
こんなに難しいのですから変な歩き方は、「膝を前にまっすぐ出す」などの歩き方を習っても良くならないということは分かりましたよね。勝手に太くなる腿やふくらはぎもあるのですから脚のダイエットは不可能に近いとも言えます。

ニーイントーアウト(X脚)歩き              内股歩き

image1 image2

さぁどうすればニーイントーアウトと内股歩きは改善するのでしょう?
両方共はじめの一歩がスムーズに出せないのです。
一歩がスムーズに出れば改善できます。
この絵で説明しますと、右脚を出すのではなく支えている左脚で体を前に進めることができない、つまり正しく移動させる身体機能が働かないからです。
まず右へ倒れる体の仕組みになってしまったからです(トレンデレンブルグ症候群)。
その代償、つまり倒れないようにX脚は右へ落ちてゆく骨盤を左へ移動させ代償させて立てているのです。そのせいで右脚が長すぎるようになり、つま先を上げるようにして膝を絵のように折り曲げて、右脚を前に出して歩いている習慣になっています。ですからつま先は外で膝は内に向くのです。
内股は右へ倒れそうな体に対し上体をペンギンのようにして左へ振って代償させて立てているのです。そのせいで右脚を曲げて上げてしまうと左へ倒れてしまうのです。ですから骨盤を回すようにして右脚を出すしか方法がないのです。
これで難しいということだけは分かって頂けたと思います。
体玄塾ではそのような難しい機能の改善を毎日淡々とこなしています。
 


投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2015.01.14更新

 ジョコビッチのようなタメが効いたバックハンドストロークが打点を引き付ける

先日NHKの錦織圭とチャンコーチの特番で、錦織圭の力んだバックハンドのダウンザラインを見てしまいました。
錦織のテニスは上手いですが基本テクニックはジョコビッチ選手が数段上手いと思います。

バックハンドの場合、力むというのは打つ前に脱力が出来ず左肩が上がり、フォロースルーが打ちたい方向へ向かず、手首でこねて無理やり打ちたい方向へ打ってしまうことです。それに比べジョコビッチはさすがに左肩はあがりません。

打点を引き付けるには肩が下がった全身の「タメ」が欠かせない
意識的に肩を下げなさいというコーチがいますが、それでは絶対に下がりません。
なぜなら、肩が上がる本質的原因を解決していないからです。

原因は腕が力むからです。
胴体(体幹)がでんでん太鼓の太鼓のように回転できれば本来自動的に振れるはずの腕なのですが、それができないから腕を故意に動かして振るという力む行為をしなければならなくなり、力を抜いて腕を残すことができないのです。
打点を引き付けようとする、つまりスイングを遅らそうとするには肩に力を入れてスイングを一旦止め待たなければならないからです。肩に力が入ると肩が上がるのです。

自動的に腕が振れればタメが効いてスイングを遅らせることができ、打点を引き付けることができます。

ジョコビッチのバックハンドストロークは、打ちたい方向へラケットを放り投げるようにして脱力したまま振り抜いています。

骨盤や腰は
        動かそうとはしない
                    動くようにセッティングする


またこう言っている人もいます。「骨盤からの力連動や骨盤の8の字の動きが脱力したスイングを生み出す」。
「腰の使い方が大事だ」などもよく言われますが、そうするとまた無理やり腰を動かそうとして力むのです。その結果腰痛になったりします。ゴルフや野球にも当てはまります。この間違いが非常に多いので気を付けましょう。
動かそうとしないで下さい。動くように仕向けるのです。

ダルビッシュと工藤公康と田中将大の対談の「大谷翔平はメッジャーで通用するか」という話のなかで、メジャーで通用するには体のキレが大谷はまだ足りないとダルビッシュが言っていました。
体の中心を軸にして末端は脱力している状態で投げないと“キレのある球”っていうのは絶対に投げられない。今の投げ方だとキレのない球になってしまう。』
またキレを出すには股関節の使い方が重要と言っていました。
さすがにダルビッシュは分かっています。

たぶん上の絵矢印で示した骨盤を腿の方へ回しながら動かすようなことだと思います。
これが出来れば腕は脱力した振り方になり、テニスでは打点が引き付けられ素晴しいダウンザラインができます。
しかしそれには普段の歩き方も同じようでなければなりません。
当然ダルビッシュもジョコビッチも非常に良い歩き方をしています。
しかし歩き方をまねてもできませんよ。タメが効いたストロークが出来てはじめて良い歩き方になるのですよ。
とても難しい動作ですよ。無理やりやろうそすると怪我しますので忠告しておきます。

この骨盤を腿の方へ回しながら動かす」動作は、幾つか動作ドリルをたどっていきますと誰でもできるよう体玄塾では用意していますので是非お試し下さい。

テニスのコーナーもご覧ください




投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.12.30更新

 歩き方が変わらなければバレエのターンもゴルフスイングも変わらない
下の絵は歩くと自動的に腕が前へ振れるシステムを表したものです。
腕を後ろに残した状態で前え胴体が移動(重心移動)出来ると、体幹前部の筋群が伸ばされ、その後自動的に筋肉は収縮して腕が前に振れます。その後は体幹後部の筋群が伸ばされ、胴体が腕に引っ張られる様にして前へ進みます。回転もこのようにして起こります。これが「タメが効いた回転」「タメが効いたスイング」です。
胴体をターンさせるのも、腕を振るつまりスイングするのもこの歩きのシステムです。
腰は捻らないで下さい。

前回のつづき
イーグルを出した友人とクリスマスパーティーをした時、友人が左手にシビレが出て困っていると相談を受けました。
整形外科では「様子をみましょう」(原因が分からないとき使う言葉)と言われたそうです。
神経を圧迫していそうな箇所を探ると、最初にチェックした肩でビンゴ!!ピンポイントでコリを取り、肩の可動域を広げ、肩が落ちないように筋の支える能力を上げて出来上がりです。
神経を圧迫した肩はどうしてそうなったのか?
原因は、ゴルフのテイクバックで顎に肩が触るぐらい肩が上がって力んでいたからです。
バレエで肩が上がる人がとても多いようですが、一見良さそうなフォームでスイングするこの友人でも肩が上がるのですからゴルフでも相当いるのではないでしょうjか。
やはり歩き方もイーグルを出した前日とは違って「タメ」が効いていませんでした。

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.12.17更新

 力まない秘訣は歩き方にある
バレエもゴルフも、力まないで骨盤・胸郭(体幹)を回転するこが理想です。しかし、「力まない」という言葉は奥がとても深いのです。
入力不力、りきんだらダメたるんでもダメちからを入れてりきまず」は相田みつをさんの有名な言葉ですが、その後にこの言葉が続きます。

「それがなかなかむずかしいんだなあ」と。

動作において「力を抜く」ことほど大変なことはありません。「力を抜いて」と言っただけでは力は抜けません。

「力を抜く」のような微細な動作の感覚は言葉では伝わりません。実感させなければ感覚は伝わりません。

良い動作の源は理想的な歩き方、つまり高機能な歩き方をすること、と常に体玄塾では言っていまして、常日頃から高機能な歩き方をしていれば勝手に力は抜けてくれます。

その理想的な歩く動作を分かりやすくするため、単純化した絵を描いてみました。
これは右足が接地している状態で、体が少しの左回転をしながら、左足が接地寸前まで進む(移動する)動作を表した絵です。



骨盤を二つの箱にしましたのは、中央の仙骨の両脇にある骨盤の大部分を占める寛骨を表現しています。
動作で表現するとこうなります。

注目して欲しいのは、宙に浮いている左脚を軸とした骨盤の内側への旋回です
これを[大腿骨上の骨盤内旋]と呼びます。しかし歩くとき、見た目では骨盤は回りません、真っ直ぐ進むように見えます。
この動作が左利きゴルファーのテイクバックや左脚を軸としたバレエのピルエットの動作です。ゴルフとバレエだけでなく、スポーツや格闘技など様々な腰づかい全般の基なのです。
                         絵をクリックしてみて下さい
例えばテニスのバックハンドのテイクバック、マキュロイ(ゴルフ)のような腰の逆回転、相撲のまわし切りや先日白鵬がみせた日馬富士の強烈なのど輪をかわしたテクニックもこれです。

こんなエピソードもあります。
ハワイ島で隣の部屋のゴルフ大好きなご夫婦達4人と、あるきっかけで私の部屋で飲み会になり、そしてやはりゴルフの話になりました。一回で出来るはずがないと思いながらこの歩き方をアドバイスしますと、ひとりの奥様がこの歩きができてしまったのです。そしてそのあと会うことなく帰国されました。
数日が経過して体玄塾のお問い合わせフォームにその方からメールが来ました。
アドバイスをした翌日に奥様が初めてイーグルをだされたという内容でした。
そしてそのご夫婦とは友人として交流するようになりました。

今までの感覚が邪魔をする
出来ない人にとってはこの歩き方は多くの新感覚から成り立っている新感覚の集合体のため、その感覚は今までとまるで真逆のように感じると思います。
腿に対して骨盤・胸郭を内側へ回転させる新感覚を、できるだけ簡単なドリルにして分かってもらえるようになっています。そのドリルがが積み上げられてできている歩きとして定着出来るようにしております。
しかしこれは直に感覚を体感しなければできない難しい職人技の作業です。
歩き方を真似てもできません。

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.11.26更新

 どちらの筋肉が多いかアンデオールとアンディダン
前回の「バレエでも困難なアンドォール」というダイエットの記事でも紹介しましたが、バレエを何年も習っていて出来ない人がたくさんいるみたいです。
アンデオールさせる筋肉の名前を知ってもできませんが、どんな筋肉があるかしっていましたか?
アンデオールの逆はアンディダンですが、どちらが多いと思いますか?

アンデオール(外旋)チーム
梨状筋 上双子筋 内閉鎖筋 下双子筋 大腿方形筋 大腰筋 腸骨筋 大臀筋 縫工筋 恥骨筋
短内転筋 外閉鎖筋

アンディダン(内旋)チーム
中臀筋 これだけです。

えぇぇ!といいたいですよね。12対1で数では圧倒的にアンデオールです。
しかし、アンデオールが出来ない人がたくさんいるのは不思議ですよね。
出来ない理由をパッセを例にひとつ紹介します。

真逆をしているから出来ない
上の画像で説明します。
左大腿部(もも)をアンデオールするとき、上手く出来ない人は股を開こうとしています。開くのではなく腿を外回ししながら股関節から脚を上げる(股関節屈曲)をします。
                  ↓
そのためには骨盤を起こしながらほんの少し前へ移動させなければなりません。
                  ↓
そのためには右軸脚の股関節はアンディダン(内回し)しなければ骨盤の移動ができません。
しかし、ここで出来ない人は右軸脚をアンデオールしようとするのです。しなさいという先生もいます。
パッセが上手く出来ない理由はこれです。
当然ピケターンも上手く出来ません。

脚の上で骨盤を内側へ回す【大腿骨上の骨盤内旋】という動作が出来ないのです。

これには肩や体幹も関与していますので、同時に肩下げも引き上げも骨盤起こしもできません。
出っ尻反り腰も絶対そのまま変わりません。
元々引き上げの概念が間違っているからです。
厳しいことを書きましたがこれが現実です。
筋肉が弱いとか硬いという理由ではありません。
考え方が違うから出来ないのです。

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.11.13更新

 

 

バレエでも困難なアンドゥオール

バレエの記事では何度も登場していますアンデオール(アンドゥオールとも言います)が脚のダイエットでも不可欠です。アンドゥオールとは、脚を外回し(外旋)しながら動く動作のことです。そのアンドゥオールがバレエを何年も習っていながらできないという人が多いのです。バレエの先生が教えきれないと言った方がいいかもしれません。バレエの先生でも教えきれないということは脚のダイエットはなかなか出来ないということになりますね。脚のダイエットではアンドゥオールが不可欠なのですから。

 

足という土台の矯正無しでは成功しない脚のダイエット

内がえしと外がえしという足の動作トラブルは、アンドゥールが上手く出来なくてなってしまった悪い動作です。

バレエや歩きなどの動作のとき、股関節から骨盤と体幹が脚に対して内や外側へ旋回、または股関節から空中で脚が骨盤に対して内や外側へ旋回するというアンドゥールとアンデダン(内旋)が出来なくて、間違った動作をしたのが内がえしと外がえしという脚のトラブルです。なにやら難しいですね。しかし、バレエでもこの間違った脚の動かし方を多くの人たちがしていますので放ってはおけません。これは外反母趾、X脚、O脚などに発展しかねません。
 

かかとの内がえし(かま足)

         

外がえし(ニーイントーアウト

股関節から外旋しようとして意思に反して、膝から下をイラストのように矢印方向へ動かしてしまう癖   股関節から外旋しようとして意思に反して、つま先からイラストのように矢印方向へ動かしてしまう癖
 
土台にあたる足が正しくなければ、骨格の積み上げが崩れ、それを修正しようと下半身も余計な力が毎日入り、ふくらはぎや太もも、お尻下部などの筋肉も余計に付き、動きが悪いせいで血行も悪くむくみ、骨格崩れでO脚やX脚にもなり、負のスパイラルに入り込んで行くのです。
バレエクオリティーの体玄塾だから手に取るように分かります。


投稿者: 体玄塾 塾長 志水

2014.11.02更新

バレエ・ダンスやスポーツでもバランスを崩しかねない体幹トレーニング

フィギュアスケートのキャンドルスピンのバランス動作改善のとき、体幹トレーニングをしていないか問うと、右のような(1の絵)サイドブリッジをしていました。この動作を打ち消す動作をさせますと、立てなかったのが安定して立てるようになりました。

このサイドブリッジは赤の線で示した、外ももと外ヒップが縮みやすくなります。

サイドブリッジで外ももと外ヒップが縮むと、脚が股関節から開き気味になったり(2の絵左)、外太ももの筋肉で踏ん張って(2の絵右)支える癖がつきます。

そうなりますと、脚を開き気味骨盤回しのペンギンの様なヨタヨタ歩き(3の絵左)になったり、骨盤が横揺れする歩き(3の絵右)になってゆきます。

この様な歩きを続けますと、年々ももとお尻はグングン育ち、かたぶとりしてゆきます。
ダイエットのつもりでやった体幹トレーニングがとんだ結末になってしまうかもしれません。
(注)歩き方を習っても余計にこじれますよ

ダイエットのコーナーもお読みください
下の絵の様な良いバランスにするには骨格と動作を自然な美しさに戻す緻密な積み上げが必要ですね。   
 


 

image1
image2
image3

投稿者: 体玄塾 塾長 志水

前へ 前へ

CONTACTお問い合わせ

体や無料体験に関するご質問など、メールまたはお電話で承っております。

  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • CMMエクササイズ 基礎編 美しい姿勢と歩き方 ゆがみ改善に最適!体玄塾オリジナルDVD発売中
  • 体玄塾を体験した方々の喜びの声をご紹介
  • 塾長 志水博彦のウォーキングウォッチ
  • 姿勢・動作改善トレーナー八巻 稔秀のカラダ改善実践法
  • パーソナルトレーナー布瀬川 謙介のトップアスリートへの道
  • パーソナルトレーナー南部剛のレッグスカルプチャー
  • 大下 弥咲の美脚プロジェクト